Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 夢の機械製造工房 三井康亘 個展

展覧会情報 | ギャラリー

夢の機械製造工房
三井康亘 個展

ページを印刷する

2022/5/16(月)~5/29(日)

「アクリルロボット」発明者のファンタジーな機械アート

「RHINOCEROS ROBOT」
メカニカルコラージュ
2020年

壊れたカメラ、時計、携帯電話、パソコンなどを分解して取り出した、歯車、モーター、電子部品と、
絵画テクニックを組み合わせると、
こんな世界が・・・
テーマは、ロボット、恐竜、動物たち、
そして、タイムマシン・・・

 

 

 



【ミニワークショップ開催!】
会期中、「アクリルロボット」の発明者である三井康亘氏によるミニワークショップを開催いたします。
商品になったロボットはもちろん、試作ロボットまで、
制作者である三井氏ご本人が動かし披露します。

開催日:5/21(土)、28(土)
時間(各日):15:00~/16:00~
●所要時間:各回20-30分程度
●定員:各回8名 
●参加費無料
*小学生未満の方は保護者同伴でお願いします。

<予約受付中>
Bunkamura Gallery 03-3477-9174 まで。
※受付時間10:00~19:00
※当日受付有り

どうぞお楽しみに!!

プロフィール
  • 三井康亘
    1947年 大阪、阪南市の生れ。大学では機械工学を学ぶが、その後中退。
    20代はイラストレーターとして雑誌から教科書まで描く。
    1974年 「アクリルロボット」誕生。1年半で150台製作。27才。
    1976年 『みんなの科学』(NHK)に出演。
    1977年 日本初ロボット工作本。
    これまでに、4社で商品化。タミヤ『ロボクラフト』は、国内外で累計100万個超。
    ハンズ大賞審査員を初回から最後の20回まで、「三井康亘賞」のプレゼンターをつとめる。
    『BRUTUS』などでフリーライター、静岡文化芸術大学でゲスト講師、ワークショップ講師。
    創作活動は、絵画、版画からジュエリーまで幅広い。著作は、これまでに9冊。
作品紹介/スライドショー
  • 「GUARD ROBOT」
    2020年

  • 「T-REX ROBOT」
    2021年

  • 「ELEPHANT ROBOT」
    2021年

  • 「TIME MACHINE」
    2021年

  • 「ROBO GIRAFFE」
    2020年

概要

開催期間

2022/5/16(月)~5/29(日)

開館時間

10:00~19:00

会場

Wall Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ