Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > Bunkamura30周年記念 冬時間のパリ

上映作品情報 | ル・シネマ

Bunkamura30周年記念
冬時間のパリ

Non-Fiction

ページを印刷する

12/20(金)よりロードショー

©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME

冬のパリ。縺れて、こんがらがった二組の夫婦の愛の行方は──
時の流れとともに、変わりゆくもの、変わらないもの──それは何?

敏腕編集者のアランは電子書籍ブームが押し寄せる中、なんとか時代に順応しようと努力していた。そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。内心、彼の作風を古臭いと感じているアランだが、女優の妻・セレナの意見は正反対だった。そもそも最近、二人の仲は上手くいっていない。アランは年下のアシスタントと不倫中で、セレナの方もレオナールと秘密の関係を結んでいるのだった…。

「互いの関係に新たな意義を見出し、受け入れ合う夫婦を語りたいと思った」──オリヴィエ・アサイヤス(監督)

 『夏時間の庭』『アクトレス 女たちの舞台』などで知られるフランスの名匠オリヴィエ・アサイヤスの最新作は、エリック・ロメールの『木と市長と文化会館/または七つの偶然』に着想を得た彼の新境地ともいえる作品。是枝裕和監督の『真実』も話題のジュリエット・ビノシュ、ギョーム・カネ、ヴァンサン・マケーニュなどフランスを代表するスターがタッグを組み、迷える男女の愛の行方とパリの出版業界を共鳴させつつ、洗練された会話とユーモアで活写していく。魅力的な冬のパリを背景に、食べて、飲んで、愛して、会話する。ウディ・アレン作品を思わせるような、〈フランス的、人生の愉しみ方〉がたっぷりと詰まった小粋で洒脱な大人のラブストーリー。

監督・脚本
オリヴィエ・アサイヤス
キャスト
ジュリエット・ビノシュ、ギョーム・カネ、ヴァンサン・マケーニュ、クリスタ・テレ、パスカル・グレゴリー
作品情報
2018年/フランス/107分/原題:DOUBLES VIES
受賞
ノミネート
第75回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門正式出品

公式サイトはこちら

上映スケジュール

『冬時間のパリ』
◆12/20(金)よりロードショー!
[12/20(金)~12/26(木)]
連日...10:20 / 12:40 / 15:00 / 17:20 / 19:25~(終)21:30
※17:20の回は予告3分
※12/27(金)以降上映時間変更の可能性あり
※12/31(火)は最終回休映、1/1(水・祝)は休館

概要

前売り券情報

特別鑑賞券1,500円(税込)
劇場窓口にて特別鑑賞券をお買い求めの方に、オリジナルトートバッグをプレゼント!(非売品・限定数)
※特別鑑賞券をお持ちの方も窓口にて座席指定券と引換が必要です

一般・\1,800 学生・\1,500 (平日は学生・\1,200) シニア・\1,200 小・中・高校生\1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は\1,200(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20191220, 20191221, 20191222, 20191223, 20191224, 20191225, 20191226, 20191227, 20191228, 20191229, 20191230, 20191231, 20200102, 20200103, 20200104, 20200105, 20200106, 20200107, 20200108, 20200109, 20200110, 20200111, 20200112, 20200113, 20200114, 20200115, 20200116
20191220
20201211

ピックアップ