Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 夢寐の蕚(むびのうてな)

展覧会情報 | ギャラリー

夢寐の蕚(むびのうてな)

ページを印刷する

2021年11月20日(土)~12月1日(水)

うたかたの眼差しを抱いて …

「 「信太妻」より 葛の葉 」
2021年
石塑粘土、本絹、ガラス、アクリル、胡粉、油彩、パステルその他

少女から女性へ羽化する狭間の蛹のようなごく僅かな存在期間の戸惑い、そこに潜む不安。それは幼少期から運命的に芽生え、その記憶は生涯体内に宿る。老境に至り振り返ってもそれが不条理に思えるのは、知恵や言葉と言うものが発達する前の言語に代え難い「夢」か「現」か、不確かさから生じる。人形作家・衣(HATORI)の作品からはそんな憧憬を呼び覚まさせる作用がある。

以前は女性を中心に絵画作品を描いていたが、ある日自分の描いた女性に触れてみたいとの思いから独学で人形制作を始めた。家から代々受け継いだ呉服の生地を使い、人形に着付けさせる作風は衣の独自の着想であり、皺や襞にもこだわり、表情を持たせる。

笑っていても無表情でも、ある種の緊張感を漂わせ、人形がなにを考えているのかを詳細に設定し、背景の気配に対する「怯え」や「秘匿の心」や「期待」を孕む姿を追い求める。その複雑な想いを秘めた人形たちは顔だけでなく手や指先の動きなど細部にも想いを宿す。

あどけない少女から色香漂う艶やかな女性へ、孕む思惑や心情が静かに絡み合い、可愛らしさと情念が入り混じった瞳は観るものに何を語りかけてくるのだろうか。

本展では神話や古典・近代文学などより題材を求め、独自の解釈で制作したものを含めた新作・近作10余点の人形作品を展覧販売する。

出品作品リスト

出品作品リスト

作品紹介/スライドショー
  • 「 秘匿 」
    2021年
    石塑粘土、本絹、ガラス、アクリル、胡粉、油彩、パステルその他

  • 「 緋女 」 
    2021年
    石塑粘土、本絹、ガラス、アクリル、胡粉、油彩、パステルその他

概要

開催期間

2021年11月20日(土)~12月1日(水)

開館時間

10:00-19:00

会場

Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ