Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 篠原貴之 水墨絵画展 墨いろの光 -イタリア、アイルランドより-

展覧会情報 | ギャラリー

篠原貴之 水墨絵画展
墨いろの光 -イタリア、アイルランドより-

ページを印刷する

2016/1/9(土)~1/17(日)

煌めきの地を巡る その筆が捉える眺望

「森とお城の物語(ロック オブ キャシェル・アイルランド)」
2015年
墨、紙
36.5×51cm

 研ぎ澄まされ、それでいてどこか素朴さを感じる篠原の水墨画の世界。生活する里山での移りゆく景色や、旅先で出会った光景の中に立ち、そこで芽生えた穏やかな感動をありのまま表現します。

 用いるのは墨と水のみ、大きな筆一本で全てを描くその水墨画は、筆の運びや勢いの魅力で、生き生きとした躍動感があります。篠原の自由な視点は伝統 の枠を超え、運筆には感覚がそのまま表れ、自在にイメージを形に変えていきます。水を引いた画面に垂らしただけの墨が澄み渡る青空になり、塗り残した紙の 地色はきらめく水面となる。墨の染みや筆跡、塗り残しがたちまち万物へと変幻し、時にはその光に希望を、またある時は陰に憂いを覚え、わたしたちの感性を 大きく揺さぶります。

 Bunkamuraにて3回目の開催となる今展では、この夏に訪れたイタリアトスカーナと南アイルランドを描いた新作を中心に発表。作家が目にした情景が、墨いろの光のなか鮮やかに浮かび上がります。歩みを続け、一層美しさの増す篠原の水墨表現にご期待ください。

 

≪ギャラリートーク開催≫


1月10日(日) 15:00~(30分程度を予定) 予約不要
作家より創作についてお話しいただきます。伝統を重んじながらもその枠に捉われない作品はどのようにして生まれるのか。創作の裏側に迫ります!

 

≪篠原貴之 Takayuki SHINOHARA≫


1961年 京都出身
1986年 京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業、同大学院彫刻科入学
1987~90年  イタリア国立ミラノ美術学院彫刻科へイタリア政府給費留学生として留学
1992~94年  中国中央美術学院国画科へ文部省派遣中国政府国費留学生として留学
以後、水墨画に専念し、全国各地で展覧会活動を展開する他、小説や雑誌の装画や挿絵、カレンダーの原画、現在は襖絵等も手掛ける。

 

作品紹介/スライドショー
  • 「ダブリンの街角で(ダブリン・アイルランド)」
    2015年
    墨、紙
    37×51cm 

  • 「ラウンド タワー(グレンダーロッホ・アイルランド)」
    2015年
    墨、紙
    37×54cm

  • 「Ha' penny bridge Ⅱ(ダブリン・アイルランド)」
    2015年
    墨、紙
    37.5×54cm

  • 概要

開催期間

2016/1/9(土)~1/17(日)

開館時間

10:00~19:30 ※最終日は17:00まで

会場

Bunkamura Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

ピックアップ