Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > アリス幻想綺譚2019 ―アリスとファンタジーの普遍的概念

展覧会情報 | ギャラリー

アリス幻想綺譚2019
―アリスとファンタジーの普遍的概念

ページを印刷する

2019/2/15(金)~2/27(水)

不思議で可愛らしく、時には怖い…不条理と幻想のアリス・イン・ワンダーランド

清水 真理

 言わずと知れた世界的名作、『不思議の国のアリス』。原作は、著者ルイス・キャロルが知人の子である当時10歳のアリスのために作った即興のおとぎ話を元に誕生しました。突然現われる正体不明の登場人物や、意味が分かるようで分からない言葉。夢とユーモアに溢れながらも入り乱れる謎や不条理。得体知れずにして奇妙なまでに生々しいそれらは、非現実ではなく、実は子供の目線ではリアルな現実なのです。

 何ものにもとらわれない自由な発想から生まれたファンタジーと捉える人もいれば、理路整然と秩序が貫かれた論理学の書と評する人さえいる、『不思議の国のアリス』。この不思議な物語は、1865年の刊行から現在まで子供・大人を問わず常識や習慣が通じない迷宮の世界へ誘い、謎を問いかけます。この問い掛けにこそ、多くのジレンマを持つ現代人が求める、社会的モラルから決して得ることが出来ない各々のピュアな解答が秘められているのかも知れません。

 今回は、アリス自身の持つ永遠の少女性(「アリス」と言う名称から想像・連想し得る観念的なアイコン)と同時に、少女とファンタジーから成り立つ普遍的な共有概念も視野に入れた世界観をテーマに、30余名の作家それぞれが独自の解釈・技法により表現した作品を展開いたします。

 

<参加予定作家>

【平面】味戸ケイコ、東逸子、イヂチアキコ、小川香織、金子國義、北見隆、黒木こずゑ、寒河江智果、新宅和音、高田美苗、たま、友沢ミミヨ、トレヴァー・ブラウン、中村キク、七菜乃、西塚em、丹羽起史、長谷川友美、深瀬優子、森ヒロコ、山本タカト

【立体】清水真理、垂狐、高齊りゅう、衣、陽月、ホシノリコ、三浦悦子、村上仁美、森馨、吉田良、Chong Yang-Hee、Kim Yoon-Ok、Sera、Shin Jung-Mi、 Sooya、 Ji Hye-Jung

 

<作品購入に関するご注意>
作品のご予約は受付いたしておりません。
初日2/15(金)の開館時、作品ご購入希望の方へ先着順に整理券を配布いたします。
整理券番号順にご購入のお手続きをさせていただきます。
※整理券1枚につき1作品までのご購入に限ります。
※初日9:45頃、Bunkamura正面入口前に先着順でご整列いただき、10:00の開館時にギャラリーまでご誘導いたします。

作品紹介/スライドショー
  • トレヴァー・ブラウン

  • 衣 (Hatori)

  • たま

  • 長谷川 友美

  • 高田 美苗

概要

開催期間

2019/2/15(金)~2/27(水)

開館時間

10:00~19:30

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ