Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > シアターコクーン > ラインナップ > COCOON PRODUCTION 2021 「物語なき、この世界。」

ラインナップ | シアターコクーン

COCOON PRODUCTION 2021
「物語なき、この世界。」

ページを印刷する

2021/7/11(日)~8/3(火)

映像の世界でも脚光を浴びる演劇界の異才、三浦大輔
3年ぶりの書き下ろし新作でシアターコクーンに三度の登場!


 

売れない俳優、菅原裕一役に岡田将生。売れないミュージシャン、今井伸二役にコクーン初登場となるロックバンド銀杏BOYZの峯田和伸。
役柄が現実とは真逆ともいえるこの二人の男が新宿歌舞伎町で10年振りに再会。
人生に「ドラマ」なんて起こるはずのない平凡な二人に起きた、あまりにも大きすぎる事件とは――
今井の後輩役に柄本時生、菅原の恋人役に内田理央、事件のキーマンとなる橋本浩二役に星田英利、物語の中核を担う歌舞伎町のスナックのママ・橋本智子役を寺島しのぶが演じる。さらに、宮崎吐夢、米村亮太朗と個性豊かな俳優陣が集結。
舞台にとどまらず、映画監督としてのキャリアも積み上げた三浦大輔3年ぶりの書き下ろし作を満を持して上演!

  • 【ストーリー】
    舞台は新宿歌舞伎町。人々は皆、猥雑なネオン看板が軒を連ねる通りを抜け、突き当たりにある映画館に向かって歩いていく…。空虚な街並みに抗うように、何かしらの『物語』を求め、歩いていく…。そこで、『ドラマ』の主人公に憧れる、売れない俳優と、人生に『ドラマ』を求める、売れないミュージシャンが、うらぶれた風俗店で10年ぶりに邂逅する。その出会いは、『運命』というには間抜けすぎ、二人のお互いへの想いは、『友情』という言葉で言い表すには、あまりにも軽薄で浅はかだった…。「自分達の身の上には、『ドラマ』など起こり得ない」唯一、二人を結びつけたものは、それぞれの人生に対する、共通した『諦念』しかなかった…。
    そんなとき…二人の身に、わかりやすすぎるくらい、大きな『事件』が降り掛かる。二人は、たまたま出くわした、とある中年男と争いになり、男を突き飛ばしてしまう。男の頭からは大量の血が流れ――!! その場に訪れた俳優の彼女、ミュージシャンの友人、そして彼らを助けるスナックのママを巻き込んで、脇役も出揃ったかのように、二人が主人公の『ドラマ』は、いよいよ幕を開けた!かのように見えたが…
    二人は、歌舞伎町の街並みを眺め、呟く…。

    「そもそも、この世の中に『物語』など存在するのだろうか…」
  • 作・演出:三浦大輔 コメント・プロフィール
    <コメント>
    新宿・歌舞伎町のゴジラロードを通り過ぎ、映画館に向かう人波。“物語なんてない”猥雑な街並みと、“物語を求める人間”が一緒くたになった歪な風景を見たとき、ここを舞台にしようと決めた。
    自分自身、舞台や映画をつくりながら「なぜ、こんな都合がいい出来事ばかりを並べているんだ?」と違和感を感じることがある。歌、小説、絵画といった芸術、あるいはニュース番組……
    「人生は物語だ」という言葉も都合のいい理屈、所詮は自分の人生をドラマチックに彩りたがる人間のエゴで、むしろドキュメンタリー番組だったら使われない部分、人生の残りカスが本質かもしれない。「人間、所詮そんなものだ」という諦念を描くのではなく、『世の中』というもの自体の“あら”や“だらしなさ”のみを抽出し、そこに執着し、キレイごとやメッセージなしで、この世界の矛盾を暴く――そんなことを試みたい。

    <プロフィール>
    三浦大輔(みうら・だいすけ)1975年12月12日 北海道出身
    早稲田大学演劇倶楽部を母体として、1996年12月、演劇ユニット「ポツドール」を結成。以降、全本公演の脚本・演出をつとめる。2006年「愛の渦」で、第50回岸田國士戯曲賞受賞。2007年3月本多劇場に初進出。2008年4月再び本多劇場で、新作「顔よ」を上演。2009年2月に岸田國士戯曲賞受賞作「愛の渦」を再演し、劇団の最高観客動員を記録する。2010年7月、ドイツ(エッセン)で行なわれたTHEATER DER WELT 2010(世界演劇祭)に招聘され、ポツドール「夢の城」を初の海外公演として実施。以降、KUNSTEN FESTIVAL DESARTS(ブリュッセル)、ウィーン芸術週間、FESTIVAL TRANSAMÉRIQUES他、合計4ヵ国、5公演。また『愛の渦』でBerliner Festspiele(ベルリン)公演、フェスティバル・ド―トンヌを含むフランスツアーを行うなど、海外でも高い評価を得ている。ポツドール以外の舞台作品には、PARCOプロデュース「裏切りの街」(作・演出/2010年5月/パルコ劇場)、初の海外戯曲演出作品となるホリプロプロデュース公演「THE SHAPE OF THINGS」(作:ニール・ラビュート/主演:向井理/2011年2月/青山円形劇場)、つかこうへい作「ストリッパー物語」(構成・演出/主演:リリー・フランキー/東京芸術劇場)、2度目となるPARCOプロデュース公演「母に欲す」(作・演出/2014年7 月/パルコ劇場)等がある。2015年4月、初のBunkamuraシアターコクーン進出となる、シアターコクーン・オンレパートリー2015「禁断の裸体-Toda Nudez Será Castigada-」(作:ネルソン・ロドリゲス、演出:三浦大輔) を上演。最新舞台作品は2016年8月、ホリプロプロデュース「娼年」(原作:石田衣良、脚本・演出:三浦大輔)。映像作品では、溝口真希子と共同監督した自主映画「はつこい」が第25回(2003)PFFぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞。DVD「ソウルトレイン」(原作:石原まこちん/2006)の脚本・監督、映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(原作:花沢健吾/主演:峯田和伸[銀杏 BOYZ])の脚本・ 監督をつとめた。2014年3月、岸田戯曲賞を受賞した同名の舞台を映画化した「愛の渦」公開。2016年10月、朝井リョウ原作の映画「何者」が全国東宝系にて公開、11月自身の舞台が原作となる映画 「裏切りの街」が公開。2018年3月、オリジナル戯曲「そして僕は途方に暮れる」(藤ヶ谷太輔主演)で、二度目のシアターコクーン登場。同時期に映画版「娼年」(脚本・監督/松阪桃李主演)が公開となる。2019年5月フェイクドキュメンタリー「人間の証」(フジテレビ/脚本、総合監督)放送。2021年春映画『そして僕は途方に暮れる』を撮影中。

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

概要

スタッフ

作・演出:三浦大輔
美術:愛甲悦子 照明:三澤裕史 音楽:井筒昭雄 音響:中村嘉宏 衣裳:小林身和子 ヘアメイク:河村陽子 映像:冨田中理 演出助手:山﨑総司 美術助手:岩本三玲 舞台監督:齋藤英明

出演

岡田将生、峯田和伸、柄本時生、内田理央、宮崎吐夢、米村亮太朗、星田英利、寺島しのぶ
増澤璃凜子、仁科咲姫、日高ボブ美、有希 

公演日程

2021/7/11(日)~8/3(火)

7/11(日)18:30
7/12(月)18:30
7/13(火)13:30/18:30
7/14(水)休演
7/15(木)13:30
7/16(金)13:30
7/17(土)13:30/18:30
7/18(日)13:30
7/19(月)18:30
7/20(火)13:30/18:30
7/21(水)休演
7/22(木・祝)13:30
7/23(金・祝)13:30
7/24(土)13:30/18:30
7/25(日)13:30
7/26(月)18:30
7/27(火)13:30/18:30
7/28(水)休演
7/29(木)13:30
7/30(金)13:30
7/31(土)13:30/18:30
8/1(日)13:30
8/2(月)13:30/18:30
8/3(火)13:30

2021年
7月
11
(日)
12
(月)
13
(火)
14
(水)
15
(木)
16
(金)
17
(土)
18
(日)
19
(月)
20
(火)
21
(水)
22
(木)
13:30

18:30
2021年
7月
23
(金)
24
(土)
25
(日)
26
(月)
27
(火)
28
(水)
29
(木)
30
(金)
31
(土)
2021年
8月
1
(日)
2
(月)
3
(火)
13:30
13:30
18:30 18:30

Bunkamuraシアターコクーン

[主催/企画・製作]
Bunkamura

[京都公演]
2021年8月 京都劇場
京都公演主催:サンライズプロモーション大阪
チケット発売日:7月上旬予定
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00/日曜・祝日は休業)
http://www.kyodo-osaka.co.jp

チケット情報

料金

S:¥11,000 A:¥9,000 コクーンシート:¥5,500(税込・全席指定)

<ご注意>下記、注意事項がございます。予めご了承くださいますようお願い致します。
※本公演は政府の判断によるイベント収容率に基づき、販売座席を決定いたします。
※コクーンシートは、特にご覧になりづらいお席となります。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※最前列はA列です。舞台と客席の間には、政府及び専門家の推奨する十分な距離を取ります。
※劇場内では常時マスク着用をお願いいたします。マスクを着用でない方の入場はご遠慮いただきます。
※6/6(日)以降は残席がある場合のみお取り扱いいたします。
※チケットご購入時にご登録いただきました氏名・連絡先は、保健所等の公的機関からの要請により、提供させていただく場合がございます。
※今後、ご来場されるお客様の情報を別途お伺いする場合がございます。
※車椅子スペース(S席相当)には限りがございます。車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入のうえ、お早目にBunkamuraへご連絡ください。S席をお持ちでないお客様は差額をお支払いいただきますので予めご了承くださいますようお願いいたします。また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、公演日前日までにご購入席番をBunkamuraへご連絡下さい。
※チケット券面に購入者氏名が印字されます。
※営利目的でのチケットの購入、並びに転売は固くお断り致します。

新型コロナウイルス感染症対策とご来場されるお客様へのお願いはこちらをご覧ください。

MY Bunkamura先行発売

抽選制

受付期間:2021年4月27日(火)12:00~5月7日(金)23:59まで。

※お申込みは1登録者につき1回のみ、第三希望まで。枚数制限は1公演につき4枚まで。
※抽選結果は5月11日(火)よりメールにてご案内いたします。
※抽選結果発表予定日を過ぎてもメールが届かない場合は「マイページ」よりご確認ください。
※抽選時刻ほか抽選作業の詳細はお答えいたしかねます。
※先行抽選販売は、条件の良い座席を確約するサービスではございません。
※チケット券面に購入者氏名が印字されます。
※ご登録の氏名・連絡先は、保健所等の公的機関からの要請により、提供させていただくことがございます。予めご了承ください。

オンラインチケット購入

一般発売

2021/06/05(土)

枚数制限

発売初日のみ1回の受付につき4枚まで。

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター(オペレーター対応/10:00~17:00)
03-3477-9912 <※6/5(土)発売日初日特電>
03-3477-9999 <※6/6(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>

カウンターでのお申込み

<※6/6(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>
Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura1F 10:00~18:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ2F 11:00~18:00>

インターネットでのお申込み(MY Bunkamura)

オンラインチケット購入

※本公演のBunkamuraでの一般発売日<6/5(土)>は、Bunkamuraチケットセンター特別電話及びオンラインチケットMY Bunkamura(PC、スマートフォン)での受付となります。
Bunkamura及び東急シアターオーブチケットカウンター(店頭)での販売はございません。

※チケットカウンターの営業時間は公演スケジュールにより異なります。詳細はhttps://www.bunkamura.co.jp/topics/3491.htmlをご確認ください。

<その他プレイガイドでのお申込み>

※0570で始まる番号は、一部の携帯・IP・CATV接続電話、PHSからはご利用できません。
音声自動応答での受付番号は、ダイヤル回線からのご利用はできません。

お電話でのお申込み

チケットぴあ
0570-02-9920 <Pコード不要 10:00~23:59>※6/5(土)発売日初日特電
0570-02-9999 <Pコード:505-807>※6/6(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり。

インターネットでのお申込み

チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/monogatarinaki/ (PC・スマホ共通/座席選択可能)

イープラス
https://eplus.jp/monogatarinaki/(PC・スマホ共通/座席選択可能)

ローソンチケット
https://l-tike.com/monogatarinaki/(PC・スマホ共通/発売日翌日以降は座席選択可能)

店頭でのお申込み

チケットぴあ
チケットぴあ店舗<店舗により営業時間が異なります>
※6/6(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり。
セブン-イレブン<24時間 毎週火曜日・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
※6/6(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり。

イープラス
ファミリーマート店内Famiポート(店内Famiポート直接購入・座席選択可能)

ローソンチケット
ローソン・ミニストップ店内Loppi <Lコード:34499>
※6/6(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり。

お問合せ

Bunkamura 03-3477-3244
営業時間はhttps://www.bunkamura.co.jp/topics/3491.htmlをご確認ください。

20210711
20210803

ピックアップ