Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > オーチャードホール > ラインナップ > 大和証券グループpresents BBC Proms JAPAN 2019 Prom5/Next-Generations, representative of Japanese Soloists(日本を代表する次世代のソリスト達)

ラインナップ | オーチャードホール

大和証券グループpresents
BBC Proms JAPAN 2019
Prom5/Next-Generations, representative of Japanese Soloists(日本を代表する次世代のソリスト達)

ページを印刷する

2019/11/3(日・祝)15:00開演
※14:15よりプレトーク「How to enjoy BBC Proms?」を行います。(開場14:00) 

※プレトーク出演:トーマス・ダウスゴー、三浦文彰、宮田大

●出演
ヴァイオリン:三浦文彰
チェロ:宮田大
指揮:トーマス・ダウスゴー
管弦楽:BBCスコティッシュ交響楽団

●曲目
細川俊夫:「プレリューディオ」 オーケストラのための
エルガー:チェロ協奏曲(チェロ:宮田大)
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(ヴァイオリン:三浦文彰)
ラフマニノフ:交響的舞曲

  • 三浦文彰(ヴァイオリン)
    東京都出身。両親ともにヴァイオリニストの音楽一家に生まれ、3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。
    2003年、04年と全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第2位、2006年4月ユーディ・メニューイン国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門第2位などを受賞。
    2009年10月には、世界最難関ともいわれるハノーファー国際コンクールにて史上最年少で優勝。同時に、聴衆賞、音楽評論家賞も受賞。
    これまでに、モスクワにてオレグ・カガンメモリアルフェスティバル、ブラウンシュバイクフェスティバル、宮崎国際音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、マントン音楽祭、ラクリン&フレンズ音楽祭、メニューイン・フェスティバルなどに出演。また国内主要オーケストラはもとより、ハンブルク北ドイツ放送響、シュトゥットガルト放送響、プラハ・フィル、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響などとも共演している。
    ペンデレツキ80歳記念演奏会では、ペンデレツキ自身の指揮で演奏、ルーブルでのリサイタルでパリ・デビューと破竹の勢いで国際的な活動を展開している。
    また、NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽を演奏したことやTBS「情熱大陸」への出演も大きな話題となった。
    2017年には、ロンドンにおけるリサイタル・デビューを果たし、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとの日本ツアーを行う。2018年は、イタマール・ゴランとのリサイタル・ツアー、ロイヤル・リヴァプール・フィルとの日本ツアーを行い、ロンドンでズーカーマン指揮ロイヤル・フィルと、サンクトペテルブルクの白夜祭でゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団と共演して大成功をおさめる。また、2018年10月からスタートするサントリーホールARKクラシックスのアーティスティック・リーダーに就任した。
    CD録音も活発に行っており、リントゥ指揮ベルリン・ドイツ響と共演した「チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲」、「名曲コレクション」などをエイベックス・クラシックスよりリリース。
    2009年度第20回出光音楽賞受賞。
    これまでに、ザハール・ブロン、ジャン=ジャック・カントロフ、チョーリャン・リン、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。(公財)明治安田生命クオリティオブライフ文化財団より奨学金を得て、ウィーン私立音楽大学に入学、パヴェル・ヴェルニコフ氏、ジュリアン・ラクリン氏のもとで研鑽を積んだ。
    使用しているヴァイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 "Viotti"。
  • 宮田大(チェロ)
    1986年生まれ。栃木県宇都宮市出身。3歳よりチェロを始め、幼少より出場するコンクールのすべてに第1位入賞を果たす。 2002年、桐朋女子高等学校音楽科入学。小澤征爾指揮の桐朋学園音楽部門創立50周年記念オーケストラコンサートで協奏曲を演奏。2007年、齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。第74回日本音楽コンクールチェロ部門第1位、併せて増沢賞、徳永賞、岩谷賞受賞。2009年、チェロ部門の国際音楽コンクールの最高峰、第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初優勝。第20回出光音楽賞受賞。第13回ホテルオークラ音楽賞受賞。出身地栃木県での受賞歴も華やかで、文化部門では初めての栃木県知事特別賞を受賞、栃木みらい大使に任命される。第35回江副育英会奨学生。ローム・ミュージックファンデーション奨学生。桐朋学園音楽部門特待生、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。2009年にジュネーヴ音楽院卒業、2013にクロンベルク・アカデミーを修了する。倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの両氏に師事する。室内楽を東京クヮルテット、原田禎夫、原田幸一郎、加藤知子、今井信子、リチャード・ヤング、ガボール・タカーチ=ナジの各氏に師事する。
    国内外での活動を活発に行い、サンクトペテルブルグ音楽祭、ベートーヴェン音楽祭、ドレスデン音楽祭、マッジョーレ湖音楽祭、マントン音楽祭、アムステルダム・チェロビエンナーレ等に出演している。パリ管弦楽団、フランクフルトシンフォニエッタ、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア交響楽団、プラハ放送交響楽団、国内の殆どのオーケストラと共演。また、東京佼成ウィンドオーケストラ、シエナ・ウインド・オーケストラなど吹奏楽団との共演も多い。小澤征爾はもちろんのこと、E.インバル、L.ハレル、G.クレーメル、Y.バシュメット、M.ヴェンゲーロフ、A.デュメイ、H.ホリガーや日本を代表する多くの演奏家と共演している。クラシック音楽界のみならず、多様な芸術活動も意欲的に行い、テレビなどへの出演も多い。「日経スペシャル招待席~桐竹勘十郎 文楽の深淵」人形劇「ハムレット」「サロメ」(2019年1月予定)。音楽ドキュメント、「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳」が放送され、注目をあつめた。(芸術祭参加作品)、「カルテットという名の青春」「NHKワールド” Rising Artists Dai Miyata”」などのドキュンメント、「クラシック倶楽部」「らららクラシック」「題名のない音楽会」などにも複数回出演している。「報道ステーション」、「徹子の部屋」でも話題になる。水戸室内管弦楽団団員。
    使用楽器は、1698年製A.ストラディヴァリウス“Cholmondeley”(上野製薬株式会社より貸与)、 1710年製M.ゴフリラー(宗次コレクションより貸与)。
  • トーマス・ダウスゴー(BBCスコティッシュ交響楽団 首席指揮者)
    BBCスコティッシュ交響楽団(2016年9月より)ならびにスウェーデン室内管弦楽団首席指揮者。首席客演指揮者を務めるシアトル交響楽団では、2019/20年シーズンより音楽監督に就任予定。トスカーナ管弦楽団からは名誉指揮者の称号を与えられ、同じく名誉指揮者であるデンマーク国立交響楽団では2004年より11年まで、首席指揮者として腕を揮った。
    これまでに、BBC交響楽団、ロンドン交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団などと共演。北米では小澤征爾のアシスタントとしてキャリアを始め、ニューヨークフィル、クリーヴランド管弦楽団、ボストン交響楽団など、そしてアジアとオーストラリアではシンガポール交響楽団、シドニー交響楽団などと共演。また、BBCプロムス、エディンバラ国際フェスティバル、ザルツブルグ音楽祭、リンカーンセンターでのモーストリー・モーツァルト・フェスティバル、エネスク国際フェスティバルやタングルウッド音楽祭など音楽祭への出演も数多い。
    彼の選ぶプログラムは独創的で革新的なものとして定評があり、高揚感ある演奏と70枚以上にも及ぶ数々の録音は大きな称賛を得ている。
    BBC Promsには、2001年より出演、これまで17公演を行う。
    日本での演奏は、2016年に新日本フィルハーモニー交響楽団、2015年に東京都交響楽団と共演。
  • BBCスコティッシュ交響楽団(管弦楽)
    BBCスコティッシュ交響楽団(BBCSSO)とトーマス・ダウスゴーは英国内外の音楽界において革新的な組合せとしてその地位を確立している。特筆すべきは、BBCシンガーズやフォークバンド等とのコラボレーションによりクラシック音楽の名曲に潜む「ルーツ」に焦点を当てると共に、スコットランド熱を再燃させる世界有数の現代作曲家による新作をレパートリーに加えた「スコティッシュ・インスピレーション」シリーズ、そして、初のヨーロッパツアーで大成功を収め、今シーズン後半にはレコーディングも予定している、バルトークとシベリウスをメインにした野心的で画期的なプログラム編成だ。1935年に結成され、2006年以降はグラスゴー市を本拠地とするBBCSSOはスコットランドの国立放送管弦楽団で、スコットランド、英国および国外で演奏している。また、BBCラジオ3、BBCラジオスコットランド、BBCテレビおよびオンライン放送番組にも出演。スコットランド音楽界の先駆者として、教育プログラムおよびアウトリーチ(普及啓発)を通じ、地域コミュニティとの強固な信頼関係を築く活動も行っている。音楽を通じた社会変革を目指すスコットランド政府のプロジェクト「ビッグ・ノイズ」のパートナー団体であり、BBCの教育プログラム「BBC’s Ten Pieces」でも重要な役割を果たすと共に、スコットランド王立音楽院と緊密に連携し様々なプロジェクトを推進している。『BBC Proms』、エディンバラ国際フェスティバルにも定期的に参加しており、ロイヤル・フィルハーモニック協会賞、グラモフォン(英国のクラシック音楽専門誌)によるグラモフォン・アワードを4回受賞している。 『BBC Proms』には1962年に初出演、これまで139公演を行う。
  • 出演者コメント
    ≪三浦文彰≫
    今回この新しいプロジェクトに参加させて頂く事を嬉しく思います。
    BBC Proms と言えば歴史ある素晴らしい音楽祭です。イギリスの伝統あるオーケストラとブルッフの協奏曲を演奏致します。Promsらしく、会場の皆様にも盛り上がって頂ければ幸いです。

    ≪宮田大≫
    世界有数の音楽祭「BBCプロムス」の日本での開催おめでとうございます。その第1回にBBCプロムスの代表的な曲「威風堂々」の作曲家、エルガーのチェロ協奏曲で参加できるのは大きな喜びです。この曲の持つ情熱、その内に秘めた凛とした気品を皆様に余さずお伝えできればと思っています。

    ≪トーマス・ダウスゴー≫
    BBC Promsを連れ出すとはなんとも突飛なアイディアだと初めは思いましたが、それよりも何より、今回の公演にBBCスコティッシュ交響楽団と一緒に行けることに大変な幸せを感じています。日本のお客様が大好きですし、皆さんと大きなパーティをしたいと思います。プロムスの最終夜はお祭りのような、大変陽気な楽しい空間になることでしょう。今から大変楽しみにしています!

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

公式サイトはこちら

概要

公演日程

2019/11/3(日・祝)15:00開演
※14:15よりプレトーク「How to enjoy BBC Proms?」を行います。(開場14:00) 

Bunkamuraオーチャードホール

[主催]
BBC Proms JAPAN 2019実行委員会(ぴあ、テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ、読売新聞社、BS朝日)、Bunkamura(東京公演)

[特別協賛]
大和証券グループ
[協力]
BBC、東急株式会社、HarrisonParrott、ブルーノート・ジャパン、フロンティアインターナショナル、OFFICE AKIMOTO
[後援]
ブリティッシュ・カウンシル、一般社団法人日英協会、スコットランド政府、NPO日本スコットランド協会、一般財団法人渋谷区観光協会

チケット情報

料金

S席・¥15,000 A席・¥12,000 B席・¥9,000(税込)
S席ペア・¥27,000 A席ペア・¥21,000 B席ペア・¥15,000(税込)

※オンラインチケットMY Bunkamuraではペア券のお取扱いはございません。一般発売<4/13>以降、電話及びカウンターのみでの取扱いとなります。

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※公演内容は都合により予告なく変更となる場合がございます。
※車椅子席はBBC Proms JAPAN 2019 事務局のみでのお取扱いとなります。
※BunkamuraでのDaiwaシート(\1,000)のお取扱いはございません。購入方法は9月上旬に公式ウェブサイトにてお知らせいたします。
※ラストナイトセット券の販売は終了いたしました。ご購入いただいたラストナイトセット券の発送は5月中旬頃の予定です。

MY Bunkamura先行販売

2019/04/03(水)

先着制

受付期間:4/3(水)10:00~4/10(水)23:59<先着制>
※1回の受付につき6枚まで。

オンラインチケット購入

一般発売

2019/04/13(土)

※オンラインチケットMY Bunkamuraではペア券のお取扱いはございません。
※1回の受付につき6枚まで。

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター<10:00~17:30オペレーター対応>
03-3477-9999

カウンターでのお申込み

Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura1F 10:00~19:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ2F 11:00~19:00>

インターネットでのお申込み(MY Bunkamura)

オンラインチケット購入

<その他プレイガイドでのお申込み>
お電話でのお申込み

●BBC Proms JAPAN 2019 事務局 0120-970-248(平日10:00~18:00)※オペレーター対応
●チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:143-768)※音声自動応答(24時間受付) ※火・水2:30~5:30を除く http://w.pia.jp/t/bbcpromsjp/

他 ローソンチケット、イープラスにて取扱い

お問合せ

BBC Proms JAPAN 2019 事務局 
電話:0120-970-248(平日10:00~18:00) Email:info@bbcproms.jp

20191103
20191103

ピックアップ