Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 三浦悦子展 Trajectory (あしあと) 1998-2021

展覧会情報 | ギャラリー

三浦悦子展
Trajectory (あしあと) 1998-2021

ページを印刷する

2021/6/9(水)~6/20(日)

「蜃気楼のはざま」
2017年 石塑粘土、プラ板、市販の模型、額、ビロード

少女の身体は痛々しく傷を負い、
擬人化されたウサギはうつろな瞳で問いかける。

生々しく晒された自らの身体と向き合い、葛藤し幾度となく否定し続け、
そんな羞恥心はやがてありのままを曝け出す強くも儚い自負に置き換えられていく。

造形的なマニエリスムから醸し出す経験したことのない異様な世界を
痛烈なまでにダイレクトに表現する作家三浦悦子。

仄暗い闇の中に佇みいくつかの病根の中に見え隠れする禁断と欲望の両義性を
異様なまでの執着と反復によって一つの枠の中に存在させる。

そんな矛盾が生み出す異世界を前に、人々は呆然と立ち竦み、怯え、惹かれ、震え、そして壊れそうなほどの純粋な追体験に巻き込まれる。

今展では、長らくのテーマであった「母への悲壮感」や「母に捧げる鎮魂」といった独自の個性から形成された作品群を中心に1998年から現在までの新旧作を展示、約20年の軌跡を辿りその全貌に迫ります。

三浦の創り出す、限りなくピュアな精神性を持ち、どこまでも不可侵な処女性像を纏った少女たちの聖域にぜひお立ち寄りください。

 

【WS開催決定!!】

人気造形作家三浦悦子によるWSを開催!!
作家自らの直接指導により、「ウサギBOX」を製作いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

作品紹介/スライドショー
  • 「黒ウサギの憂鬱」
    2021年 石塑粘土、人形髪、ウサギ毛、革、その他

  • 「草迷宮」
    2018年 石塑粘土、硝子目、髪、木材

  • 「ウサギとちくちく」
    2018年 石塑粘土、木箱、歯車、包帯

  • 「琴の葉」
    2015年 石塑粘土、ハープ、楽譜、時計歯車

概要

開催期間

2021/6/9(水)~6/20(日)

開館時間

10:00~19:00 ※最終日は17:00まで

会場

Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ