Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > コイケジュンコ展 メランコラージェニック

展覧会情報 | ギャラリー

コイケジュンコ展
メランコラージェニック

ページを印刷する

2021/9/8(水)~9/15(水)

紙をコラージュ。言葉のコラージュ。

『妄想ドレス 別冊マーガレット2010年7月号』(2021年制作) 
撮影:山中基嘉 モデル:それいゆ

言葉によって理解し合い、言葉がきっかけですれ違う。言葉に勇気をもらえ、傷つけられもする。便利なコミュニケーションツールのようでいて、謎を深めることもある。
「言葉」とは、確かで不確かなものである。

コイケジュンコは様々な紙をコラージュして「機能性のない服」を発表してきました。近年の代表作である漫画雑誌丸ごと一冊をドレスにトランスフォームさせる『妄想ドレス』はセリフもコラージュされ、観る者それぞれが文脈を想像・創造できる「読める服」にもなっています。

今回は、コイケ作品の中でも“言葉”が重要な役割を担っている作品を中心に展示いたします。言葉にまつわる様々なアプローチをお楽しみください。

 





《ワークショップ開催決定!》
『漫画のセリフで妄想ブローチを作ろう』 講師:コイケジュンコ
文脈から切り取られたセリフに宿る“含み”を探るコイケジュンコの妄想シリーズ。
その中の、漫画のセリフをカメオにしたフリルブローチ作品「妄想ブローチ」を作るワークショップです。
コイケジュンコが選りすぐりの漫画セリフをご用意しております。
大人に手伝ってもらいながらお子様も参加できるワークショップです。

【日時】9/11(土)、12(日) 各日13:00~17:00
【会場】Bunkamura Box Gallery内
【参加費】1,320円(材料費/税込)
【所要時間】30分程度
【受付】開催日時に直接会場にお越しのうえ、スタッフにお声掛け下さい。
※事前のご予約は不要です。
※随時受付をいたしますが、人数によりお待ちいただく場合がございます。

プロフィール
  • コイケジュンコ
    1974年生まれ。女子美術大学出身。
    方々で拾い・買い・貰い集めた強度の無い紙などで、非機能的だが実際に人間が着る事のできる原寸大の服・靴などを制作。総じて『HI-FUKU』(非服=「服に非らず」)と名付け、日常(ケ)に埋もれそうな「ハレ」を追い求めている。代表的な作品に、ティッシュのみで作られたドレス「100%カシミ屋」、月刊漫画雑誌一冊丸ごと使用した「妄想ドレス」などがある。
    また、ヨコハマトリエンナーレ2014にて森村泰昌氏が行ったラストパフォーマンス「Moe Nai Ko To Ba を燃やす」では「本の女神」の衣装で、h.NAOTOの2016SS東京コレクションにはヘアピース制作で参加とコラボレーションも多い。その他、じじばばをモチーフにした木版画なども制作・発表している。
    ただいま、「THEドラえもん展」にて森村泰昌氏とのコラボ作品が全国を巡回中。
作品紹介/スライドショー
  • 紙bukuroさん「自分のため。」
    (2018年制作)

  • となりのカフカくん「おとされるよろこび。」
    (2015年制作)

  • うしろのマチさん「吾は待つ。」
    (2017年制作)

概要

開催期間

2021/9/8(水)~9/15(水)

開館時間

10:00~19:00

会場

Box Gallery

主催

Bunkamura
NADiff modern

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

関連リンク

ピックアップ