Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 金子國義の世界

展覧会情報 | ギャラリー

金子國義の世界

ページを印刷する

2021/2/3(水)~2/14(日)

「初陣を飾る」 2001年 油彩

1960年代、高度経済成長の只中にあった騒然としつつも絢爛なる時代。世の中の全てが激変していくなか、澁澤龍彦や三島由紀夫らに見出され、寺山修司、四谷シモンといった日本の前衛芸術を切り開いた時代の寵児らとともにデビュー、美術界にセンセーショナルな衝撃をもたらした画家、金子國義。理性と狂気、そして激情の宿るその作品群は、絵画のみならず、写真や着物デザイン、舞台美術など、様々なジャンルを超えて熱狂的な支持を得てきました。

時代を駆け抜けた金子の疾走は、2015年3月、突然の終焉を迎えることとなります。それは、同年2月のBunkamura Gallery個展「美貌の翼」から1ヵ月後と、あまりに間もなき訃報となりました。ユニークな人間性と絶対的な美意識で人々を陶酔させた金子國義。美徳と悪徳、聖と邪、相容れない危うさの狭間にこそ人間本来の美しさを見出し、優美な作品へと昇華し描き出すその「美学」は、今もなお人々を魅了し続け、世界的な再評価の機運も熟されようとしています。

没後6年を迎える今展覧会では、美術界にデビューした60年代から晩年に至るまで、その全貌を垣間見ることのできる希少な油彩、ドローイング、版画作品を展示販売いたします。

徹底した美学を貫いた、可憐で聖なる背徳の世界をご覧ください。

作品紹介/スライドショー
  • 「聖なるかな」 2010年 油彩

  • 「石の花」 1989年 油彩

  • 「サイホン原理」 1989年 油彩

  • 「Catherine」 1996年 ドローイング

  • 「悪徳の栄え」 1996年 リトグラフ

概要

開催期間

2021/2/3(水)~2/14(日)

開館時間

※営業時間変更のお知らせ※
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、お客様ならびに従業員の健康と安全を考慮し、1/8(金)より当面の間、下記のとおり営業時間を変更させていただきます。
■営業時間:10:00~18:30
※ソーシャルディスタンスを保つため、混み合っている場合はご入店をお待ちいただく場合がございます。

会場

Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ