Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > シアターコクーン > ラインナップ > シアターコクーン・オンレパートリー2018 そして僕は途方に暮れる

ラインナップ | シアターコクーン

シアターコクーン・オンレパートリー2018
そして僕は途方に暮れる

ページを印刷する

2018/3/6(火)~4/1(日)

近年は映画監督としても脚光を浴びる演劇界の異才、三浦大輔
シアターコクーンへの初めての書き下ろし作品がいよいよ登場!
衝撃の最新作を見逃すな!

2015年4月にはブラジルの作家ネルソン・ロドリゲスの代表作「禁断の裸体」(出演:内野聖陽、寺島しのぶ他)を演出してシアターコクーンへ初登場をした三浦大輔。近年は映画監督としての活躍も目覚ましいものですが、劇作家としての評価も高い三浦による待望の書き下ろし新作の上演が決定しました。
その鋭い感性とリアルを追求した演出で、現代の若者の生態をあぶり出し、人間の本質を描き、賛否渦巻く衝撃作を立て続けに発表。最近では、映像の世界での注目度が高く、公開映画も続いており、実に2014年以来の書き下ろしの公演になります。シアターコクーンでの演出経験と映画監督としてのキャリアも積み上げた三浦大輔の書き下ろす新作に期待が高まる。

 


“怠慢”“絶望”“孤独” すべての『人間関係』を断ち切り
街の片隅で呆然と立ちすくむ、平凡な青年の逃亡記

当たり前だが、人は人とのつながりの中で生きている。家族、友達、恋人、仕事仲間、先輩後輩の上下関係など、人は、他人と何かしらの関係性をもちながら、『自分』という存在を形成している。もしその関係性が壊れるようなことがあっても、またその人間と関わり、踏ん張って修復するか、他の別の人間とまた新たな関係性を生まれさせるか、なんとか、この世界でひとり『孤独』にならないように生きていくものだ…。
それでも、もし、ひとりの人間が、あらゆる他人との関係性を絶ち、それを取り戻す気力もなく、この世界でひとりぼっちになってしまったことを実感したらどうなるのだろうか。そのとき、見える景色は、どのようなものなのだろうか。その『絶望』の果てで、人は何を思い、最終的にどういう行動をとるのだろうか。
これは、刹那的な『恐怖』から逃れるためだけに、あらゆる人間関係を壊したまま、修復も試みず、その結果、街の片隅で呆然と立ちすくむ、一人の平凡な青年のどうしようもない逃亡記です。

三浦大輔

<あらすじ>
菅原裕一(藤ヶ谷太輔)はフリーターで自堕落な生活を送っている。とあるきっかけで、恋人・鈴木里美(前田敦子)、親友・今井伸二(中尾明慶)、バイト先の先輩・田村修(米村亮太朗)、学生時代の後輩(三村和敬)、姉・香(江口のりこ)、更には母・智子(筒井真理子)を芋づる式に裏切り、あらゆる人間関係から逃げ続けることになり、後戻りできなくなる。しかし、最後に偶然にも、家族から逃げていった父・浩二(板尾創路)に出合い、裕一の中の何かが変わる。

特段、裕一が人の道から外れた『悪い人間』というわけではない。何かの歯車が狂い、このような事態に陥るが、誰でも一つ、ボタンを掛け違えたら、彼のようになりえるのではないかと思えるくらい、ただただ、そこら辺にいそうな普通の価値観の人間なのである。裕一はなぜ逃げ続けたのか、最後にどのような決断をするのか…

 

 

  • 三浦大輔(みうら・だいすけ)プロフィール
    早稲田大学演劇倶楽部を母体として、1996年12月、演劇ユニット「ポツドール」を結成。以降、全本公演の脚本・演出をつとめる。2006年「愛の渦」で、第50回岸田國士戯曲賞受賞。2007年3月本多劇場に初進出。2008年4月再び本多劇場で、新作「顔よ」を上演。2009年2月に岸田國士戯曲賞受賞作「愛の渦」を再演し、劇団の最高観客動員を記録する。
    2010年7月、ドイツ(エッセン)で行なわれたTHEATER DER WELT 2010(世界演劇祭)に招聘され、ポツドール「夢の城」を初の海外公演として実施。以降、KUNSTEN FESTIVAL DESARTS(ブリュッセル)、ウィーン芸術週間、FESTIVAL TRANSAMÉRIQUES(モントリオール)他、計4ヶ国、5公演をおこない、海外でも高い評価を得ている。
    ポツドール以外の舞台作品には、PARCOプロデュース「裏切りの街」(作・演出/2010年5月/パルコ劇場)、初の海外戯曲演出作品となるホリプロプロデュース公演「THE SHAPE OF THINGS」(作:ニール・ラビュート/主演:向井理/2011年2月/青山円形劇場)、つかこうへい作「ストリッパー物語」(構成・演出/主演:リリー・フランキー/東京芸術劇場)、2度目となるPARCOプロデュース公演「母に欲す」(作・演出/2014年7 月/パルコ劇場)等。2015年4月、初のBunkamuraシアターコクーン進出となる、シアターコクーン・オンレパートリー2015「禁断の裸体-Toda Nudez Será Castigada-」(作:ネルソン・ロドリゲス、演出:三浦大輔) を上演。最新舞台作品は2016年8月、ホリプロプロデュース「娼年」(原作:石田衣良、脚本・演出:三浦大輔)
    映像作品では、溝口真希子と共同監督した自主映画「はつこい」が第25回(2003)PFFぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞。
    DVD「ソウルトレイン」(原作:石原まこちん/2006)の脚本・監督、映画「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(原作:花沢健吾/主演:峯田和伸[銀杏 BOYZ])の脚本・ 監督をつとめた。
    2014年3月、岸田戯曲賞を受賞した同名の舞台を映画化した「愛の渦」公開。
    2016年10月、朝井リョウ原作の映画「何者」が全国東宝系にて公開、続く11月にも自身の舞台が原作となる映画 「裏切りの街」が公開。2018年春には映画版「娼年」(脚本・監督/松阪桃李主演)の公開が控えている。

概要

スタッフ

作・演出:三浦大輔
美術:愛甲悦子
照明:沢田祐二
音響:長野朋美
衣裳:小林身和子
ヘアメイク:河村陽子
演出助手:長町多寿子
舞台監督:齋藤英明

出演

藤ヶ谷太輔、前田敦子、中尾明慶、江口のりこ、三村和敬、米村亮太朗、
筒井真理子、板尾創路

公演日程

2018/3/6(火)~4/1(日)

3/6(火)18:30
3/7(水)18:30
3/8(木)休演
3/9(金)13:30
3/10(土)13:30/18:30
3/11(日)13:30/18:30
3/12(月)休演
3/13(火)18:30
3/14(水)13:30/18:30
3/15(木)18:30
3/16(金)休演
3/17(土)13:30/18:30
3/18(日)13:30/18:30
3/19(月)18:30
3/20(火)13:30/18:30
3/21(水)13:30
3/22(木)休演
3/23(金)13:30
3/24(土)13:30/18:30
3/25(日)13:30
3/26(月)休演
3/27(火)18:30
3/28(水)13:30/18:30
3/29(木)13:30
3/30(金)13:30
3/31(土)13:30/18:30
4/1(日)13:30

2018年
3月
6
(火)
7
(水)
8
(木)
9
(金)
10
(土)
11
(日)
12
(月)
13
(火)
14
(水)
15
(木)
16
(金)
17
(土)
18
(日)
19
(月)
20
(火)
21
(水)
22
(木)
23
(金)
24
(土)
25
(日)
26
(月)
27
(火)
28
(水)
29
(木)
13:30    

   
 

 
18:30          
2018年
3月
30
(金)
31
(土)
4/1
(日)
13:30
18:30    

Bunkamuraシアターコクーン

[主催/企画・製作]
Bunkamura

[大阪公演]
2018年4月9日(月)~15日(日) 森ノ宮ピロティホール
チケット料金:10,500円(全席指定・税込)
主催:サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp/

チケット情報

料金

S席10,500円 A席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込)

※コクーンシートは、特にご覧になりにくいお席です。予めご了承の上ご購入ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※車椅子スペースには限りがございます。車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入のうえ、お早目にBunkamuraへご連絡ください。
 また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、公演日前日までにご購入席番をBunkamuraへご連絡下さい。
※営利目的でのチケットのご購入、並びに転売は固くお断り致します。

MY Bunkamura先行販売

取り扱いなし

一般発売

2018/02/03(土)

枚数制限

発売初日のみ1回の受付に付き4枚まで。

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター(オペレーター対応/10:00~17:30)
03-3477-9912<2/3(土)発売日初日特別電話>
03-3477-9999<2/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>

カウンターでのお申込み

<2/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>
Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura1F 10:00~19:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ2F 11:00~19:00>

※本公演のBunkamuraでの一般発売日<2/3(土)>は、Bunkamuraチケットセンター特別電話のみの受付。オンラインチケットMY Bunkamuraでのお取扱いはございません。Bunkamura及び東急シアターオーブチケットカウンター(店頭)での販売はございません。

<その他プレイガイドでのお申込み>

※各社オンラインでのお取扱いはございません。
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話、PHS全機種、CATV接続電話、IP電話からはご利用できません。
※音声自動応答での受付番号は、ダイヤル回線からのご利用はできません。

お電話でのお申込み

チケットぴあ
0570-02-9950<Pコード不要 10:00~23:59>※2/3(土)発売日初日特別電話
0570-02-9999<Pコード:483-402 音声自動応答>※2/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり

ローソンチケット
0570-084-103<Lコード不要 10:00~23:59>※2/3(土)発売日初日特別電話
0570-084-003<Lコード:31546 音声自動応答>※2/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり
0570-000-407<オペレーター対応 10:00~20:00>※2/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり

店頭でのお申込み

<2/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>

チケットぴあ
チケットぴあ店舗<店舗により営業時間が異なります>
※詳しくはHPにてご確認ください。http://pia.jp/shoplist/
セブン-イレブン<24時間 毎週火曜日・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
サークルK・サンクス<朝5:30~深夜2:00>

ローソンチケット
ローソン・ミニストップ各店舗(店内Loppi)

お問合せ

Bunkamura 03-3477-3244<10:00~19:00>

20180306
20180401

ピックアップ