Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > シェイクスピアの庭

上映作品情報 | ル・シネマ

シェイクスピアの庭

ページを印刷する

2020年3/6(金)よりロードショー

©2018 TKBC Limited. All Rights Reserved.

この世のすべてを知り尽くすシェイクスピアが知らなかったこと
『ハムレット』『マクベス』『ロミオとジュリエット』など、不朽の名作を生み出した文豪シェイクスピアの知られざる最期の日々――
没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な劇作家・詩人ウィリアム・シェイクスピア(1564年―1616年)。彼の戯曲は現在でも世界各国で上演され、作品や功績は広く知られているが、その生涯はベールに包まれている。芸術家として輝かしい栄光と遺産を築き上げたシェイクスピアは一体どんな人生を送ったのか?断筆したシェイクスピアがロンドンを去り、故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごした人生最後の3年間をついに映画化。知られざる<人間シェイクスピア>を描いた心揺さぶる感動作が満を持して誕生した。

 

 英国を代表する名優と最高峰のスタッフが集結 ケネス・ブラナー悲願のプロジェクト
監督・シェイクスピア役には、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身で10代の頃からシェイクスピアに魅入られてきたケネス・ブラナー。「才能に溢れたシェイクスピアが何故49歳の若さで引退したのだろう?」というブラナーの抱いた疑問から本作は生まれた。『恋に落ちたシェイクスピア』で米アカデミー賞助演女優賞に輝き、2016年ローレンス・オリヴィエ賞で史上最多8度目の受賞を果たした大女優ジュディ・デンチが妻アンを、映画・演劇・TVドラマなどでゴールデングローブ賞やトニー賞など60以上の受賞歴をもつ名優イアン・マッケランがシェイクスピアの『ソネット集』の“美青年”のモデル、サウサンプトン伯爵に扮し、デイムとサーの称号を持つ英国演劇界のレジェンド二人が圧倒的存在感で脇を固める。衣装デザインは『ある公爵夫人の生涯』で米アカデミー賞を獲得したマイケル・オコナー。音楽は『ハムレット』『いつか晴れた日に』で米アカデミー賞候補となったパトリック・ドイル。名だたる才能が集結し、シェイクスピアの晩年を描く初めての映画を完成させた。

父として、夫として――― 失われた家族との時間を取り戻す愛と再生の物語

1613年6月29日、『ヘンリー八世』(発表当時のタイトルはAll is True)上演中にグローブ座を焼き尽くした大火災の後、断筆したシェイクスピア(ケネス・ブラナー)は故郷へ戻った。20余年ものあいだ、ほとんど会うことのなかった主人の突然の帰還。8つ年上の妻アン(ジュディ・デンチ)と未婚の次女ジュディス(キャスリン・ワイルダー)、町医者に嫁いだ長女スザンナ(レディア・ウィルソン)は、驚きと戸惑いを隠せずにいた。そんな家族をよそに、17年前に幼くして他界した最愛の息子ハムネットの死に取り憑かれたシェイクスピアは、一人息子を悼む庭を造ることを思い立つ。ロンドンで執筆活動に勤しんでいた長いあいだに生じた家族との溝はなかなか埋まらなかったが、気付かなかった家族の秘めた思いや受け入れ難い事実が徐々に露わになってゆく…

シェイクスピアと庭
シェイクスピアの戯曲には約170種類の植物が登場し、作品の重要な構成要素となっている。現在、シェイクスピアの生家や妻アンの実家の庭には、彼の作品に登場する植物が多く植えられている。英語圏の国、特に米国では、公園・大学など公共の庭にこれらの植物を栽培する「シェイクスピア・ガーデン」が造園され、ニューヨークのセントラルパークなどはその代表格である。

監督
ケネス・ブラナー
キャスト
ケネス・ブラナー、ジュディ・デンチ、イアン・マッケラン、キャスリン・ワイルダー、リディア・ウィルソン
作品情報
2018年/イギリス/101分
配給
ハーク

公式サイトはこちら

概要

前売り券情報

特別鑑賞券1,500円(税込)
劇場窓口にて特別鑑賞券をお買い求めの方に、特製ポストカードをプレゼント!(※数量限定)
※特別鑑賞券をお持ちの方も窓口にて座席指定券と引換が必要です

一般・\1,800 学生・\1,500 (平日は学生・\1,200) シニア・\1,200 小・中・高校生\1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は\1,200(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20200306, 20200307, 20200308, 20200309, 20200310, 20200311, 20200312, 20200313, 20200314, 20200315, 20200316, 20200317, 20200318, 20200319, 20200320, 20200321, 20200322, 20200323, 20200324, 20200325, 20200326, 20200327, 20200328, 20200329, 20200330, 20200331, 20200401, 20200402
20200306
20210219

ピックアップ