Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 岡村 透子 展 "うたかた"

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

岡村 透子 展
“うたかた”

2015/5/23(土)~5/31(日)

乙女心の異素材コラージュ

 キャンバスに描かれたモチーフを一度切り取り、それを別のキャンバスに乗せ、綿を詰めて縫い合わせる。さらにガーゼや和紙などの繊細な素材を用いて重ね、立体感を増していきます。それはエンブレムや剥製のイメージで、表現したいモチーフを一歩前へ押し出したいという作家の気持ちの具現化でもあるのです。
 油彩にアクリル絵の具をミックスし着彩したキャンバスには、眩い金箔が据えられる。スワロフスキーによる装飾で、きらびやかで優美に輝くその姿は、まるでジュエリーのよう。さらに作家自身が持つ強さと美しさを象徴するかのような花々は、見る人を魅了し咲き乱れます。

 Bunkamuraでは約3年振りとなる岡村透子展。今展のテーマは“うたかた”。
 “うたかた”とは、儚く消えやすいもののたとえ。作品に描かれた花や乙女たちは、見る人の乙女心をくすぐるような、理想を込めて描かれています。また、そのように美しく、うたかたなモチーフを描きながらも、見る人に鮮烈な印象を与えられるように、画面にさまざまな工夫をしているのです。
 『インテリアジュエリー』として生活の一部に取り入れられることも多い岡村の作品。それによって日々の感情や想いの中に「潤い」をもたらし、日々、愛でてもらえるような作品創りも目指しているといいます。

 イラストレーターとして活躍後、2005年より作家としてデビューした岡村透子。自身の生活や体験を元に、彼女ならではの女性像と世界観で作品を創り上げます。国内のみならず、ニューヨーク、マイアミ、モスクワなどでも展示を行い海外からも注目されている、岡村透子の作品をお楽しみください。

掲載作品
「うたかた」  
アクリル・金箔・キャンバス
18×18cm

《プロフィール》

岡村 透子 TOUKO OKAMURA 

1972年生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業。
雑誌、広告媒体でイラストレーターとして活動。
2005年より作品制作をはじめる。
国内外での展覧会を多数開催。

《主な展覧会》

2006 個展 “L’esprit de fille”(銀座)
2007 個展 露日会館/招待展示(サンクトペテルブルグ)
2008 個展 トレチャコフ国立美術館 アネックス(モスクワ)
2009 企画展 伊勢丹アートギャラリー(新宿)
2010 ART SCOPE(マイアミ)
   ART CHICAGO(シカゴ)
   個展 THE OBSESSION GALLERY(代官山)
2011 ART BROOKLYN(ニューヨーク)
   モダンリビングアート絵画展 銀座三越ギャラリー(銀座)
   個展 ヒルサイドテラス Aギャラリー(代官山)
2012 個展 “ヨキカナ”Bunkamura Box Gallery(渋谷)
2013 個展 “アンソロポロジー”銀座三越ギャラリー(銀座)
2014 個展 THE OBSESSION GALLERY(代官山)

作品紹介/スライドショー

「幸福な時をさまよう乙女」
2011年
アクリル、キャンバス、金箔、和紙 117×91cm

「幸福な時をさまよう乙女Ⅲ」
2013年
アクリル、キャンバス、漆塗料、和紙、スワロフスキー 60×30cm

「深層/希望」
2013年
アクリル、キャンバス、金箔、和紙 117×35cm

「深層/祈り」
2013年
アクリル、キャンバス、金箔、和紙 117×35cm

  • 概要

開催期間

2015/5/23(土)~5/31(日)

開館時間

10:00~19:30

会場

Bunkamura Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ