Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > ささめやゆき 「イタリアの道」展

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

スケッチ集発売記念
ささめやゆき 「イタリアの道」展

2013/10/12(土)~10/22(火)

西洋の香り漂う、深い色彩と素朴な筆遣い

 版画家として活躍する一方、イラストや書籍挿画、絵本など幅広い分野で数々の作品を発表しているささめやゆき。24 歳の頃にパリ、ニューヨーク、再びフランスへ行き、独学でひたすら絵を描き続けた彼は、日本に帰国してから挑戦した版画作品で数々の賞を受賞しました。版画家としてまたたく間にその名を広めましたが、その抒情的な文章からも、あらゆる雑誌の連載や表紙絵を手掛けるなどして注目されることとなりました。

 力強い筆感と、ユーモアを持ちあわせた躍動感のある描線。そして、それに重なる鮮やかな色彩。ささめやが描く街並や人物からは、楽しさや切なさといった感情がそのまま表現されています。また、その時の彼自身の感情をも映し出しているようで、どこかセンチメンタルで味わい深い、文学的な雰囲気を放っています。

 今回、ささめやが描いたのはイタリアの街。若きころ過ごした思い出の地、パリを回想し、あの時のようにがむしゃらに描きたい、そんな想いから3 ケ月間、昔と同じようにペンと紙を持って訪れたイタリア。本展は、このイタリアをテーマとし新しく刊行される、ささめやゆき初のスケッチ集『イタリアの道』の中から抜粋した、スケッチ作品を中心に展覧・販売します。懐かしい記憶は画面を辿って、私たちにメッセージを語りかけます。

掲載作品
「フィレンツェのすてご養育美術館」
ネパール紙、水彩、ペン、マジック、インク

 

★☆イベント情報☆★

ささめやゆきさん本人による、ギャラリートークを開催します。
作品制作についての話や、3ケ月間ものイタリア滞在を経て感じたことなど、作家が独自の視点から捉えた、ライブ感溢れるお話をしていただきます!

【開催日】10/13(日)、10/14(月・祝)、10/19(土)
【時間】各回13:00~(約1時間程度を予定)

※事前予約不要
※上記の時間に直接Boxギャラリーへお越しください。

 

◆ささめやゆき プロフィール◆

1943 年 東京都生まれ
絵本『マルスさんとマダムマルス』(原生林)、『幻燈サーカス』(文・中澤晶子、BL 出版)、『ブリキの音符』(文・片山令子、白泉社)、『もしも ねこが サーカスに いったら』(文・石津ちひろ)、『狂言えほん ぶす』(文・もとしたいづみ)、『はだかのカエルとはだしのライオン』(以上講談社)、『ねこのチャッピー』(小峰書店)、『くうき』(作・まど・みちお、理論社)など他多数の絵本を手掛ける。
『ガドルフの百合』(文・宮沢賢治、偕成社)で小学館絵画賞、『あしたうちにねこがくるの』(文・石津ちひろ、講談社)で日本絵本賞のほかに、講談社出版文化賞さしえ賞、ベルギー・ドメルホフ国際版画展銀賞等、受賞多数。

10月初旬刊行予定
スケッチとエッセイで綴る、イタリア滞在記 『イタリアの道』
2,625円(税込)/講談社

作品紹介/スライドショー

「Ristorante NAPOLI」
ネパール紙、水彩、ペン、マジック、インク

「リミニの冬の海岸」
ネパール紙、水彩、ペン、マジック、インク

「プッチーニ」
ネパール紙、水彩、ペン、
マジック、インク

「TRUCCO」
ネパール紙、水彩、ペン、
マジック、インク

「S・S Bottiglie」
ネパール紙、水彩、ペン、
マジック、インク

  • 概要

開催期間

2013/10/12(土)~10/22(火)

開館時間

10:00~19:30 ※最終日は17:00まで

会場

Bunkamura Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ