Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > 追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン トリコロール/赤の愛

上映作品情報 | ル・シネマ

追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン
トリコロール/赤の愛

Three Colors: Red

ページを印刷する

7/1(金)~7/7(木)特別上映

©1994 MK2 Productions / France 3 cinema / CAB Productions / Film studio TOR

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。また、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

2022年6月17日、フランスを代表する名優ジャン=ルイ・トランティニャン氏が91歳で逝去されました。ジャン=ルイ・トランティニャン氏は、1989年当時Bunkamuraル・シネマの開館を飾るオープニング作品となった『遠い日の家族』(85)をはじめ、『トリコロール/赤の愛』(94)、『愛、アムール』(12)、そして惜しくも遺作となった『男と女 人生最良の日々』(19)と、ル・シネマで上映した数多くの作品で心に残る名演を見せてくださいました。

Bunkamuraル・シネマではその偉業に敬意を表し、急遽7月1日(金)より「追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン」を開催いたします。上映となるのは、アカデミー賞で監督賞、脚本賞、撮影賞の三部門ノミネートを果たし、ル・シネマでの封切り当時にも絶大な人気を誇った、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の『トリコロール/赤の愛』(94)、そして不朽の名作『男と女』(66)のスタッフ&キャストが再結集した続編で、ジャン=ルイ・トランティニャンの遺作となった『男と女 人生最良の日々』(19)の二本です。

また、ル・シネマにて8/5(金)~8/25(木)開催の「没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭」でも、トランティニャン氏が出演する『離愁』(73)と『華麗なる女銀行家』(80)を上映予定です。膨大なフィルモグラフィを通じて、常に印象的な姿を見せてくれたジャン=ルイ・トランティニャン。その姿を、スクリーンで偲ぶ機会となれば幸いです。

* * * * *

追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン
『トリコロール/赤の愛』

◆7/1(金)~7/7(木)特別上映

*アカデミー賞監督賞、脚本賞、撮影賞 ノミネート
*1994年カンヌ国際映画祭 正式出品

赤の愛――”博愛”という名の美しすぎる概念。

大学に通う傍らモデルとしても活動するバランティーヌは、車で犬をはねてしまう。首輪を頼りに訪ねた住所で、盗聴が趣味の孤独な元判事に出会う。心を閉ざす元判事は彼女の優しさに触れ、やがてふたりは互いの孤独を感じ合い、心を開く。

 

三部作の最後にふさわしいテーマは”博愛<すべてを包み込む、無垢な愛>”。青、白、そして赤…三つの物語が見事に絡み合うラストは、キェシロフスキが紡いできた”愛”の奇跡の集大成であり、何度観てもこれ以上ないほどに美しい。三部作の最終章にして、監督の遺作となってしまった永遠の一作。

 

監督
クシシュトフ・キェシロフスキ
脚本
クシシュトフ・キェシロフスキ、クシシュトフ・ピェシェヴィチ
キャスト
イレーヌ・ジャコブ、ジャン=ルイ・トランティニャン
作品情報
1994年/フランス・ポーランド・スイス/99分/Blu-ray
受賞
ノミネート
1995年アカデミー賞 監督賞、脚本賞、撮影賞 ノミネート
1994年カンヌ国際映画祭 正式出品
配給
松竹

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2022年6月30日 現在)

平日・土日

19:35

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。
最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

追悼上映 ジャン=ルイ・トランティニャン
『トリコロール/赤の愛』
◆7/1(金)~7/7(木)特別上映
[7/1(金)~7/7(木)]
 19:35~(終)21:30
[料金] ¥1,200均一(税込)
※特別興行につき各種割引、サービスデー対象外
--------------------------
※全席販売を再開しております。
※窓口営業時間は10:00~最終回受付終了時までといたします。なお、プログラムや物販は最終回上映終了時もご購入いただけます。
--------------------------
以下のご協力をお願いいたします。
・劇場内では必ずマスクのご着用をお願いいたします(水分補給時を除く)
・当館では劇場内のお食事をご遠慮いただいております。また、劇場内での会話はできるだけお控えください。
※政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。

概要

¥1,200均一(税込)

※特別興行のため、その他各種割引は適用外

Bunkamura ル・シネマ

20220701, 20220702, 20220703, 20220704, 20220705, 20220706, 20220707
20220701
20220707

ピックアップ