Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > Bunkamuraのご案内 > Bunkamuraのコンセプト > プロデューサーズ・オフィス

Bunkamuraのコンセプト | Bunkamuraのご案内

  • プロデューサーズ・オフィス
  • オフィシャルサプライヤー
  • フランチャイズ・システム

プロデューサーズ・オフィス

Bunkamuraの企画・制作の根幹

Bunkamuraでは、その設計段階から、文化・芸術の各界の第一線で活躍する方々による、企画・運営のためのプロジェクト「プロデューサーズ・オフィス」を設けるとともに、舞台関係のスペシャリストをアドバイザーに迎え、ソフト優先の考えに基づく、「見る側」「使う側」の立場にたった施設づくりに努めてきました。1989年9月の開館以来、Bunkamuraのコンセプトを具象化するため、「プロデューサーズ・オフィス」を中心として、オリジナル企画の発信から国内外の秀作や精鋭アーティストの紹介、クオリティー維持のためのプログラム・チェックなどを行ない、より深い感動を追求してきました。オーチャードホール・シアターコクーン初期プロデューサーである岩城宏之氏・冨田勲氏・前田憲男氏・佐藤信氏、串田和美氏、金子洋明氏は、ホールのコンセプトを自主企画公演として結実させ、Bunkamuraならではのレパートリー制を確立しました。

プロデューサー、芸術監督

この思想を基軸として、オーチャードホールでは、94年から指揮者のジェラード・シュワルツ氏(~96年)、音楽評論家の黒田恭一氏(99~09年)をプロデューサーに、そして、2012年からはバレエダンサーの熊川哲也氏(Kバレエ カンパニー芸術監督/プリンシパル)が芸術監督に就任しています。シアターコクーンでは、開館時から芸術監督を務めた串田和美氏の任期が96年で満了した後、99年より演出家の蜷川幸雄氏(~16年)が就任。2020年からは、作家・演出家・俳優の松尾スズキ氏が芸術監督に就任しました。また、ザ・ミュージアムでは開館前から木島俊介氏(美術評論家)がプロデューサーを務めています。今後もBunkamuraならではの作品づくりの思想を財産として、独自の運営を行っていきます。

<オーチャードホール>
芸術監督  熊川哲也(バレエダンサー) 2012年1月より就任

10歳でバレエを始め、1987年に英国ロイヤル・バレエ学校に入学。88年、日本人として初めてマリインスキー劇場(ペテルブルク)で踊る。89年ローザンヌ国際バレエ・コンクールで日本人初のゴールド・メダルを受賞。同年、東洋人として初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団し、同団史上最年少でソリスト、93年、プリンシパルに昇格した。在団中にボリショイ・バレエ団『ジゼル』をはじめ各国のバレエ団に客演。96~98年にはセルフ・プロデュース公演「Made in LONDON」を開催。98年に英国ロイヤル・バレエ団を退団。99年、Kバレエ カンパニーを創立。これまでに、自身の版による『ジゼル』『眠れる森の美女』『白鳥の湖』『コッペリア』『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』『海賊』『ロミオとジュリエット』『シンデレラ』などを上演。2004年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場にてアシュトン振付『ラプソディ』を踊り高い評価を受けた。2006年、上海大劇院にて『ドン・キホーテ』を上演・主演。振付作品には『ベートーヴェン 第九』『パッシング・ヴォイス』『ソリチュード』『Simple Symphony』などがある。その他の主な出演に、プティ版『ボレロ』世界初演、スーパー・ワールド・オーケストラ(ロリン・マゼール指揮)共演による『ドン・キホーテ』のパ・ド・ドゥ、香港バレエ団『くるみ割り人形』、イングリッシュ・ナショナル・バレエ『白鳥の湖』、スポレート・フェスティバル(イタリア)での『海賊』のパ・ド・ドゥ、サン・カルロ劇場(イタリア)での『ラプソディ』、チューリヒ・バレエ初来日公演『ロメオとジュリエット』、ロイヤル・オペラ・ハウスでの「芸術監督アンソニー・ダウエル退任記念ガラ」、英国ロイヤル・バレエ団「ヌレエフ記念ガラ」での『海賊』のヴァリエーションと『ライモンダ』第3幕など。2004年、『白鳥の湖』の演出/振付/出演に対し、第3回朝日舞台芸術賞を受賞。2005年、第55回芸術選奨 文部科学大臣賞(舞踊部門)を受賞。 2006年、Kバレエ カンパニーとして『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞。2012年1月、Bunkamuraオーチャードホール芸術監督に就任。2013年春、紫綬褒章受章。

オーチャードホール芸術監督 熊川哲也 特設ページ

Kバレエ カンパニーホームページ

熊川哲也
過去のプロデューサー

プロデューサー
岩城宏之(指揮者)、冨田勲(サウンド・パフォーマー)、前田憲男(編曲家)、佐藤信(演出家)
ジェラード・シュワルツ(指揮者)
黒田恭一(音楽評論家)

<シアターコクーン>
芸術監督 松尾スズキ(作家・演出家・俳優) 2020年1月より就任

1962年12月15日生まれ、福岡県出身。1988年に大人計画を旗揚げ、主宰として作・演出・出演を務めるほか、小説・エッセイ・シナリオ執筆、映画監督、俳優など多彩に活躍中。97年『ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~』で岸田國士戯曲賞受賞、01年『キレイ~神様と待ち合わせした女~』でゴールデンアロー賞・演劇賞を受賞。04年初の長編映画監督作『恋の門』がヴェネツィア国際映画祭に正式出品される。06年に小説『クワイエットルームにようこそ』が芥川賞候補となり、07年には自ら監督・脚本を務め映画化した。同年公開された映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』では脚本を担当し、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。10年に『老人賭博』、18年に『もう「はい」としか言えない』が芥川賞候補となる。最近の主な作・演出作品には『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』(16/出演も)『キャバレー』(17/演出)『業音』(17/出演も)『ニンゲン御破算』(18/出演も)『命、ギガ長ス』(19/出演も)『キレイ-神様と待ち合わせした女-』(19-20)など。監督作に映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(15)『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(19)など。近年の出演作に、舞台『世界は一人』(19)、映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(19/声の出演)『カイジ ファイナルゲーム』(20)、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』『フルーツ宅配便』『みをつくし料理帖 スペシャル』(19)など。

シアターコクーン芸術監督 松尾スズキ 特設ページ

松尾スズキ
過去のプロデューサー、芸術監督

プロデューサー
金子洋明(プロデューサー)
芸術監督
串田和美(演出家)
蜷川幸雄(演出家)

<ザ・ミュージアム>
木島俊介(美術評論家) 1989年~

共立女子大学名誉教授、元群馬県立近代美術館館長、元群馬県立館林美術館館長、地中海学会副会長、国立西洋美術館評議員。
1939年、鳥取県に生まれる。
慶應義塾大学文学部卒業(美学・美術史専攻)、フィレンツェ大学、ニューヨーク大学大学院修了(西洋美術史専攻)。
1970年、万国博美術館(現・国立国際美術館)をプロデュースして以来、数多くの美術館設立と美術展の企画開催に携わる。公立・財団の多くの美術館・博物館の専門委員を務める。
研究専門分野は、ヨーロッパ中世よりルネッサンスにいたる変遷期の美術および文化。また19世紀末より現代に至る美術および文化。

<主要著書>
『メディチ家のルネッサンス』(中央公論社)、『ヨーロッパ中世の四季』(中央公論社)、『ベリー公の豪華時祈書』(中央公論社)、『ゴッホ』(集英社)、『クロード・モネ』(集英社)、『ルソー』(朝日新聞社)、『ボナール』(美術出版社)、『ターナー』(小学館)、『ピカソ秘蔵のピカソ』(中央公論社)、『ユダヤ的<知>と現代』(東京書籍)、『企業と文化』(総合法令)、『世界美術史』(中央公論社)、『女像』(講談社)、『美しき時祷書の世界』(中央公論社)、『ヨーロッパの装飾芸術』(全3巻、中央公論新社)、『アメリカ現代美術の25人』(集英社)、『女たちが変えたピカソ』(中央公論新社)、『クリムトとウィーン』(六耀社)、『名画が愛した女たち-画家とモデルの物語』(集英社)

木島俊介
過去のプロデューサー

阿部信雄(美術評論家)