ホーム > オリガ・スミルノワのジゼル in cinema
PAGE PRINT

オリガ・スミルノワのジゼル in cinemaGiselle in cinema

3/8(金)より上映予定
会場:Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下
※渋谷駅前 東映プラザ内に移転し営業しております。
Bunkamuraはオーチャードホールを除き長期休館中です。

© Pathe Live

ウクライナ侵攻に反対し祖国ロシアと名門ボリショイ・バレエを離れたプリマ オリガ・スミルノワがスクリーンに舞い戻る!
スミルノワと同じくボリショイを離れたプリンシパル ジャコポ・ティッシとの競演で、ロマンティック・バレエの金字塔に新たな命を吹き込む

ワガノワ・バレエ・アカデミー仕込みの優美さとボリショイ・バレエのダイナミックさを兼ね備え、ボリショイの次代を担う新女王と目されたオリガ・スミルノワ。2022年2月、ロシアによるウクライナ侵攻が開始されると「私の魂のすべてで、この戦争に反対する。ロシアを恥じることになるとは思っていなかった」と表明、祖国ロシアとボリショイを離れオランダ国立バレエに電撃移籍した。

ボリショイ所属時、スミルノワの出演舞台は『眠れる森の美女』(2017年収録)『ラ・バヤデール』(2019年収録) 『白鳥の湖』『ジゼル』(いずれも2020年収録)などが「ボリショイ・バレエ in シネマ」として映画館で上映されてきた。ロシアのウクライナ侵攻までの過去12年間「ボリショイ・バレエ in シネマ」を製作してきたパテ・ライブは、ボリショイを離れたスミルノワを再びスクリーンに呼び戻すべく、オランダ国立バレエでの『ジゼル』を撮影し、この度世界の映画館で上映されることとなった。

全世界20か国から90名以上のダンサーが所属するヨーロッパの名門オランダ国立バレエは、芸術監督テッド・ブランセンの下、豪華絢爛な古典作品のレパートリーに加えて、数多くの現代作品を生み出してきたことから世界でも最も先進的なバレエ団の一つと高く評価されています。本作は、従来の「ジゼル」に見られる伝統的側面を重んじながらも、アルブレヒトの内面描写に重きを置くなど、普遍的で偉大なロマンティック・バレエの金字塔に新たな命を吹き込んだ意欲作。アルブレヒトを演じるのは、スミルノワと同じくボリショイを離れたプリンシパル、ジャコポ・ティッシ。イタリア出身のティッシは、長身を生かした優美な踊りに定評がある正統派ダンスール・ノーブル。彼の華麗な演技も必見。

【STORY】

農民の娘ジゼルはアルブレヒトと恋に落ちるが、彼はジゼルに貴族であること、婚約者がいることを隠していた。真実を知った彼女は絶望と悲しみの中で取り乱し、息絶えてしまう。
結婚前に死んだ花嫁の精霊「ウィリ」の集まる森に、ジゼルが眠る墓はあった。ジゼルはウィリの仲間入りをする。迷い込んできた人間や裏切った男を死ぬまで踊り狂わせるウィリたちは、ある夜ジゼルの死を悔いて墓を訪れたアルブレヒトを捕らえるが……。

新演出・振付
ラシェル・ボージャン、リカルド・ブスタマンテ
改訂振付
マリウス・プティパ
原振付
ジャン・コラリ、ジュール・ペロー
美術・衣装
トゥール・ヴァン・シャイク
音楽
アドルフ・アダン
伴奏
オランダ・バレエ・オーケストラ
指揮
エルマンノ・フローリオ
キャスト
オリガ・スミルノワ、ジャコポ・ティッシ
作品情報
撮影場所:オランダ国立歌劇場/撮影時期:2023年10月/上映時間:115分
配給・宣伝協力
dbi inc.
配給
ALFAZBET

公式サイトはこちら

上映スケジュール

◆3/8(金)より上映予定

概要

料金

一般¥3,700/学生¥2,500/障がい者手帳割引(付き添いの方1名様まで)¥2,500 (税込)
※特別興行のためサービスデー、その他各種割引は適用外
※株主優待券はご利用いただけません。

チケットガイド

会場

Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下

東京都渋谷区渋谷1-24-12 渋谷東映プラザ 7F&9F(1F:チケットカウンター)

アクセス

※渋谷駅前 東映プラザ内に移転し営業しております。
Bunkamuraはオーチャードホールを除き長期休館中です。

Pickup
PAGE TOP