Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > Bunkamuraドゥマゴ文学賞 > パリのドゥマゴ賞

2020年度 | Bunkamuraドゥマゴ文学賞

  • 今年度の受賞作品
  • 受賞作品一覧

Le Prix des Deux Magots 2020

【受賞者】

Jérôme Garcin(ジェローム・ガルサン)

【受賞作品】

『Le dernier hiver du Cid(ル・シッドの最後の冬)』

【出版社】

GALLIMARD

60年前の1959年11月25日、ジェラール・フィリップが亡くなった。36歳だった。自身を蝕む病の重篤さを知らぬまま、死ぬ直前までギリシャ悲劇に注釈を書き付け、いつの日かハムレットを演じることを夢み、映画でモンテクリスト伯となるエドモン=ダンテスを演じる準備をしていた。生き続けると信じていたからだ。

最後の夏を過ごした南仏ラマチュエルから冬を迎えたパリの日々まで、その世代随一の名優は「永遠の青年」という自身にとって最大の役柄をまさに準備していたのだった。

Jérôme Garcin

1956年10月生まれ。アンリ四世高等師範学校文科受験準備校卒業後、ソルボンヌ大学で哲学を学ぶ。ヌーヴェル・リテレール紙に入社。1996年からヌーヴェロプセルヴァトゥール誌の文化部長、フランス・アンテール局の番組「仮面とペンLe Masque et la Plume」の制作と司会、コメディ・フランセーズの脚本審査委員。多くのエッセー、小説、対談がある。

パリで行われた授賞式レポートはこちら
パリ「ドゥ マゴ賞」公式サイトはこちら

http://www.lesdeuxmagots.fr/prix-litteraire.html

ドゥ マゴ賞の歴史

「カフェ・ドゥ マゴ」テラス

1933年 第1回選考委員会の面々。 左から、フランク・ドボ、ロジェ・ヴィトラック、カリタ、ジョルジュ・バタイユ。右から、アンリ・フィリポン、(ひとり女性をおいて)受賞者のレーモン・クノー、ジョルジュ・リブモン=デセーニュ。

 「ドゥマゴ賞」は、1933年、アンドレ・マルローの『人間の条件』にゴンクール賞が授与された日に、パリの老舗カフェ「ドゥマゴ」の常連客だった作家、画家、ジャーナリスト13人によって、自分たちの手で独創的な若い作家に文学賞を贈ろうと創設されました。いかなる派閥からも独立していた彼らは、各々100フランずつを出しあって賞金を1300フランとし、アヴァンギャルドな精神にみちた将来性豊かな受賞者を選びました。第1 回の受賞者は、処女作『はまむぎ』を出版したばかりの当時30歳の新進作家レーモン・クノー。彼はのちにフランス文壇の最も先鋭的な作家のひとりとして活躍しています。第2回以降の賞金はその精神に共鳴したカフェ「ドゥマゴ」の店主が引き受け、毎年1月の第4週、店内で最終選考及び受賞者の発表が行なわれています。現在の賞金は7750ユーロ。
 創設時の主な選考委員は、ジョルジュ・バタイユ、マルティーヌ、ミシェル・レリス、ロジェ・ヴィトラックなど。
 Bunkamuraドゥ マゴ文学賞は、このパリのドゥ マゴ文学賞の先進性と独創性を受け継ぎ創設されました。