Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 想起された情景 -あの時の記憶、その時を記録-

展覧会情報 | ギャラリー

想起された情景
-あの時の記憶、その時を記録-

ページを印刷する

2020/12/2(水)~12/9(水)

佐藤 令奈
「やわらかい あたたかい」
油彩・キャンバス

ぼんやり脳裏に残っている忘れられない日の光景や、

しっかりと覚えている柔らかな感触など、

過去の情景や体験を独自に解釈し、

人々の心を揺さぶる作品を描く作家6名のグループ展を開催いたします。

 

五感を通し我々の記憶や記録を蘇らせるかのように、

時に暖かく時に儚い

そんな純粋無垢な作品を集め、

誰しもが持つ心の奥底に眠る感情を探し出すような空間をご覧いただきます。

 

各々の作風も柔らかなタッチや、温かみのある色彩・技法を用い

どこか安心感を与え、人々の心にすっと馴染んでいきます。

ただ、そこから生まれる感情は三者三様。

優しさや怖さなど人それぞれのあの時を感じて頂きます。

 

心の奥底に眠る自らの記憶と重ね合わせ是非ご覧ください。

プロフィール
  • 今村 仁
    1971年 東京生まれ
    1993年 TSA (東京芸術専門学校) 研究科卒業
    1997年 BゼミSchooling System修了

    【主な個展】
    1995年・1998年 ギャラリー21+葉 東京
    1996年 TSAギャラリー(東京芸術専門学校内) 東京
    2006年 ギャラリー榧(熊谷守一美術館内) 東京
    2008年 あきる野ふるさと工房ギャラリー 東京
    2009年 ギャラリーニモード 東京
    2011年 PLAZA GALLERY 東京
    2011年・2014年 GALLERY TURNAROUND 仙台
    2012年 VFX Studio LOOP HOLE 東京 
    2015年 T&Sギャラリー(朋優学院高等学校内) 東京

    【主なグループ展】 
    1996年 灰塚アースワークプロジェクト/パフォーマンス(三良坂町)広島
    1997年 〈所有〉の所在展(三鷹市美術ギャラリー)東京
    2002年 斎藤義重と教育展(朋優学院高等学校内)東京
    2006年~2009年 絵をかく人々のチャリティー展(ギャラリーかれん)横浜
    1996年~2009年 「表現される現在」展(T&Sギャラリー/ギャラリーK)東京
    2009年 東京コンテンポラリーアートフェアTCAF2009(東京美術倶楽部)東京
    2011年 今年描いた絵(ギャラリーかれん)横浜
    2012年 「カワラボ!×10」展(GALLERY 7)東京
    2013年~2016年 せんだい21アンデパンダン展 仙台
    2014年 『きたかぜとたいよう』展 (GALLERY TURNAROUND)仙台
    2015年 ループホール10周年記念展The first decade of LOOP HOLE (LOOP HOLE)東京
    2016年 表現の現場-軌跡と創造-展 (朋優学院高等学校)東京
    2017年/2018年 木曽ペインティングス (美しき里わんぱく村)長野
    2017年/2018年 本を、つくってみたARTISTS’BOOK EXHIBITION(NADiff, void+,
    TURNAROUND,LOOP HOLE) 仙台・東京
    2019年 東京インディペンデント 2019(東京藝術大学大学美術館 陳列館)東京
    2019年 KAREN'S COOKIES (ギャラリーかれん)横浜
  • カロリーナ・ラケル・アンティッチ
    1970年 アルゼンチン・ロザリオ生まれ。
    1990年代後半よりイタリア・ヴェニスを拠点に制作活動を行なう。
    2005年にイタリア若手芸術家賞を受賞、第51回ヴェニスビエンナーレ出展。

    以降国際的な注目を集め、ニューヨーク、ミラノ、ロンドン、東京等で個展開催。初々しい少年少女たちの姿を繊細なタッチで描いた作品が特徴的で、近年は絵画の他に磁器による彫刻作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
  • 北村 奈津子
    1982年 宮城県生まれ
    2006年 多摩美術大学 絵画学科 油画専攻 卒業
    2014年~2018年 多摩美術大学(油画専攻)非常勤講師

    【主な個展】
    2004年 「退職したら牧場を営むのが夢の男とその部屋」(humanite lab vol.1)
    ギャルリー東京ユマニテ
    2006年 「Agri-House アスパラガスの誤解」 ギャルリー東京ユマニテ
    2008年 「Hanging」 ギャラリー椿(東京)
    2009年 「Swimming Pool」ギャルリー東京ユマニテ
    2010年 「ハレの日の記憶」 ギャルリプチボワ(大阪)
    ギャラリー椿(東京)
    2011年 「ある日の庭で」 ギャルリプチボワ(大阪)
    2012年 「ある日の庭で」 ギャラリーヤマト(東京) OFFICE FUKUTOME 企画
    「快適なる 1/3 の人生の為の羊」 ギャラリー椿(東京)
    2014年 「制作。時々、パン」 ギャルリプチボワ(大阪)
    「ある願望のかたち」 ギャラリー椿(東京)
    2014~2015年 「人のうつわ」 代官山蔦屋 Anjin(東京)
    2016年 「そこに山があるから被る」 ギャラリー椿(東京)
    ギャルリプチボワ(大阪)
    2017年 「ゆとりのある教育」 銀座幸伸ギャラリー(東京)OFFICE FUKUTOME 企画
    2018年 「Strange of Happiness」 ギャラリー椿(東京)
    ギャルリプチボワ(大阪)
    2020年 「夢ばっかみてる」ギャラリー椿(東京)

    【主なグループ展】
    2009年 「ゆらめく日常アートの交差展~新進アーティストの視点~」郡山市立美術館 「里山アート動物園」 まつだい農舞台(新潟)
    2018年 「アニマル Exhibition」 渋谷Bunkamura Gallery (東京)
    2020年 「現代作家が描く クレパス画」展 参加 主催:サクラアートミュージアム
  • 佐藤 令奈
    1984年 東京都生まれ
    2008年 多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業
    2020年 愛知県立芸術大学 大学院 美術研究科 油画専攻 修了

    【受賞歴】
    2008年 トーキョーワンダーシード 入選
    2009年 トーキョーワンダーウォール賞 受賞
    2015年 南京国際美術展 入選」
    2018年 (財)神山財団芸術支援プログラム 第5期生

    【主な個展】
    2008年 「肌の温度」(Gallery Art Composition, 東京)
    2010年 「トーキョーワンダーウォール都庁 2009」(東京都庁, 東京)    
    「東アジア共同プロジェクト 佐藤令奈展」(PHILIP KANG GALLERY, ソウル, 韓国)
    2011年 「Baby, born from mother」(銀座三越, 東京)
    2012年 「BABIES」(Gallery Bundo, 大邱, 韓国)
    2017年 「Slightly but quite different」(Gallery KIDO Press, 東京)2018年 「體溫物語 Story of Skin」(Shun Art Gallery,上海, 中国)

    【主なグループ展】
    2020年 「命の力― Power of Life ―」(Shun Art Gallery, 東京)
    2019年 「佐藤国際文化教育財団 第28回奨学生美術展」(佐藤美術館, 東京)
         「Lovers」(Gallery Seek, 東京)
    2018 年「若葉集」(藍頂美術館, 四川, 中国)
    2015 ・ 2017年「中之条ビエンナーレ」(中之条, 群馬)
    2014年 「肌の秘密 藤田嗣治×佐藤令奈」(銀座三越, 東京) 
    2013 年「Body: Glimpses of Nature of Mind」(Shun Art Gallery, 上海, 中国)
    2010年 「ロストジェネレーション 僕たちのわすれもの」(Bunkamura Gallery, 東京)
    2009年 「トーキョーワンダーウォール公募 2009 入選作品展」(東京都現代美術館, 東京)
    アーティスト イン レジデンス
    2018年 Tigger House(上海, 中国)にて滞在制作
    2013年 Shun Art Gallery(上海, 中国)にて滞在制作
  • トイ ヒロユキ
    1981年 大阪府出身
    2000年 高校を卒業後、絵画技法を独学
    【主な個展】
    2009年 個展「seuzau」/ Tezukayama gallery
    2018年 プチ個展「トイシキ」/ HMV & BOOKS HIBIYA COTTAGE
    【主なグループ展】
    2009年 SIX SENSES / Tezukayama gallery
    2009年 ART OSAKA '09 / 堂島ホテル (Tezukayama gallery)
    2009年 TOKYO CONTEMPORARY ART FAIR '09 / 東美アートフォーラム (Tezukayama gallery)
    2009年 OSAKA ART COMPLEX vol.2 / cafe bar ELIXIR (Tezukayama gallery)
    2010年 OSAKA ART NOW / 代官山ヒルサイドテラス (Tezukayama gallery)
    2010年 GALLERY'S RECOMMENDED YOUNG ARTISTS / Tezukayama gallery
    2010年 ロストジェネレーション - 僕たちのわすれもの - / Bunkamura Gallery (Tezukayama gallery)
    2013年 TAGBOAT@Bunkamura / Bunkamura Gallery
    2017年 ネクスト・ジェネレーション - 次世代の気鋭アーティスト - / Bunkamura Gallery

  • 樋口 佳絵
    1975年 仙台市生まれ、仙台在住。
    東北生活文化大学卒業

    【主な個展】
    2002年 宮城県美術館・公開制作「つくる私を描く私」
    2005年 「NE-blood vol,16 樋口佳絵展」(リアスアーク美術館、宮城、気仙沼市)
         「24℃」APS 西村画廊(東京) ʻ07 年 ,ʻ09 年
    2011年 「針がとぶ」KIDO Pres,Inc.(東京)
    2012年 「Iʼ m here.」ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
    2013年 「樋口佳絵展@軽井沢現代美術館」軽井沢現代美術館(長野) ʻ15 年
    2015年 「ねこの月、佳日」喫茶 cart a(岩手) ~2020 年
    「ぱんぱかぱーん」TURNAROUND(宮城、仙台)
    2016年 「フラフープ論」Cyg art gallery+喫茶 carta( 岩手 )
    2017年 「E」日本橋高島屋 6 階 美術画廊 X ( 東京 )
    2018年 「ちょっとした流れ星」TURNAROUND(宮城、仙台)
    2019年 「日々が聴こえる」Cyg art gallery+喫茶 carta( 岩手 )
    2020年 「もしかしたらの物語」URESICA(東京)

    【主なグループ展】
    2004年 第 21 回グラフィックアートひとつぼ展 ガーディアンガーデン(東京)
    2006年 A★MUSE★LAND★2006 SweetMemories 北海道立近代美術館(北海道)
    2007年 アートみやぎ 宮城県美術館(仙台市)、VOCA2007 上野の森美術館(東京)大原美術館賞
    2009年 西村画廊35周年記念展 西村画廊(東京)
    2013年 「オオハラコンテンポラリー」大原美術館(岡山)
    2014年 「4人の絵画」ZEIT-FOTO SALON(東京)
    2015年 「ペットショップにいくまえに展 2015」URESICA(東京)
    「第25回ブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレ」スロバキア国際児童芸術館2016『BIB50 周年ブラティスラヴァ世界絵本原画展」うらわ美術館、岩手県美術館、ほか

    【出版】
    2007年 「耳の器」文/渡部亨、絵/樋口佳絵
    2014年 「かがみのなか」出版/岩崎書店
作品紹介/スライドショー
  • 今村 仁
    「少年(夏の海)」
    油彩・ラッカー・木

  • カロリーナ・ラケル・アンティッチ
    「みずうみ」
    アクリル・キャンバス

  • 北村 奈津子
    「バラ色の人生」
    アクリル・グァッシュ・紙

  • トイ ヒロユキ
    「ミライボーイ」
    油彩・キャンバス

  • 樋口 佳絵
    「39番目のソラミミ」
    油彩・テンペラ・パネル

概要

開催期間

2020/12/2(水)~12/9(水)

開館時間

10:00~19:00

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ