Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > 没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭

上映作品情報 | ル・シネマ

没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭

ROMY SCHNEIDER Rétrospective - 40 ans après sa mort

ページを印刷する

8/5(金)~8/25(木)特集上映予定

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。また、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

波乱万丈の生涯を送った、ヨーロッパ映画最高の映画女優
その軌跡をたどる、初の本格的な特集上映

⼥優にならなければいけない、と思ったの。それ以外、考えられなかった
──ロミー・シュナイダー

不幸や不運に⾒舞われた⼈⽣を送った⼥性として彼⼥を捉えるのではなく、短い⼈⽣のなかで決して満⾜することなく、あふれんばかりの才能を映画のために捧げた⼥性として、彼⼥を⾒よう
──シネマテーク・フランセーズ館⻑ フレデリック・ボノー
※シネマテーク・フランセーズ「ロミー・シュナイダー展」図録より抜粋

オーストリア、ウィーンの名門俳優一家の家に生まれたロミー・シュナイダー。6歳の時に両親が離婚し、不遇の幼少時代を過ごすも頭脳明晰で独立心旺盛だった彼女は14歳で俳優になることを決意。多くの傑作・話題作に出演し世界最高峰の女優として名を馳せたが、一方ではアラン・ドロンとの恋、破産、元夫と息子の死などスキャンダルやゴシップが付き纏う壮絶な人生を送り、『サン・スーシの女』(82)を遺作に43歳の若さでこの世を去った。しかし死後、マリリン・モンローやカトリーヌ・ドヌーヴを抑えて「今世紀最高の女優」(仏CSA調べ)に選ばれるなど、彼女の無比な佇まいと鮮烈な印象は色あせることなく艶やかに輝く。

犯罪劇、成功と転落、官能と愛情…
様々な物語のなかで生きた世界最高の女優 ロミー・シュナイダーの軌跡

今回上映される、ロミーが美しい娼婦リリーを演じる犯罪劇『マックスとリリー』は日本劇場初公開。ロミーの艶やかな佇まいと、名優ミシェル・ピコリとの演技合戦が最大の魅力のひとつだ。また、かつての恋人アラン・ドロンと共演を果たした『太陽が知っている』、ふたりの男に愛される女性を演じた『夕なぎ』、戦時下を舞台にした切なく狂おしい名作『離愁』のほか、ジャン=ルイ・トランティニャンやジャン=クロード・ブリアリらフランスを代表する俳優たちが集う『華麗なる女銀行家』、ロミーの最期の出演作となった『サン・スーシの女』となかなか観る機会のない貴重な作品を含んだラインナップ。

さらに、2009年のカンヌ映画祭で大反響を巻き起こした傑作ドキュメンタリー『地獄』の日本劇場初公開も決定。1964年に製作が始まり、『情婦マノン』『恐怖の報酬』などで知られる名匠アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督によって完成されるはずだったが、監督の病など悲劇の連鎖により未完のままに終わった幻の映画『地獄』の残されたフィルムと関係者の証言などで構成された本作。断片的ながらも強烈な印象を残す、ヴィヴィッドな色彩と実験的手法で描かれるその映像は、エドガー・ライト監督作品『ラストナイト・イン・ソーホー』にも影響を与えた必見作だ。

映画に愛された感動的な<表情>をたたえ、その美しい眼差しを投げかけるロミー・シュナイダーと銀幕で再び出会えることを、ぜひ楽しみにお待ち頂きたい。

 ★上映作品発表!

『太陽が知っている 4Kデジタルリマスター版』
『マックスとリリー』※日本劇場初公開
『夕なぎ』
『離愁 4Kデジタルリマスター版』
『華麗なる女銀行家 4Kデジタルリマスター版』
『サン・スーシの女』
『地獄』※日本劇場初公開

<スケジュール表はこちら>

<作品別上映スケジュールはこちら>

 

<上映作品>

『太陽が知っている 4Kデジタルリマスター版』(1969年)<PG12>
監督:ジャック・ドレー
出演:アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、モーリス・ロネ、ジェーン・バーキン
バカンスを過ごしていたジャン=ポール(アラン・ドロン)とマリアンヌ(ロミー・シュナイダー)だが、マリアンヌが招待したハリー(モーリス・ロネ)と娘ペネロープ(ジェーン・バーキン)がやってきてから雰囲気は一変する。ハリーはマリアンヌの元恋人で、ジャン=ポールはハリーに劣等感を抱えていたのだ……。陽光降り注ぐサントロペの別荘を舞台に、4人の男女の思惑が官能的かつ不穏に交錯し合う心理サスペンス。かつて恋人同士だったドロンとロミーが後戻りのできない道を歩んでゆくカップルを熱演。
©︎1969 SNC (Groupe M6)

『マックスとリリー』(1971年) ※日本劇場初公開
監督:クロード・ソーテ
出演:ミシェル・ピコリ、ロミー・シュナイダー、フランソワ・ペリエ、ベルナール・フレッソン
犯罪者逮捕に異様な執念を燃やしながらも、犯人を取り逃がした刑事マックス。捜査中、兵役仲間だったアベルにが盗難車などを扱う屑鉄屋を営んでいることを知ったマックスは、アベルの情婦であるリリーに近づき、彼らが銀行強盗を謀るよう画策する。しかしリリーとの間に奇妙なロマンスが生まれ……。C・ドスーヴらが候補に挙がっていたリリー役を、ロミー自らソーテ監督に直訴して勝ち取り、"お姫様女優"のイメージを見事に払拭した。
© 1971 STUDIOCANAL

『夕なぎ』(1972年)
監督:クロード・ソーテ
出演:ロミー・シュナイダー、イヴ・モンタン、サミー・フレイ、イザベル・ユペール
幼い娘と共に解体業者のセザール(イヴ・モンタン)の元に転がり込んだロザリー(ロミー・シュナイダー)。エネルギッシュで明るいセザールとの生活は楽しいが、ある日、かつての恋人ダヴィッド(サミー・フレイ)ど再会してしまう。全く異なるタイプのふたりの男に愛される女をロミーが演じた奇妙な三角関係のラブ・ストーリー。シアーなドレスにフェミニンなシャツ、トレンチコートといったイヴ・サンローランの衣装が、神秘的でいて自由なロミーの魅力をさらに際立たせている。盟友ソーテ監督の代表作。
©︎DR

『離愁 4Kデジタルリマスター版』(1973年)
監督:ピエール・グラニエ=ドフェール
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、ロミー・シュナイダー、アンヌ・ヴィアゼムスキー
ドイツ軍の侵攻のため、住み慣れた村を棄て避難列車に乗り込むジュリアン(ジャン=ルイ・トランティニャン)。妊娠中の妻と子供は客室に乗せ、自分は家畜車で過酷な旅を続けるジュリアンは、車内で謎めいた女アンナ(ロミー・シュナイダー)に出会う。言葉も交わさないふたりだが、次第に求め合うようになってゆき……。シンプルな黒い半袖のワンピースに引っ詰めた髪ろいうシンプルないでたちながら、死の恐怖と許されない愛に悶えるロミーの美しさが特に際立つ一本。鮮烈なラストも忘れがたい。
©︎1972 STUDIOCANAL

『華麗なる女銀行家 4Kデジタルリマスター版』(1980年)<PG12>
監督:フランシス・ジロー
出演:ロミー・シュナイダー、ジャン=ルイ・トランティニャン、マリー=フランス・ピジェ、ジャック・ファブリ、ジャン=クロード・ブリアリ
第一次大戦後の狂乱の世情を背景に、金融界のみならず政界をも激震させた銀行家マルト・アノーの生涯をベースとした歴史大作。貧しい帽子屋に生まれながらも、その美貌によって上流社会の名花となり金融界に進出、やがてフランス初の女銀行家となったエンマ(ロミー・シュナイダー)の数奇な人生を描く。抑圧的な男社会に阻まれ、何度も憂き目に遭いながらもその都度立ち上がる強い女を圧倒的な存在感で体現。先頃逝去したジャン=ルイ・トランティニャンの冷酷な悪役ぶりも光る。
©︎1980 STUDIOCANAL-France 3 cinéma

『サン・スーシの女』(1982年)
監督: ジャック・ルーフィオ
出演:ロミー・シュナイダー、ミシェル・ピコリ、ヘルムート・グリーム、ドミニク・ラブリエ、ウェンデリン・ウェルナー
父をナチスに殺された少年マックス(ウェンデリン・ウェルナー)を引き取ったソプラノ歌手エルザ(ロミー・シュナイダー)と夫のミシェル(へルムート・グリーム)。しかしミシェルが逮捕されたことをきっかけに、エルザは運命に翻弄されていく。ロミーの怪我や病気、そして最愛の息子ダヴィットを不慮の事故で亡くしたことも重なり何度も撮影延期となったものの、役への情熱を失わず見事に復活を遂げたロミーの遺作。実子と同年代のマックスを見つめるロミーの、悲痛ながらも美しい表情をカメラはとらえている。
©︎ 1982 —TF1 INTERNATIONAL – FRANCE 2 CINEMA - CCCFILMKUNST

『地獄』(2009年) ※日本劇場初公開
監督:セルジュ・ブロンベルグ、ルクサンドラ・メドレア 音楽:ブルーノ・アレクシウ
出演:ロミー・シュナイダー、 セルジュ・レジアニ、ベレニス・ベジョ、ジャック・ガンブラン
『情婦マノン』『恐怖の報酬』などの名匠アンリ=ジョルジュ・クルーゾ一監督によって1964年に製作が開始されるも、監督が病に倒れて未完となってしまった幻の映画『地獄』。 その残されたフィルムと関係者の証言などで構成され、2009年のカンヌ映画祭で大反響を巻き起こしたドキュメンタリー。妻の浮気を疑う夫の妄想がめくるめく映像美で表現され、ロミーが一糸まとわぬ姿で線路に横たわるシーンなど断片的ではあるものの強烈なイメージが垣間見られる。独特なメイクを施し濃艶な表情を見せるロミーにただただ圧倒されるが、天真爛漫なオフショットも多く収録されている。
©︎ 2009 Lobster Films/France2. Cinema

*4Kデジタルリマスター版の作品につきましては、当館では2K上映となります。

 

ロミー・シュナイダー RomySchneider

1938年、オーストリアのウィーンで名門俳優一家の元に生まれる。本名ロ一ゼマリー・マグダレーナ・アルバッハ。6歳のとき両親が離婚、不遇の幼少時代を過ごすが、頭脳明晰で独立心旺盛だった彼女は14歳で女優になることを決意。1955年の西ドイツ映画『プリンセス・シシー』の后妃エリザベート役によって欧州中で愛されるスターとなる。その後『恋ひとすじに』(58)で共演したアラン・ドロンと19歳にして恋に落ち婚約。ルキノ・ヴィスコンティ演出の舞台やオムニバス『ボッカチオ’70』(62)の一編「仕事中」、オーソン・ウェルズ監督の『審判』(62)、またゴールデングローブ賞主演女優賞候補となったオットー・プレミンジャー監督の『枢機卿』(63)など精力的に活動するも、4年後にドロンと破局。失意の中、66年にドイツの舞台演出家と結婚、一児をもうける。2年ほど育児のため映画界から離れていたが、69年にドロン共演の『太陽が知っている』がヒットを記録、見事なカムバックを遂げる。以降は再びエリザベートを演じた『ルートヴィヒ』(72)、イヴ・モンタンと共演した『タなぎ』(72)、フランス全上で大反響を巻き起こした『追想』(75)と多くの傑作、話題作に出演、"世界最高峰の女優"として名を馳せる。一方で度重なる色恋沙汰、破産、さらには元夫や息子の死など常にスキャンダルやゴシップがつきまとい、遺作となった『サン・スーシの女』(82)撮影の頃には心身ともに激しく疲弊していたという。82年、パリで逝去。次作で共演が予定されていたドロンの手配で大々的に葬儀が行われたが、ドロン自身は騒動を避けるため参列しなかった。

主催
マーメイドフィルム
配給
コピアポア・フィルム

公式サイトはこちら

上映スケジュール

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。
最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

『没後40年 ロミー・シュナイダー映画祭』
◆8/5(金)~8/25(木)特集上映◆
<上映作品>
『太陽が知っている 4Kデジタルリマスター版』
『マックスとリリー』※日本劇場初公開
『夕なぎ』
『離愁 4Kデジタルリマスター版』
『華麗なる女銀行家 4Kデジタルリマスター版』
『サン・スーシの女』
『地獄』※日本劇場初公開

※4Kデジタルリマスター版の作品につきましては、当館では2K上映となります。
※スケジュールは詳細をご確認ください。
--------------------------
※全席販売を再開しております。
※窓口営業時間は10:00~最終回受付終了時までといたします。なお、プログラムや物販は最終回上映終了時もご購入いただけます。
--------------------------
以下のご協力をお願いいたします。
・劇場内では必ずマスクのご着用をお願いいたします(水分補給時を除く)
・当館では劇場内のお食事をご遠慮いただいております。また、劇場内での会話はできるだけお控えください。
※政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。

概要

一般¥1,800 学生¥1,500 (平日は学生¥1,200) シニア¥1,200 中・高校生¥1,000(税込)
【毎週火曜日は¥1,200(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20220805,20220806,20220807,20220808,20220809,20220810,20220811,20220812,20220813,20220814,20220815,20220816,20220817,20220818,20220819,20220820,20220821,20220822,20220823,20220824,20220825
20220805
20220825

ピックアップ