Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > ボールペンアート アッキオ・タナカの世界

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

ボールペンアート アッキオ・タナカの世界
「記憶の起源」

2012/3/18(日)~3/29(木)

無価値で無意味、でも不毛ではない……
私は私の「ボールペンアート」を創作しながら、なんどそのようなことを呟きながら、ボールペンによるドローイングを始めていたことか。
意味あり気で価値有り気な、その実、なんとも不毛なアートが、芸術の名を騙り、どんなにこの世に蔓延っていることか。怒りが詩をつくるとは夙に聴いてはいたことであるが、コクトーに言わせればピカソの絵画は怒りの産物だそうだ。

私はベットから飛び起き、なにも考えずに手元にあったボールペンを手にし、たまたま傍らにあった画用紙に意味もなくボールペンを塗りたくったものです。黒と青と赤、たった三色のペンでしたが、まるで知恵遅れの子供のように塗りたくっていると、その画用紙の表情が一瞬毎に変化をしていくのでした。その変化の妙は私を魅了しました。

「彼にこのような才能があったとは知りませんでした。」
びっくりした。田中氏は作家だという認識があったので、意表を突かれた。脳内のランダムノイズを転写したような曼荼羅のようでもあるが、そんな意味さえ塗りつぶされている。氏に何が起こったのだろう。ロバート・ジョンソンが一夜にして天才ギタリストになったように、十字路で精霊と契約したはずもない。とすれば、眠っていた才能がボールペンを握った途端に目覚めたとしか思えない。天賦の才能とは得てして眠っているものだ。絵画も音楽も表現の悦楽であることはぼくも承知している。考える前にペンを走らせ、ギターをつま弾く。やり続けていくと景色が変わる瞬間が訪れる。その境地を見せてくれる作品に出会うのも、現在では稀なことである。
(ミュージシャン 細野晴臣氏 談)

「2011-AT」

作品紹介/スライドショー

「11-A」

「11-B」

「12-C」

  • 概要

開催期間

2012/3/18(日)~3/29(木)

開館時間

10:00~19:30
※最終日は17:00まで

会場

Bunkamura Box Gallery

主催

株式会社キャロラインズ

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

《アッキオ・タナカ プロフィール》
昭和23年9月5日茨城県生まれ。
札幌大学外国語学部英語学科卒。
TV・CMプランナーとして約35年ほど糊口を凌ぐ。
50代半ば心臓に病を得、TV・CMプランナーの職を辞して文筆業に励む。
その年半ば、啓示を受け「ボールペンアート」(ドローイング)を始めて現在に至る。

ピックアップ