Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • English
  • 日本語
My Bunkamura (チケット/メルマガ)
ホーム > オーチャードホール > オーチャードホールのご案内

オーチャードホールのご案内 | オーチャードホール

オーチャードホールのご案内

世界有数のコンサート、オペラ、バレエのためのホール
日本初の大規模シューボックス型ホール。総客席数2,150席

世界の三大ホールと呼ばれるウィーンのムジークフェラインザール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、そして、ボストンのシンフォニーホール。いずれも天井が高く、垂直の両側壁、浅いバルコニーを持つシューボックス型ホールです。オーチャードホールは、このシューボックス型を採用した国内最大規模のホール。高く平らな天井(高さ約20m)と垂直で大きな側壁に、音が何度も繰り返し反射して重厚で豊かな音場を生み出しています。また、来場者にはもちろん、アーティストにも満足度の高い環境を提供できるよう、さまざまな工夫がなされています。最大の特色は、ステージに設けられた巨大な三重構造の可動式音響シェルター。このシェルターを移動させることで、コンサートホールとしての機能の他に、劇場としての機能も実現。クラシックコンサートをメインに、オペラ、バレエ、ポピュラーコンサートなど、異なるジャンルを一つの空間で提供できるコンバーチブルホールとして、頂点を極めています。充実した設備もオーチャードホールの魅力。華やかな雰囲気の漂うホワイエ、落ち着いた客席空間、開演前や幕間のひとときに飲み物を楽しめるビュッフェが、ゆったりとした時間と感動の余韻を約束します。

舞台展開
可動音響シェルターの移動によって拡大した舞台
(大規模オーケストラ対応)

可動音響シェルターの移動によって拡大した舞台
(大規模オーケストラ対応)

舞台床の傾斜機構、分割可能なオーケストラピット、オープンコントロールブースなど充実した機構を完備 (オペラ・バレエ対応)

舞台床の傾斜機構、分割可能なオーケストラピット、オープンコントロールブースなど充実した機構を完備 (オペラ・バレエ対応

これも舞台展開の一例
舞台の左右と上部にスピーカーを出した状態で、ポピュラー音楽対応

これも舞台展開の一例
舞台の左右と上部にスピーカーを出した状態で、ポピュラー音楽対応

その他の設備
ホワイエは期待感と余韻を増幅する空間

ホワイエは期待感と余韻を増幅する空間

舞台床の傾斜機構、分割可能なオーケストラピット、オープンコントロールブースなど充実した機構を完備 (オペラ・バレエ対応)

開演前、幕間のひとときに飲み物や軽食を楽しめるビュッフェ。パーティーにも利用できる

貸しホールについて