Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > ※展覧会中止※ マリオ・ヌネス展 MARIO NUÑEZ EXHIBITION

展覧会情報 | ギャラリー

※展覧会中止※
マリオ・ヌネス展

MARIO NUÑEZ EXHIBITION

ページを印刷する

2020/3/8(日)~3/14(土)

2020年 ミクストメディア(アクリル・グアッシュ・インク)

本展覧会は、主催者の意向により開催を中止させていただくこととなりました。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

私は1963年にメキシコシティに生まれ暮らしてきました。子供の頃から絵を描き始め、常に両親からは芸術への愛を教えられてきました。私の兄も画家で妹はダンサーです。高校卒業後、メキシコの美術大学に入学しましたが、途中で様々な理由により中断し、それから独学の道を選びましたが、それでも人は人から学ぶものです。

19歳で初の個展を開き、その売り上げでヨーロッパへ旅立ち、フランスに1カ月、イタリアに1カ月過ごし、素晴らしい美術館へ通い、そこで自らを完全に画家への道に捧げる決意を固めました。専門的な教育機関に通っていないせいか、独自の絵画表現の追求は常に遊び心とともにありました。

子供の頃の最初の絵は象徴的で形象的でしたが、現実的だったことは一度もありません。基本的には抽象的な点から始まり、その中からキャラクターを見つけ出し、動物、植物、風景画を思い浮かべ見つけ出しました。また、特定の画家の影響により、私は常にスケッチや計画性のないイマジネーションと記憶により制作してきました。

2000年頃、形象が象徴的で言語的な重みにより自らの表現に障害を与えていることを感じ始めました。それからただ単に空間を線で変容させ、自らを納得させるだけではない画像の介入を始めました。もっと知覚的で敏感な領域に興味を抱いたからです。全ての芸術がお互いにそれぞれの方法で繋がっています。私は抽象に、言語的な感覚より音楽的な感覚を見いだしたのです。

この20年間で私はこれを多様な方法で表現する術を見つけ出しました。例えば2004年、ふと手に入れた平たい筆を用いていくつかの連作を作りました。この筆を基本に線の幅を変えながら最後には細い線へと狭め、画像をリズミカルで音楽的に作り上げました。そこでGRAVITY,TRANSIT,MARANASという作品集を作りました。その後、それらを形にはまらぬよう混ぜ合わせました。冒険はつきません。抽象は素晴らしくもあり危険でもあります。無限の可能性があり、一般的に絵が人生、または現実を語りつがなければ難しくなりそれは途絶えてしまいます。これが私の日々の葛藤です。何かを作る喜びと、大事なものを伝えられているかという疑問を常に感じているのです。

17年前にメキシコシティ近郊の自宅の上階にアトリエを作り、それからは広々とした静かな場所で発展的な仕事をしています。


マリオ・ヌネス

-----------------------------------------------------------------------------------------

I was born in 1963 in Mexico City, where I have lived all my life, I started painting since childhood, my parents always encouraged our love for art, my brother is also a painter and my sister did dance. When I finished high school I entered the visual arts career and left it in the middle for different reasons, I had few important teachers for what I consider myself somehow self-taught, although one always learns from someone.

I made my first individual exhibition in 1982 At the age of 19, with the money from those sales I traveled to Europe, I spent a month in France and one in Italy, I met its great museums and my interest in fully devoting myself to painting was confirmed.

For not having an academic training my search for my own language was always based on playfulness, in my childhood, the first years my painting, in general, was figurative but never realistic, I painted based on abstract spots and in these I found characters, animals, plants, imaginary landscapes. Influenced by certain painters and currents I have always worked with imagination and memory, without specific plans, without sketches.

Approximately in the year 2000 I began to feel that the figurative hindered my language by its symbolic and narrative load, I began to intervene pictures that did not convince me with lines that transformed the space, I was more interested in perception, the sensitive, I think that all the arts they connect with each other in different ways and I found in abstraction a more musical than literary sense.

In these last 20 years I have been finding different languages or ways of expressing this, in 2004 for example, in a casual way, by a flat brush that I was given, I started a series of pictures that were based on the brushstroke produced by this type of brush, which can be of many widths, but in the end it is reduced to a type of line, in a way, which allowed me to build the paintings in a more rhythmic, musical way. Then I made the series: Gravity, Transit, Marañas and lately I have been mixing them trying not to fit in, after all the adventure does not stop. Abstraction is wonderful and also dangers, there are endless possibilities, but if a painting in general and abstract if it does not transmit life (reality) it hardens, dies, that is my daily battle, the pleasure of creating something and the eternal doubt of being able to transmit the important.

17 years ago I built my current workshop at the top of my house in the Condesa neighborhood in Mexico City, a bright and quiet place where I was able to fully develop my work.

Mario Nunez, July 2019

作品紹介/スライドショー
  • 2020年 ミクストメディア(アクリル・グアッシュ・インク)

概要

開催期間

2020/3/8(日)~3/14(土)

開館時間

10:00~22:00 ※最終日は19:00まで

会場

Wall Gallery

主催

NURISHI 塗師

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ