Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 昭和ガレージボックス 高度経済成長時代に台頭したカウンターカルチャー-昭和40年代を中心に

展覧会情報 | ギャラリー

昭和ガレージボックス
高度経済成長時代に台頭したカウンターカルチャー-昭和40年代を中心に

ページを印刷する

2020/2/15(土)~2/26(水)

横尾忠則 「新宿泥棒日記」

平成も終わり、令和の時代となつた現在、スマートフォンやSNSが当たり前となり、世界と情報共有が可能になり、AIの時代に突入、2度目の東京オリンピックを迎え、街中は再開発で昭和時代を偲ばせる古い町並みはIT企業が入居する近代的なビルに取って替わられた。
1964年の東京オリンピックが成功裏に終わったものの、その反動と高度経済成長の歪みで経済は停滞し不況に見舞われ、中小企業の倒産が相次いだ昭和40年代は暗いスタートを切った。

騒然とした当時の少年たちは鉄腕アトムやウルトラマンに夢中になり、青年たちは体制に反発、ベトナム反戦運動に身を投じる者、アングラ演劇やフォークソングに時代の変化と平和・理想を追い求めるもの、ガロや朝日ジャーナルを小脇に抱えジャズ喫茶に入り浸る者、ヒッピーに憧れ社会からドロップアウトし、フーテン生活をおくる者達が現状の社会に疑問符を抱え、何かを探し求め街中を彷徨っていた時代。
そんな時代の渦中で生まれたカルチャーの数々は当時の世相を反映し、時代や体制に反駁しつつも実験的な表現活動の場を求め、カオスを醸成し熱いエネルギーとなって社会を騒がせた。

サブカルチャーが確立され始め、美術・演劇・舞踏・映画・デザイン・漫画・アニメなどの周辺領域の作家たちも既存のスタイルを打ち破るような先鋭的な試みを次々とおこない、ジャンルを越えて共鳴し、その潮流は後世に受け継がれ現在「クール・ジャパン」として世界的な評価を得るまでに至った。

本展では戦後のターニングポイントとなった昭和40年代の高度経済成長時代を中核に現在までに多大な影響を残したアーティストに焦点を合わせ、原画作品・版画・オブジェのほか、当時の懐かしいポスター・古書などを展覧販売いたします。

 

【出品予定作家】
赤瀬川原平、赤塚不二夫、秋山祐徳太子、粟津潔、井上洋介、貝塚ひろし、金子國義、合田佐和子、小松崎茂、篠原有司男、白土三平、田名網敬一、田村セツコ、手塚治虫、寺山修司、内藤ルネ、中村宏、花輪和一、土方巽、藤子不二雄、三木富雄、水木しげる、水森亜土、森山大道、モンキー・パンチ、やなせたかし、山本六三、横尾忠則、四谷シモン ほか

作品紹介/スライドショー
  • 月刊漫画ガロ

  • 週刊アンポ

  • 少年マガジン

  • たのしい幼稚園 表紙画

  • 赤瀬川原平

  • 朝倉摂

  • 楳図かずお

  • 白土三平

  • 花輪和一

  • 林静一

  • 森山大道

概要

開催期間

2020/2/15(土)~2/26(水)

開館時間

10:00~19:30

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ