Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ル・シネマ > セールスマン

上映作品情報 | ル・シネマ

セールスマン

Forushande

ページを印刷する

6/10(土)よりロードショー

©MEMENTOFILMS PRODUCTION – ASGHAR FARHADI PRODUCTION – ARTE FRANCE CINEMA 2016

本年度アカデミー賞®で最も注目を集めた話題作!二度目の受賞という快挙!全米アベレージNO.1の大ヒット

2017年のアカデミー賞®で一番の話題となった『セールスマン』。トランプ政権による入国制限命令に抗議して、アスガー・ファルハディ監督と主演女優タラネ・アリドゥスティが授賞式へのボイコットを表明し、大きく報道された。その渦中にあって見事外国語映画賞を受賞し、国境や信教を超えて作品が高く評価されたことに、世界中が胸を熱くした。ファルハディ監督は『別離』でも同賞を獲得しており、二度目の受賞という快挙を成し遂げたことになる。カンヌ国際映画祭でも脚本賞と男優賞をW受賞した本作は、全米では2017年1月にたった3館で限定公開されたが、その週の公開作品でアベレージ1位となる大ヒット・スタートを記録した。

観る者を“感情のスペクタクル”へと誘う圧巻のクライマックス!日常が激変する心理サスペンス

教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し、俳優としても活動している仲の良い夫婦。ある日、エマッドの留守中に、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。やがて犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だとわかるが…その行く手には、彼らの人生をさらに揺るがす意外な真実が待ち受けていた──。ゆるやかに理性をかき乱されていく夫婦を軸に、登場人物たちの思惑がスリリングに絡み合う心理サスペンス。復讐心に囚われたエマッドが"犯人"と対峙するクライマックスは、怒りや不安、悔恨の情がドラマティックに錯綜し、圧倒的な緊張感で描かれる"感情のスペクタクル"と呼ぶにふさわしい。

世界が待ち望んだイランの名匠アスガー・ファルハディ監督の新たなる傑作

今や世界的に最も新作が待ち望まれるフィルムメーカーのひとりアスガー・ファルハディ。『彼女が消えた浜辺』でベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いたのち、『別離』では再びベルリンにて主要3部門を独占し、続いてアカデミー賞®も受賞。さらにカンヌ国際映画祭に出品された『ある過去の行方』では、ベレニス・ベジョに女優賞をもたらした。ファルハディ監督は創作上の厳しい制約をものともせず、綿密な脚本の緊迫感あふれる語り口で、人間や社会がはらむ複雑なテーマを鋭くあぶり出し、世界中から絶大な支持を獲得している。

物語を重層的に響かせるアーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」

アメリカを代表する劇作家アーサー・ミラーのピューリッツァー賞受賞作「セールスマンの死」。ファルハディ監督は、時代の変化に取り残された戯曲の主人公の境遇を、急速に近代化が進むイランの社会状況に重ね合わせたという。劇中では「セールスマンの死」の舞台シーンが随所に挿入され、映画に豊かな奥行きを与えるとともに、現代的なライフスタイルと伝統的な価値観の狭間で生きる夫婦の姿が、リアルに綴られている。

監督
アスガー・ファルハディ
キャスト
シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ
作品情報
2016年/イラン・フランス/124分
受賞
ノミネート
第69回カンヌ国際映画祭 脚本賞・主演男優賞W受賞
第89回アカデミー賞®外国語映画賞受賞
配給
スターサンズ/ドマ

公式サイトはこちら

概要

前売り券情報

特別鑑賞券1,500円(税込)好評発売中
[一般料金1,800円(税込)の処]
劇場窓口にて特別鑑賞券をお買い求めの方に、
オリジナルクリアファイルをプレゼント!(限定数)

一般・¥1,800 学生・¥1,500 (平日は学生・¥1,100) シニア・¥1,100 小・中・高校生¥1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は¥1,100(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20170610, 20170611, 20170612, 20170613, 20170614, 20170615, 20170616, 20170617, 20170618, 20170619, 20170620, 20170621, 20170622, 20170623, 20170624, 20170625, 20170626, 20170627, 20170628, 20170629, 20170630, 20170701, 20170702, 20170703, 20170704, 20170705, 20170706, 20170707
20170610
20180412

ピックアップ