Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > Bunkamuraドゥマゴ文学賞 > パリのドゥマゴ賞

2021年度 | Bunkamuraドゥマゴ文学賞

  • 今年度の受賞作品
  • 受賞作品一覧

Le Prix des Deux Magots 2021

【受賞者】

Emmanuel Ruben(エマニュエル・ルーベン)

【受賞作品】

『Sabre(サーベル)』

【出版社】

Stock

昔むかしあるところに…。物語は、私たち誰もの幼少期に影響を及ぼした名作のように始まる。「昔、祖父母の家のダイニングルームには謎のサーベルがあった。私はそれを振り回したことも、まじまじと見たことも、触れたことさえなかった」。語り手のサミュエル・ヴィドゥーブルは、存在するのかどうかもわからない深夜列車の路線の最果て、「ヨーロッパとフランスの袋小路」にある、「由緒も特色もなく、栄誉など授かったことのない」カルヴァン派の田舎ものの親族の亡霊が出没する埃まみれの家に引きこもっている。しらけた歴史教授で地図愛好家のヴィドゥーブルは、幼少期のこの記憶を、かつて書店を営み、引退生活を送る叔母エステールに導かれながら探ることにする。「あのサーベルは今どこに?そしてもし僕があれを手にしていたとすれば?」

Emmanuel Ruben

1980年生まれ。地理学教員資格を持つ。『La Ligne des glaces(氷のライン)』(2014年ゴンクール賞候補)、『Sur la route du Danube(ドナウの道で)』(2019年ニコラ・ブーヴィエ賞、アメリゴ・ヴェスプッチ賞、スポール・エ・リテラチュール大賞)をはじめ、これまでに小説、エッセーなど、数十冊の著作がある。メゾン・ジュリアン・グラックを運営しロワール川沿いに暮らしている。

パリで行われた授賞式レポートはこちら
https://www.bunkamura.co.jp/bungaku/topics/4429.html

パリ「ドゥ マゴ賞」公式サイトはこちら

http://www.lesdeuxmagots.fr/prix-litteraire.html

ドゥ マゴ賞の歴史

「カフェ・ドゥ マゴ」テラス

1933年 第1回選考委員会の面々。 左から、フランク・ドボ、ロジェ・ヴィトラック、カリタ、ジョルジュ・バタイユ。右から、アンリ・フィリポン、(ひとり女性をおいて)受賞者のレーモン・クノー、ジョルジュ・リブモン=デセーニュ。

 「ドゥマゴ賞」は、1933年、アンドレ・マルローの『人間の条件』にゴンクール賞が授与された日に、パリの老舗カフェ「ドゥマゴ」の常連客だった作家、画家、ジャーナリスト13人によって、自分たちの手で独創的な若い作家に文学賞を贈ろうと創設されました。いかなる派閥からも独立していた彼らは、各々100フランずつを出しあって賞金を1300フランとし、アヴァンギャルドな精神にみちた将来性豊かな受賞者を選びました。第1 回の受賞者は、処女作『はまむぎ』を出版したばかりの当時30歳の新進作家レーモン・クノー。彼はのちにフランス文壇の最も先鋭的な作家のひとりとして活躍しています。第2回以降の賞金はその精神に共鳴したカフェ「ドゥマゴ」の店主が引き受け、毎年1月の第4週、店内で最終選考及び受賞者の発表が行なわれています。現在の賞金は7750ユーロ。
 創設時の主な選考委員は、ジョルジュ・バタイユ、マルティーヌ、ミシェル・レリス、ロジェ・ヴィトラックなど。
 Bunkamuraドゥ マゴ文学賞は、このパリのドゥ マゴ文学賞の先進性と独創性を受け継ぎ創設されました。