APARTMENT

Illustration: ototoi
by Bunkamura LE CINÉMA

ひとりひとりに寄り添う映画を、
よりパーソナルな空間で楽しむ。
APARTMENT 8月OPEN

APARTMENTは、渋谷の映画館・Bunkamuraル・シネマのセカンドラインとして新たにオープンするオンライン・シネマです。

上映作品は、30年以上にわたり世界中の映画を紹介してきたBunkamuraル・シネマが独自に権利を取得した日本初公開作品を中心に、パソコン、スマートフォン、タブレットなどでお好きな場所からご覧いただけます。

サービス開始時に公開となるのは、2021年英国アカデミー賞で『ノマドランド』の7部門を上回る最多8部門でノミネートされ、「最もパワフルなシスターフッド映画」と評される『Rocks/ロックス』。リレーションシップ、ロマンス、そもそも映画を観ることとは──わたしたちの大好きなロマコメ映画について、わたしたちの言葉で語りなおそうとするフィルムエッセイ『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』の2本です。

 

ひとりで心地よい孤独を感じながら、誰かと親密な時間を過ごしながら──
8月、APARTMENTでお会いしましょう。

©GIRL UNTITLED LIMITED
  • “Sisterhood at its most powerful” – ELLE 🦖🦖🦖🦖🦖🦖🦖🦖 “Honest & brilliant…a must see” – THE BRITISH BLACK LIST
  • “Sisterhood at its most powerful” – ELLE 🦖🦖🦖🦖🦖🦖🦖🦖 “Honest & brilliant…a must see” – THE BRITISH BLACK LIST

Rocksロックス

8月、APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMAにて配信上映開始

配給:Bunkamuraル・シネマ

2019年/イギリス/英語/93分

監督:
サラ・ガヴロン(『未来を花束にして』)
製作:
フェイ・ウォード、アミーナ・アユブ・アレン
脚本:
テレサ・イココ、クレア・ウィルソン
撮影:
エレーヌ・ルヴァール(『17歳の瞳に映る世界』『幸福なラザロ』)
編集:
マヤ・マフィオリ
キャスティング:
ルーシー・パーディー
キャスト:
ブッキー・バックレイ、コーサル・アリ、ディアンジェロ・オセイ・キシェドゥ、シャネイヤ=モニク グレイソン、ルビー・ストークス、トヒーダ・ベガム、アナスタシア・ディミトロウ、アフィ・オケイジャ、サラ・ナイルズ
日本語字幕:
上條葉月

Introduction

15歳の少女ロックスは、いたずら好きな弟エマニュエル、そして母親とイースト・ロンドンの公営住宅で暮らしている。メイクアップ・アーティストになることを夢見る彼女は、親友にも囲まれ学校では人気者。しかしある日、母親が突如姿を消してしまう。心配した隣人が福祉局に連絡するも、「見つかれば弟とはなればなれになってしまう」と恐れたロックスは、右も左も分からないままロンドンの街を漂流する。やがてお金も尽き限界を迎えるロックス。そんな彼女に助けの手を差し伸べたのは、これまでいつも支え合ってきた親友たちだった──。

  • "This is a doc that delights as much as it informs" - THE HOLLYWOOD REPORTER 🧡💛💚💙💜🤎🖤 "Now, I’m putting my hands up here" - THE GURDIAN
  • "This is a doc that delights as much as it informs" - THE HOLLYWOOD REPORTER 🧡💛💚💙💜🤎🖤 "Now, I’m putting my hands up here" - THE GURDIAN

Romantic Comedyロマンティック・コメディ

8月、APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMAにて配信上映開始

配給:Bunkamuraル・シネマ

2019 年/イギリス/英語/ 78 分

監督
エリザベス・サンキー
製作
ジェレミー・ワームスリー、オスカー・ピムロット、マリア・キアラ・ヴェンチュラ
脚本
エリザベス・サンキー
音楽
Summer Camp、ジェレミー・ワームスリー
編集
エリザベス・サンキー
キャスト
ジェシカ・バーデン(『このサイテーな世界の終わり』『ロブスター』)、チャーリー・ライン、アン・T・ドナヒュー、キャメロン・クック、シムラン・ハンス、ブロディ・ランカスター、エレノア・マクドーウォル、ローラ・スネイプス
日本語字幕
岡田悠里

Introduction

ティーンエイジャーの頃、私はロマコメ映画に狂おしいほど恋をしていた。ロマコメ映画は孤独への不安を和らげ、甘美な人生が待っていると約束してくれた。大人になった今はいろいろなことを考えてしまう。なぜ『プラダを着た悪魔』でアンディはネイトの誕生日に怒られるの? マグノリアのカップケーキじゃだめ? ブリジット・ジョーンズが57kgでオーバーウェイトだとバカにされるなら、私はどうなるのだろう。ロマコメ映画ではなぜ、キャリアウーマンはみんな惨めに描かれるの? みなが白人で、異性愛者で、誰もが結婚を望む、非現実なおとぎ話の世界。なのに、なんで私はまだロマコメ映画を観てしまうのだろう。何度も、何度も。あなたはどう思う? ロマコメ映画のこと──。

SCROLL UP