ホーム > ゴースト・トロピック
PAGE PRINT

ゴースト・トロピックGhost Tropic

PG12

2/2(金)よりロードショー
◆終映日未定
会場:Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下
※渋谷駅前 東映プラザ内に移転し営業しております。
Bunkamuraはオーチャードホールを除き長期休館中です。

©︎ Quetzalcoatl, 10.80 films, Minds Meet production

カンヌ、ベルリンで連続受賞の快挙
現代のヨーロッパ映画シーンで最も重要な若手作家の一人
ベルギーの映画監督バス・ドゥヴォス、最新2作『Here』『ゴースト・トロピック』が日本公開!

2014年に長編第1作を発表して以来、わずか数年でベルリン、カンヌをはじめとする映画祭から熱い注目を集めているベルギーのバス・ドゥヴォス監督。1983年生まれのドゥヴォスは、これまでに長編4作品を監督。いずれも多言語・多文化が共生し「ヨーロッパの縮図」とも言われるベルギーにおいて、現代社会では見落とされてしまう些細な日常の断片をすくい上げて描くスタイルが特徴的だ。16mmフィルムの淡い美しさをたたえたスタンダードサイズの映像と、唯一無二のサウンドスケープを響かせるギター、ゆるやかに展開してゆく物語に身を委ねると、ふだんは見落としがちな、人のさりげない優しさや思いやりに気づかせてくれる。

真夜中の一期一会

2014年に長編第1作を発表して以来、わずか数年でベルリン、カンヌをはじめとする映画祭から熱い注目を集めているベルギーのバス・ドゥヴォス監督。1983年生まれのドゥヴォス監督は、これまでに長編4作品を監督。2019年にカンヌ国際映画祭監督週間に正式出品された長編第3作目『ゴースト・トロピック』のストーリーは、長い一日の仕事終わりに最終電車で眠りに落ちてしまった掃除婦のハディージャが、寒風吹きすさぶ真夜中のブリュッセルを徒歩で彷徨い、予期せぬ人々との出会いを通して家に戻ろうとする——というもの。スタッフは最新作『Here』とほとんど変わらず、『Here』でも静謐で温かみのある楽曲を提供したブレヒト・アミールのギターの旋律が予告編でも印象的だ。キャストでは『Here』で主人公のシュテファンを演じたシュテファン・ゴタが警備員の役で出演している。

 

全編を通して夜が舞台となっているが、撮影では光感度の高いデジタルカメラを使用せず、粒子の荒い16mmカメラを使用し、暗闇の中にも柔らかさと温かみをもたらすことに成功している。撮影監督を務めたのは、『Here』同様にグリム・ヴァンデケルクホフで、昨年末にロッテルダム映画祭から第5回ロビー・ミュラー賞を授与されたばかり。ヴィム・ヴェンダース、ジム・ジャームッシュ、ラース・フォン・トリアーといった個性派監督の常連だった撮影監督の名前を冠した同賞は、ミュラーの精神を受け継ぎ、レンズの向こう側で働くアーティストの技術に敬意を表するもの。予告編では、濱口竜介監督の『偶然と想像』で撮影監督を務めた飯岡幸子氏からも「今夜はこの人の傍にいてみましょう、とでもいうように夜を渡るカメラは、誰も見ることが出来るはずのない横顔を、それは美しかったと静かに教えてくれる」という推薦文が寄せられた。

20年近くブリュッセルに暮らしているドゥヴォス監督は、多言語・多文化が共生するブリュッセルの街を「ヨーロッパの縮図」として捉えており、社会的には決して目立つ存在ではないが、あえてハディージャのような女性を主人公にし、彼女と出会う人々の<真夜中の一期一会>を描くことで、「ブリュッセルに暮らす女性の肖像画のような作品を作りたかった」と海外のインタビューで語っている。

 

バス・ドゥヴォス(Bas Devos)監督

1983年生まれ。ベルギー・ズーアーセル出身。長編第1作『Violet』が2014年ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で審査員大賞を受賞。続く長編第2作『Hellhole』も2019年の同映画祭パノラマ部門に選出されると、カンヌ国際映画祭監督週間では長編3作目『ゴースト・トロピック』が正式出品となる。最新作『Here』は2023年のベルリン国際映画祭エンカウンターズ部門の最優秀作品賞と国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI賞)の2冠に輝く。


【2/2(金)同時公開】

『Here』

第73回ベルリン国際映画祭エンカウンターズ部門最優秀作品賞&国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI賞) ダブル受賞

「この」瞬間、「この」場所で、「この」偶然を

誰の目にも触れない、植物学者と移民労働者が織りなす、些細で優しい日常の断片。
他者と出会うことの喜びが、観る者の心をしずかに震わせる。
バス・ドゥヴォス監督がその祝祭的世界観をさらに飛躍させた最新作。

ブリュッセルに住む建設労働者のシュテファンは、アパートを引き払い故郷のルーマニアに帰国するか悩んでいる。姉や友人たちにお別れの贈り物として冷蔵庫の残り物で作ったスープを配ってまわる。出発の準備が整ったシュテファンは、ある日、森を散歩中に以前レストランで出会った女性のシュシュと再会。そこで初めて彼女が苔類の研究者であること知る。足元に広がる多様で親密な世界で2人の心はゆっくりとつながってゆく。

<詳細はこちら>

監督・脚本
バス・ドゥヴォス
撮影
グリム・ヴァンデケルクホフ
音楽
ブレヒト・アミール
音響
ボリス・デバッケレ
キャスト
サーディア・ベンタイブ、マイケ・ネーヴィレ、ノーラ・ダリ、シュテファン・ゴタ、セドリック・ルヴエゾ
作品情報
2019年/ベルギー/フランス語/84分/DCP(16mm撮影)/PG12
受賞
ノミネート
第72回カンヌ国際映画祭監督週間 正式出品
配給
サニーフィルム
  • チケット先行販売
  • 年会費無料

公式サイトはこちら

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2024年2月22日 現在)

平日(毎月1日・毎週火曜は除く)

15:40

○

19:30

○

土日祝

15:40

△

19:30

○

サービスデー(毎月1日・毎週火曜)

15:40

△

19:30

○

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

『ゴースト・トロピック』
◆終映日未定◆
[2/23(金・祝)〜2/29(木)]
 15:40 / 19:30~(終)21:10
※3/1(金)以降の上映スケジュール未定

概要

料金

一般¥1,900 学生¥1,500(平日は学生¥1,200) シニア¥1,200 小・中・高校生¥1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日は¥1,200(税込)均一】

株主優待券は2/5(月)よりご利用いただけます。

チケットガイド

会場

Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下

東京都渋谷区渋谷1-24-12 渋谷東映プラザ 7F&9F(1F:チケットカウンター)

アクセス

※渋谷駅前 東映プラザ内に移転し営業しております。
Bunkamuraはオーチャードホールを除き長期休館中です。

Pickup
PAGE TOP