Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > 在りし日の歌

上映作品情報 | ル・シネマ

在りし日の歌

So Long, My Son

ページを印刷する

2020年4/3(金)よりロードショー

©Dongchun Films Production

「涙溢れるラスト!心に深く訴える傑作。」──ガーディアン
変貌し続ける社会の片隅で──喜びも悲しみも分かち合い、時を重ねる夫婦30年の物語

国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で幸せに暮らしていた。大切な一人息子シンシンを失うまでは……。乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷を捨て、親しい友と別れ、見知らぬ町へと移り住む。やがて時は流れ──。改革開放後、 "一人っ子政策"が進む1980年代、経済成長を遂げてきた1990年代、そして2010年代…喜びと悲しみ、出会いと別れを繰り返し、それでも共に生きていく夫婦の姿を、激動の中国を背景に映し出す。大きく変貌する社会の片隅で、懸命に生きる市井の人びとを優しい眼差しで描き出した、壮大な叙事詩と呼ぶべき傑作が誕生した。

ベルリン国際映画祭最優秀男優賞&女優賞ダブル受賞の快挙!
中国映画界の名匠ワン・シャオシュアイが織り成す、珠玉の人間ドラマ

30年に及ぶ夫婦の絆を『薄氷の殺人』のワン・ジンチュンと、『黒衣の刺客』のヨン・メイが熱演。長年連れ添った夫婦の内面的な変化までをも繊細に演じ切り、「観終えたあと、彼らと長い時間を共に過ごしたかのような親密な気持ちになる。素晴らしい演技力!(ガーディアン紙)と世界も絶賛。見事、ベルリン国際映画祭最優秀男優賞、最優秀女優賞をダブル受賞する快挙を成し遂げた。監督は中国第六世代を代表するワン・シャオシュアイ。本作で3度目となるベルリン国際映画祭銀熊賞に輝き、名匠としての地位を確固たるものにした。また『冬の小鳥』『ポエトリー アグネスの詩』などで知られるキム・ヒョンスクが撮影を手がけ、壮大な中国の風景と、日常の美しい瞬間を鮮やかに切り取っている。

 

ーーーーー

変わることのない友情を歌う「蛍の光」

日本では卒業式の定番曲としても親しまれる「蛍の光」。本作の劇中、ノスタルジックな旋律に乗せて中国語歌詞で歌われるのは、"時が流れても変わらない友情や愛情"。時代に翻弄され、心許せる友や最愛の息子との別れを経験しながら歳を重ねる主人公たちを、希望へ導くかのように優しく響き渡る。

監督
ワン・シャオシュアイ
キャスト
ワン・ジンチュン、ヨン・メイ
作品情報
2019年/中国/185分
受賞
ノミネート
第69回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(男優賞・女優賞)W受賞
配給
ビターズ・エンド

チケット好評販売中!

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

公式サイトはこちら

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2020年4月2日 現在)

平日(毎月1日・毎週火曜は除く)

 10:20

 13:50

 18:00

サービスデー(毎月1日・毎週火曜)

 10:20

 13:50

 18:00

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

---------------―
4/4(土)、4/5(日)、4/11(土)、4/12(日)は休館いたします。
4/3(金)~当面の間、19:00以降開始の上映を休止いたします。
---------------―
『在りし日の歌』
◆4/3(金)よりロードショー!
[~4/16(木)]
連日…10:20 / 13:50 / 18:00~(終)21:15
※4/17(金)以降の上映時間未定

概要

一般・\1,800 学生・\1,500 (平日は学生・\1,200) シニア・\1,200 小・中・高校生\1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は\1,200(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20200403, 20200406, 20200407, 20200408, 20200409, 20200410, 20200413, 20200414, 20200415, 20200416, 20200417, 20200418, 20200419, 20200420, 20200421, 20200422, 20200423, 20200424, 20200425, 20200426, 20200427, 20200428, 20200429, 20200430
20200403
20210402

ピックアップ