Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > Bunkamuraドゥマゴ文学賞 > パリのドゥマゴ賞

パリのドゥマゴ賞 | Bunkamuraドゥマゴ文学賞

  • 今年度の受賞作品
  • 受賞作品一覧

Le Prix des Deux Magots 2018

【受賞者】

Julie Wolkenstein(ジュリー・ウォルケンシュテイン)

【受賞作品】

『Les Vacances(ヴァカンス)』

【出版社】

P.O.L.

1952年秋、ウールのとある荒れ果てた城を舞台にエリック・ロメールは自身の長編処女作となる「Les Petites Filles modeles(模範的少女たち)」を撮影していた。ほぼ完成した時、フィルムが消え、作品は未公開となった。
2016年春、元大学教授でセギュール夫人の研究者だったソフィーと、見失われた映画をテーマに論文を準備する青年ポールの二人は共にノルマンディーでこの一件に関する足跡、証人、説明を集める。映画を製作するベニン人の学生ジョゼフ・ケレは本当に、詩人でストリッパーの女性に恨みを抱いているのか。古城は何のためだったのか?セギュール夫人、エリック・ロメール、そして70年代のポルノ映画の関係は?捜査を進めるうち、ポールとソフィーは自分たち自身を捜査していることに気づくのだった。

Julie Wolkenstein

国籍:フランス
出身:パリ、1968年生
略歴:本名Julie Poirot-Delpechジュリー・ポアロ=デルペッシュは、アカデミーフランセーズ会員、ベルトラン・ポアロ=デルペッシュの娘。
カーン大学比較文学科助教授。

パリ「ドゥ マゴ賞」公式サイトはこちら

http://www.lesdeuxmagots.fr/prix-litteraire.html

ドゥ マゴ賞の歴史

「カフェ・ドゥ マゴ」テラス

1933年 第1回選考委員会の面々。 左から、フランク・ドボ、ロジェ・ヴィトラック、カリタ、ジョルジュ・バタイユ。右から、アンリ・フィリポン、(ひとり女性をおいて)受賞者のレーモン・クノー、ジョルジュ・リブモン=デセーニュ。

 「ドゥマゴ賞」は、1933年、アンドレ・マルローの『人間の条件』にゴンクール賞が授与された日に、パリの老舗カフェ「ドゥマゴ」の常連客だった作家、画家、ジャーナリスト13人によって、自分たちの手で独創的な若い作家に文学賞を贈ろうと創設されました。いかなる派閥からも独立していた彼らは、各々100フランずつを出しあって賞金を1300フランとし、アヴァンギャルドな精神にみちた将来性豊かな受賞者を選びました。第1 回の受賞者は、処女作『はまむぎ』を出版したばかりの当時30歳の新進作家レーモン・クノー。彼はのちにフランス文壇の最も先鋭的な作家のひとりとして活躍しています。第2回以降の賞金はその精神に共鳴したカフェ「ドゥマゴ」の店主が引き受け、毎年1月の第4週、店内で最終選考及び受賞者の発表が行なわれています。現在の賞金は7750ユーロ。
 創設時の主な選考委員は、ジョルジュ・バタイユ、マルティーヌ、ミシェル・レリス、ロジェ・ヴィトラックなど。
 Bunkamuraドゥ マゴ文学賞は、このパリのドゥ マゴ文学賞の先進性と独創性を受け継ぎ創設されました。