Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > Bunkamuraドゥマゴ文学賞 > パリのドゥマゴ賞

パリのドゥマゴ賞 | Bunkamuraドゥマゴ文学賞

  • 今年度の受賞作品
  • 受賞作品一覧

Le Prix des Deux Magots 2019

【受賞者】

Emmanuel de Waresquiel(エマニュエル・ド・ヴァレスケル)

【受賞作品】

『Le temps de s’en apercevoir(それに気づくとき)』

【出版社】

Iconoclaste

フランス革命を専門とする歴史家エマニュエル・ド・ヴァレスケルが現代に対する考察を綴った「Le temps de s'en apercevoir それを思い出す時」。
タレーランとフーシェの伝記作家である同氏は18、19世紀を専門とする歴史家であり、マリー・アントワネット王妃の裁判についての著作を著してもいる。しかし61歳になるまで現代史に関する著述はなかった。
歴史家が同書で語るのは現代。家族のこと、エリゼ宮でのニコラ・サルコジ大統領との昼食、旅行、庭、犬、読書、(いつも穴の空いている)靴、愛煙家であること、そしてなぜ携帯電話を放棄したかについて。

Emmanuel de Waresquiel

国籍 : フランス 1957年11月21日パリ生まれ。サン・クルー高等国立師範学校人文科学科を卒業 。歴史家、著述家、またフランス出版界を動かす一人でもある。
現在、高等研究実習院第4部門歴史学・哲学部長(IVe section, Sciences historiques et philologiques)。専門は19世紀フランス史、タレイラン、公法・行政史。ペラン社、タランディエ社、ラルース社の出版編集部長を歴任。全集担当編集長を務め、「Le Siècle rebelle(革命する時代)」、「Dictionnaire de la contestation au XXe(20世紀の異論辞典)」、「Dictionnaire des politiques culturelles en France au XXe siècle(20世紀フランスにおける政治文化辞書)などを刊行。ラルース社のTextes essentiels叢書の編集長。2003年度フランス国立映画センター(CNC)先行投資委員会メンバー、現在はrédaction de Commentaire, de la Revue des deux Mondes委員会、メーヌ地方アカデミー、ヴェルサイユ市アカデミー会員。

パリ「ドゥ マゴ賞」公式サイトはこちら

http://www.lesdeuxmagots.fr/prix-litteraire.html

ドゥ マゴ賞の歴史

「カフェ・ドゥ マゴ」テラス

1933年 第1回選考委員会の面々。 左から、フランク・ドボ、ロジェ・ヴィトラック、カリタ、ジョルジュ・バタイユ。右から、アンリ・フィリポン、(ひとり女性をおいて)受賞者のレーモン・クノー、ジョルジュ・リブモン=デセーニュ。

 「ドゥマゴ賞」は、1933年、アンドレ・マルローの『人間の条件』にゴンクール賞が授与された日に、パリの老舗カフェ「ドゥマゴ」の常連客だった作家、画家、ジャーナリスト13人によって、自分たちの手で独創的な若い作家に文学賞を贈ろうと創設されました。いかなる派閥からも独立していた彼らは、各々100フランずつを出しあって賞金を1300フランとし、アヴァンギャルドな精神にみちた将来性豊かな受賞者を選びました。第1 回の受賞者は、処女作『はまむぎ』を出版したばかりの当時30歳の新進作家レーモン・クノー。彼はのちにフランス文壇の最も先鋭的な作家のひとりとして活躍しています。第2回以降の賞金はその精神に共鳴したカフェ「ドゥマゴ」の店主が引き受け、毎年1月の第4週、店内で最終選考及び受賞者の発表が行なわれています。現在の賞金は7750ユーロ。
 創設時の主な選考委員は、ジョルジュ・バタイユ、マルティーヌ、ミシェル・レリス、ロジェ・ヴィトラックなど。
 Bunkamuraドゥ マゴ文学賞は、このパリのドゥ マゴ文学賞の先進性と独創性を受け継ぎ創設されました。