フランス文学の愉しみ

フランス文学の愉しみ−野村 昌代

現代のフランスではどんな作品が読まれているのか? アンスティチュ・フランセ東京内メディアテーク(図書館)主任・野村昌代氏に、“今のフランス”が垣間見られる現代のフランス文学を紹介していただきます。

アンスティチュ・フランセ東京

アンスティチュ・フランセ東京は、フランス政府公式の語学学校・文化センター。フランス語を学ぶと同時に、映画や講演会、展覧会などのイベントを通じて、フランス語圏の多様な文化と触れることができる場でもあります。館内には、教室に加えて、映画館(エスパス・イマージュ)や図書館(メディアテーク)、カフェ、そしてフレンチ・レストラン(ラ・ブラスリー)などがあり、どなたでも、自由にご利用いただけます。

 詳細はこちら

メディアテーク(図書館)

アンスティチュ・フランセ東京内にあるメディアテーク(図書館)は、豊富な所蔵資料によって今日のフランスに出会える場所です。現代美術や現代文学、フランス語学、観光やライフスタイル、やさしいフランス語、バンド・デシネ、フランス語圏の映画を知るためのDVD、フランス語圏のいろいろなミュージック・シーンのCDなど、すべて無料で閲覧や視聴ができます。

 詳細はこちら