Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > シアターコクーン > ラインナップ > シアターコクーン・オンレパートリー2017 プレイヤー

ラインナップ | シアターコクーン

シアターコクーン・オンレパートリー2017
プレイヤー

ページを印刷する

2017/8/4(金)~8/27(日)

ともに劇作家・演出家として活躍する二つの才能が出会う!
長塚圭史(演出)×前川知大(作)の初タッグが実現!

『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』(作・演出)、『マクベス』(演出)と、シアターコクーンの空間に挑戦的で壮大な世界を生み出して来た長塚圭史。蜷川幸雄演出『太陽2068』で近未来SFを確かな筆致で描き出し、近年は映画(入江悠監督『太陽』原作・脚本、今秋公開の黒沢清監督『散歩する侵略者』原作)でも活躍するなど、今、最も注目される劇作家・前川知大。演劇界の次代を担うこの二つの才能が、初タッグを組むことになりました!

2006年、前川知大が全作品の作・演出を手掛ける劇団「イキウメ」で初演された『PLAYER』。謎の死を遂げた女性が生者を通じ、死後の世界から語りかける――。死者の声が、選ばれし者(Player)の身体を利用し再生(Play)されるというサイコホラーは、小劇場ファンの間で話題を呼び、約100人キャパの劇場は連日満員。チケット入手困難の公演となりました。

ふたりが組む本作にと前川が提案した戯曲『PLAYER』に触発された演出家、長塚圭史は、<生きる者が死者の再生装置となっていく劇『PLAYER』>と、<俳優たちが劇作家の言葉を再生する“Play”>を重ね、より大きな物語として構成できないかと考えました。それを受けた前川は、今回、自作『PLAYER』を劇中劇として取り込んだ、新しい戯曲『プレイヤー』を書き上げました。

『PLAYER』の戯曲が持つ不穏な世界が、演じる俳優たちを浸食していくことに……。

 現実なのか、物語なのか、境界線は徐々に曖昧になっていきます。同時に、観客の目の前にいる俳優たちが「俳優役を演じる」というレイヤーも加えれば、入れ子のように幾重にも<演じること>が重なっていき……。浸食し合うリアルとフィクション、スリリングな世界が立ち上がることでしょう。この夏、シアターコクーンで新たな化学反応を起こす本作に、どうぞご期待ください。

 

”Player”として参戦する、実力派揃いの魅力的なキャスト!

“Player”として、狂気を帯びてゆく登場人物には、この上ない魅力的なキャストが集まりました。蜷川幸雄に見出されて以降、舞台、映画、TVドラマ、CMなど幅広く活躍し、押しも押されもせぬ存在となった藤原竜也。前川とは5度目のタッグとなる仲村トオル。前川をして「演じる役の論理や感情を照れなく伝えられる」と言わしめるまっすぐさが本作にどういかされるのか。そして、わずか12歳で初主演したドラマ「瑠璃の島」では高い演技力で注目を浴び、以降映像作品を中心に活躍、今作が3作目の舞台出演となる成海璃子、変幻自在の演技力と際立つ存在感の木場勝己。さらに、作品のキーパーソンとなる女性演出家役に元宝塚男役トップスターの真飛聖。透明感がありどこかミステリアスな雰囲気が本作にどう影響をもたらすのか、どうぞご期待ください。

 

<あらすじ>
舞台はある地方都市の公共劇場、そのリハーサル室。国民的なスターから地元の大学生まで、様々なキャリアを持つ俳優・スタッフたちが集まり、演劇のリハーサルが行われている。
演目は新作『PLAYER』。幽霊の物語だ。死者の言葉が、生きている人間を通して「再生」されるという、死が生を侵食してくる物語。

<行方不明の女性、天野真(あまのまこと)が遺体で見つかった。死後も意識として存在し続けることに成功した彼女は、友人達の記憶をアクセスポイントとして、友人達の口を借りて発言するようになっていく。事件を追っていた刑事、桜井を前に、天野真を死に導いた環境保護団体代表であり瞑想ワークショップの指導者、時枝は、これは世界を変える第一歩だと臆面もなく語る。死者との共存が、この物質文明を打開するだろうと。カルトとしか思えない時枝の主張に、桜井は次第に飲み込まれてゆく。>

物語は劇中劇と稽古場という二つの人間関係を行き来しながら進んでいく。
死者の言葉を「再生」することと、戯曲に書かれた言葉を「再生」することが重なる。単なる過去の再生ではなく、今を生き始める死者と、戯曲の言葉に引き寄せられ、アドリブで新たな言葉を紡ぎ出す俳優が重なる。
演じることで死者と繋がった俳優達は、戯曲の中の倒錯した死生観に、どこか感覚を狂わされていく。生と死、虚構と現実の境界が曖昧になっていく。時枝の狂った主張は、桜井の選んだ行動は、リハーサル室でどう響くのか。

オンラインチケット MY Bunkamura

概要

スタッフ

作:前川知大 演出:長塚圭史
美術:乘峯雅寛 照明:齋藤茂男 音響:加藤温 衣裳:十川ヒロコ ヘアメイク:鎌田直樹 演出助手:須藤黄英 舞台監督:足立充章

出演

藤原竜也、仲村トオル、成海璃子、シルビア・グラブ、峯村リエ、高橋 努、安井順平、村川絵梨、長井 短、大鶴佐助、本折最強さとし、櫻井章喜、木場勝己、真飛 聖

公演日程

2017/8/4(金)~8/27(日)

8/4(金)19:00
8/5(土)19:00
8/6(日)14:00
8/7(月)休演
8/8(火)19:00
8/9(水)14:00/19:00
8/10(木)14:00
8/11(金)14:00
8/12(土)14:00/19:00
8/13(日)14:00
8/14(月)休演
8/15(火)19:00
8/16(水)14:00/19:00
8/17(木)14:00
8/18(金)19:00
8/19(土)14:00/19:00
8/20(日)14:00
8/21(月)休演
8/22(火)19:00
8/23(水)14:00/19:00
8/24(木)14:00
8/25(金)19:00
8/26(土)14:00/19:00
8/27(日)14:00

2017年
8月
4
(金)
5
(土)
6
(日)
7
(月)
8
(火)
9
(水)
10
(木)
11
(金)
12
(土)
13
(日)
14
(月)
15
(火)
16
(水)
17
(木)
18
(金)
19
(土)
20
(日)
21
(月)
22
(火)
23
(水)
24
(木)
25
(金)
26
(土)
27
(日)
14:00    


 
19:00        

Bunkamuraシアターコクーン

[主催/企画・製作]
Bunkamura

[大阪公演]
2017年8月31日(木)~9月5日(火) 森ノ宮ピロティホール
主催:MBS/サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp/

[静岡公演]
2017年9月9日(土)~10日(日) 静岡市民文化会館・中ホール
主催:静岡朝日テレビ
共催:静岡市民文化会館 指定管理者 静岡市文化振興財団共同事業体
後援:静岡県
お問合せ:静岡朝日テレビ 事業部 054-251-3302(平日10:00~18:00)
http://www.satv.co.jp/0500event/

チケット情報

料金

S席¥10,500 A席¥8,500 コクーンシート¥5,500(税込・全席指定)

※コクーンシートは、特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上ご購入ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※車椅子スペースには限りがございます。
 車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入のうえ、お早目に各会場のお問合せ先へご連絡ください。
 また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、
 公演日前日までにご購入席番を各会場のお問合せ先へご連絡下さい。
※営利目的でのチケットのご購入ならびに転売は固くお断りいたします。

MY Bunkamura先行販売

抽選制

受付期間:2017/4/18(火)12:00~4/24(月)23:59

※お申し込みは1登録者につき1回のみ4枚まで。
※抽選結果は4/28(金)よりメールにてご案内いたします。
※抽選結果発表予定日を過ぎてもメールが届かない場合は「マイページ」よりご確認ください。
※抽選時刻ほか抽選作業の詳細はお答え致しかねます。予めご了承ください。

オンラインチケット

一般発売

2017/06/03(土)

枚数制限

発売日初日のみ1回の受付につき4枚まで。

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター(オペレーター対応/10:00~17:30)
03-3477-9912<6/3(土)発売日初日特別電話>
03-3477-9999<6/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>

カウンターでのお申込み

<6/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>
Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura1F 10:00~19:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ2F 11:00~19:00>

インターネットでのお申込み

オンラインチケット

※本公演のBunkamuraでの一般発売日<6/3(土)>はBunkamuraチケットセンター特別電話及びオンラインチケットMY Bunkamura(PC・スマートフォン)での受付となります。
Bunkamura及び東急シアターオーブチケットカウンター(店頭)での販売はございません。

<その他プレイガイドでのお申込み>

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話、PHS全機種、CATV接続電話、IP電話からはご利用できません。
※音声自動応答での受付番号は、ダイヤル回線からのご利用はできません。

お電話でのお申込み

チケットぴあ
0570-02-9922<Pコード不要 10:00~23:59>※6/3(土)発売日初日特電
0570-02-9999<Pコード:457-956 24時間・音声自動応答 >※6/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり

ローソンチケット
0570-084-633<Lコード不要 10:00~23:59>※6/3(土)発売日初日特電
0570-000-407<オペレーター対応 10:00~20:00>※6/4(日)以降、残席がある場合のみ取扱いあり

インターネットでのお申込み

チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/player/(PC・携帯・スマホ共通/PC・スマホは座席選択可能)

イープラス
http://eplus.jp/player/(PC・携帯・スマホ共通/PC・スマホは座席選択可能)

ローソンチケット
http://l-tike.com/player/(PC・携帯・スマホ共通/PCで座席選択可能)

店頭でのお申込み

チケットぴあ
セブン-イレブン<24時間 毎週火曜日・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
サークルK・サンクス<朝5:30~深夜2:00>
チケットぴあ店舗<店舗により営業時間が異なります>
※詳しくはHPにてご確認ください。http://pia.jp/shoplist/

イープラス
ファミリーマート店内Famiポート(店内Famiポート直接購入・座席選択可能)

ローソンチケット
ローソン・ミニストップ各店舗(店内Loppi直接購入Lコード:32853)

お問合せ

Bunkamura 03-3477-3244<10:00~19:00>

20170804
20170827

ピックアップ