ホーム > ノスタルジア 4K修復版
PAGE PRINT

ノスタルジア 4K修復版NOSTALGHIA

1/26(金)よりロードショー
◆終映日未定
会場:Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下
※渋谷駅前 東映プラザ内に移転し営業しております。
Bunkamuraはオーチャードホールを除き長期休館中です。

©1983 RAI-Radiotelevisione Italiana.LICENSED BY RAI COM S.p.A.-Roma-Italy, All Right Reserved.

もはや、すでに。

空間、時間、そして人間の葛藤を巡る、タルコフスキーによる、詩的宇宙の極致。
4Kレストアで蘇る、映画の奇跡。

旧ソ連映画界における巨匠であり、現代映画に多大なる影響を与え続ける不世出の映画作家アンドレイ・タルコフスキー監督の『ノスタルジア 4K修復版』を、日本初公開から40周年の節目である今年、劇場公開!

54年という短命な生涯ながら、全8作品の劇映画を世に送り出し、今なお多くの映画人や芸術家に影響を与え続ける、旧ソ連映画界の巨匠にして不世出の映画作家アンドレイ・タルコフスキー。イングマール・ベルイマンに「タルコフスキーは私にとって最も偉大な監督だ。」と言わしめ、クリストファー・ノーランやアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥといった現代の映画監督たちも彼からの影響を公言している。

1962年に長編1作目となる『僕の村は戦場だった』を監督、ヴェネチア国際映画祭でサン・マルコ金獅子賞等を受賞。1967年にロシアの伝説的な画家を描いた『アンドレイ・ルブリョフ』を完成させるが、歴史解釈をめぐってソ連当局の激しい批判を受け、5年間の上映禁止を言い渡される。一方で同作品は1969年のカンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞。その後も『惑星ソラリス』(72)、『鏡』(75)、『ストーカー』(79)と唯一無二の映像世界で批評家や観客たちを魅了し、世界的な評価を確立。だがソ連国内の厳しい検閲は依然としてあり、ソ連を出国。はじめてソビエト連邦国外のイタリアで製作されたタルコフスキー監督作が長編6作目となる『ノスタルジア』である。

中世からルネサンス期のフレスコ絵画と近代美術が一体化したような美しい映像に、実父であり詩人のアルセーニイ・タルコフスキーの詩が読まれ、ヴェルディの「レクイエム」やべートーヴェンの「第九交響曲」、そしてロシアの民族音楽が印象的に使用されている。タルコフスキーは本作を3年半の歳月を費やして完成させ、1983年カンヌ国際映画祭で「この映画の創造に対する特別大賞」「国際映画批評家連盟賞」「エキュメニック審査員賞」の3冠に輝いた。 今回公開となる『ノスタルジア 4K修復版』は、2022年に撮影監督であるジュゼッペ・ランチ監修のもと、ローマのチネテカ・ナチオナーレの協力で4K修復が行われ、ボローニャ復元映画祭2022でワールドプレミアされたもの。高精細の4K修復版によって、空間、時間、そして人間の葛藤を巡る、タルコフスキーによる詩的宇宙の極致が、今、蘇る。

【STORY】

モスクワからイタリアにやってきた詩人アンドレイ・ゴルチャコフと通訳の女性エウジェニア。ふたりは、ロシアの音楽家パヴェル・サスノフスキーの足跡を辿る旅をしていたが、旅の終盤アンドレイは病に冒されていた。そんな中、二人は、世界の終末が訪れたと信じ家族で7年間も家に閉じこもり、人々に狂信者と噂されるドメニコという男に出会うのだった——。

監督・脚本
アンドレイ・タルコフスキー
脚本
トニ一ノ・グエッラ
撮影監督
ジュゼッペ・ランチ
キャスト
オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノ
作品情報
1983年/イタリア=ソ連合作/126分/原題:NOSTALGHIA
受賞
ノミネート
第36回カンヌ国際映画祭 3冠(この映画の創造に対する特別大賞/国際映画批評家連盟賞/エキュメニック審査員)
配給
ザジフィルムズ
  • チケット先行販売
  • 年会費無料

公式サイトはこちら

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2024年2月22日 現在)

平日(毎月1日・毎週火曜は除く)

10:20

◎

土日祝

10:20

○

サービスデー(毎月1日・毎週火曜)

10:20

○

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

『ノスタルジア 4K修復版』
◆終映日未定◆
[2/23(金・祝)〜2/29(木)]
 10:20~(終)12:40
※3/1(金)以降の上映有無未定

概要

前売り券情報

Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下7Fカウンターにて<オリジナルB3ポスター>の特典付き特別鑑賞券発売中!(限定数)
※特別鑑賞券をお持ちの方も1Fチケットカウンターにて座席指定券と引換が必要です

特別鑑賞券¥1,500(税込)[一般料金¥1,900(税込)の処]

料金

一般¥1,900 学生¥1,500(平日は学生¥1,200) シニア¥1,200 小・中・高校生¥1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日は¥1,200(税込)均一】

株主優待券は1/29(月)よりご利用いただけます。

チケットガイド

会場

Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下

東京都渋谷区渋谷1-24-12 渋谷東映プラザ 7F&9F(1F:チケットカウンター)

アクセス

※渋谷駅前 東映プラザ内に移転し営業しております。
Bunkamuraはオーチャードホールを除き長期休館中です。

Pickup
PAGE TOP