ホーム > セシオン杉並 オープニングシリーズ セシオン杉並 Meet The Artists vol.2野村萬斎・野村裕基 狂言の世界
PAGE PRINT

セシオン杉並 オープニングシリーズ セシオン杉並 Meet The Artists vol.2野村萬斎・野村裕基 狂言の世界

2024/3/24(日)15:00開演(14:30開場)
会場:セシオン杉並(ホール)
※東京メトロ丸ノ内線「東高円寺駅」徒歩5分、「新高円寺駅」徒歩7分

 

※チラシ画像はこちら(表面/裏面)

セシオン杉並 Meet The Artists シリーズ第二弾は野村萬斎&野村裕基による親子競演!

 

“本物のアーティストと出会える原体験を”提供すべく、リニューアルオープンしたセシオン杉並(東高円寺)にて来年2月よりスタートする《Meet The Artistsシリーズ》。
大規模改修工事を終え、杉並区の新たな文化芸術の発信拠点として「座席数491席」という贅沢な環境に生まれ変わった劇場を舞台に、オープニングシリーズの第2回目となる「野村萬斎・野村裕基 狂言の世界」では、今では子どもから大人までその名を知る人気俳優であり、演出家としても活躍する大人気狂言師の野村萬斎・野村裕基親子による狂言公演を開催します。

演目は、子煩悩な鬼の姿を描いた「首引(くびひき)」と、とんち話でも有名な茶目っ気たっぷりの太郎冠者と次郎冠者の活躍が見どころの「附子(ぶす)」。古典芸能でありながらも笑いを通じて現代でも共感できるような、人間の持つ日常の普遍的なおかしさを描き出す狂言の世界をお届けいたします。上演前には、野村萬斎によるわかりやすい解説があり、狂言に馴染みのない方でも子供から大人まで安心してご鑑賞いただけます。

脈々と受け継がれる“笑い”の芸術を、ぜひお楽しみください。

 

▼▼ 一般チケット販売 ▼▼
オンラインチケットMY Bunkamura(※コンビニ発券のみ)
セシオン杉並総合案内 9:00~20:00 (※店頭のみ、現金のみ)

※発売初日(12/1)は 10:00 からの販売となります。

●一般チケット
6,000円(税込)

※オンラインチケットMY Bunkamura(※コンビニ発券のみ)、または、セシオン杉並総合案内(※店頭のみ、現金のみ)での取り扱いとなります。
※Bunkamuraチケットセンター、東急シアターオーブチケットカウンター、お電話での取り扱いはございません。
※1回の受付につき4枚までの購入と限らせていただきます。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

 

▼▼ 杉並区民向け 限定チケット販売 ▼▼
セシオン杉並総合案内 9:00~20:00  (※店頭のみ、現金のみ)

※発売初日(12/1)は 10:00 から販売となります。

●ワークショップ付杉並親子ペアチケット  >>> 終了しました <<<

公演本番前に万作の会の若手狂言師によるワークショップに参加できる枚数限定チケットです。
料金:9,000円(区内在住の小学生以上~高校生以下の子どもとその保護者のペア)
★ワークショップは、13:00~14:00(12:45集合)を予定しています。

※お一人様1ペアまでの購入と限らせていただきます。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※セシオン杉並総合案内 店頭のみ、現金のみでの取り扱いとなります。
※チケット購入の際、杉並区の本人住所確認書類(免許証、保険証等)のご提示が必要です。

●杉並親子ペアチケット  >>> 終了しました <<<

親子ペアで一般チケットより割安で購入できる枚数限定チケットです。
料金:9,000円(区内在住の小学生以上~高校生以下の子どもとその保護者のペア)

※お一人様1ペアまでの購入と限らせていただきます。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※セシオン杉並総合案内 店頭のみ、現金のみでの取り扱いとなります。
※チケット購入の際、杉並区の本人住所確認書類(免許証、保険証等)のご提示が必要です。

 

セシオン杉並 Meet The Artists vol.1
「千住真理子トーク&コンサート」
≫≫≫ 詳細はこちら ≪≪≪ 

 

※ 東急文化村は2023年4月より、株式会社東急コミュニティーおよび協和産業株式会社と連携し、東京都杉並区「杉並区立社会教育センター及び高円寺地域区民センター複合施設(愛称 :セシオン杉並) 」 の指定管理者業務を受託いたしました。

  • 野村萬斎 プロフィール
    1966年生。祖父・故六世野村万蔵及び父・野村万作に師事。重要無形文化財総合指定
    保持者。東京藝術大学音楽学部卒業。「狂言ござる乃座」主宰。国内外で多数の狂
    言・能公演に参加、普及に貢献する一方、現代劇や映画・テレビドラマの主演、舞台
    『敦―山月記・名人伝―』『国盗人』『子午線の祀り』能狂言『鬼滅の刃』『ハム
    レット』など古典の技法を駆使した作品の演出など幅広く活躍。各分野で非凡さを発
    揮し、狂言の認知度向上に大きく貢献。現代に生きる狂言師として、あらゆる活動を
    通し狂言の在り方を問うている。94年に文化庁芸術家在外研修制度により渡英。芸術
    祭新人賞・優秀賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、朝日舞台芸術賞、紀伊國屋演劇
    賞、毎日芸術賞千田是也賞、読売演劇大賞最優秀作品賞、観世寿夫記念法政大学能楽
    賞、松尾芸能賞大賞を受賞。石川県立音楽堂邦楽監督。東京藝術大学客員教授。(公
    社)全国公立文化施設協会会長。
  • 野村裕基 プロフィール
    1999年生。野村萬斎の長男。祖父・野村万作及び父に師事。慶応義塾大学法学部卒
    業。能楽協会会員。3歳の時に『靱猿』で初舞台後、子方として国内外で多数の舞台
    に出演。修業を続け、『三番叟』『奈須与市語』『釣狐』を披き、「万作の会」の若
    手狂言師の一人として舞台を勤めている。2023年3月には世田谷パブリックシアター
    『ハムレット』でタイトルロールを演じ、活動の場を広げている。
  • チケット先行販売
  • 年会費無料

チケット好評販売中!

オンラインチケット購入

公式サイトはこちら

概要

曲目・演目

解説:野村萬斎
小舞「大原木(おはらぎ)」
狂言「附子(ぶす)」
主人が家来の太郎冠者と次郎冠者に留守番を言いつけ、桶の中に附子という猛毒が入っているので決して近づかないように、と言い残し出かける。附子が気になって仕方がない二人は、こわごわ様子を探ると、中身の正体は実は砂糖!二人は夢中になって全部食べてしまう。言い訳の方法を考えた二人は…。とんち話でも有名な、狂言の代表的なお話です。茶目っ気たっぷりの太郎冠者と次郎冠者の活躍が見どころです。

狂言「首引(くびひき)」
播磨国の印南野を通りかかった鎮西八郎為朝の前に鬼が現れる。娘の姫鬼に人の食い初めをさせたいという鬼に、為朝は、姫と勝負して負けたら食われようと提案する。親鬼は恥ずかしがる姫を説得して腕押し・すね押しをさせるが、豪傑無双の為朝にはかなわない。苦戦する我が子に気が気でない親鬼は、ある策を思いつき…。
源為朝は源頼朝や義経の叔父にあたり、保元の乱の活躍で高名な武将です。豪胆な英雄に対し、可憐な姫鬼を華麗かつ懸命に応援する親鬼。人以上に子煩悩な鬼の姿に、思わず顔がほころびます。さて、この勝負の行方は?

出演

野村萬斎、野村裕基 ほか

公演日程

2024/3/24(日)15:00開演(14:30開場)

会場

セシオン杉並(ホール)

東京都杉並区梅里1丁目22−32

アクセス

※東京メトロ丸ノ内線「東高円寺駅」徒歩5分、「新高円寺駅」徒歩7分

[主催]
東急コミュニティー・東急文化村・協和産業共同事業体

[企画制作]
Bunkamura

チケット情報

料金

一般:6,000円(税込)

※MY Bunkamuraでは「ワークショップ付杉並親子ペアチケット (9,000円)」「杉並親子ペアチケット(9,000円)」の取り扱いはございません。(セシオン杉並総合案内 店頭のみ、現金のみでの取り扱い)
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※やむを得ない事情により、出演者・演奏曲目・曲順などが変更となる場合がございます。
※営利目的でのチケットの購入、並びに転売は固くお断りいたします。
※公演中止、または、主催者がやむを得ないと判断する場合以外のチケットの払い戻しはいたしません。

一般発売

2023/12/1(金) 10:00~

枚数制限

※お一人様につき4枚まで。

チケット取扱い

Bunkamuraでのお申込み
お電話
※お取り扱いはございません。
チケットカウンター
※お取り扱いはございません。
インターネット

チケットガイド

その他プレイガイドでのお申込み
店頭

セシオン杉並総合案内(9:00~20:00) 

※休館日:毎月第二木曜日
※お取り扱いは現金のみ。

お問合せ

セシオン杉並総合案内 03-3317-6611 <受付時間:9:00~21:00> ※休館日:毎月第二木曜日
▶▶ 東京都杉並区梅里1丁目22−32

Pickup
PAGE TOP