『うつくしき一皿』冬森 灯

キッチンカーとサーカステントの移動式ビストロつくし。ギャルソンと本格的な腕前のシェフが客を迎える、少し不思議で、あたたかい空間です。それぞれの人生を送る客たちは、気持ちのやり場を失い、迷い憂う時、ビストロつくしにたどり着き、ここでなにかに出逢い、変化していきます。
ビストロつくしで味わう、世界で一番おいしい料理とは…?(全6篇)

※本作品はフィクションであり、登場する人物・場所等はすべて架空のものです。

冬森 灯(ふゆもり とも)

第1回おいしい文学賞(ポプラ社)にて最終候補。2020年『縁結びカツサンド』にてデビュー。他の著書にキリンビール公式note×ポプラ社とコラボした『うしろむき夕食店』。