Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > MAGO / SHADOW IMPACT

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

MAGO / SHADOW IMPACT

2012/7/10(火)~7/18(水)

「Wind Spins」2012年 墨、和紙

 墨で描く筆線の美しさで、近代水墨画家として高い評価を得ているMAGO。東京文化服装学院在学中からファッションをテーマにしたイラストを描き、その後美人画を即興で披露するライブペインティングで注目を集めてきました。

 弱冠27歳ながらその活躍はめざましく、2010年4月には携帯3キャリア公式モバイルコンテンツ「待ち受けアートパラダイス」配信アーティストに選ばれ、3度の週間ダウンロード第1位を獲得。同年5月に行われた東京ビッグサイト「デザインフェスタ」では地元福井の県立恐竜博物館のART PRを担当。幅8メートル、高さ3.45メートルの和紙に即興で恐竜を描き上げました。また、2010年8月には国内最大の音楽フェス「SUMMER SONIC 2010 SONICART」に最年少で出場し、ROCKとスカルが融合したライブペインティングを披露しています。

 墨と越前和紙という古来の技法を用いながらも、その研ぎ澄まされた感性で人々を惹きつけてやまないMAGO。本展では、これまで描いてきた「美人画」をより立体的に、且つ躍動感のある作品として新たに全てを書き下ろす予定です。
 今回MAGOが選んだテーマは白の和紙からなる風と浮遊を連想させる戯れと、漆黒の和紙からなる暗闇に指す光との戯れ。相反する白と黒という2つの無彩色の中で、女性独自の儚さと強さを描きます。
 
 ニューヨークや中国にも活動の場を広げる彼は、様々な文化が交錯する渋谷で、今度はどのような姿を見せてくれるのでしょうか。

 

MAGO プロフィール

[1984]
福井県生まれ
東京文化服装学院卒業
[2009]
美人画のライブペインティングを始める
[2010]
「待ち受けアートパラダイス」配信アーティストに選ばれる
福井県ブランド大使に任命される
東京ビッグサイト「デザインフェスタ」にて福井県立恐竜博物館ART PR担当
「SUMMER SONIC 2010 SONICART」出場
[2011]
「SUMMER SONIC 2011 SONICART」出場
[2012]
個展(ファイナルファンタジーデザイナー 天野喜孝氏と同時開催)
NHK総合「頭がしびれるテレビ」アートデザイナーに抜擢

その他、福井駅前巨大アートプロジェクトのプロデュースを初め、YKK広告、Levi'sデニムパンツ、LITHIUM HOMME2012春夏コレクション、鯖江メガネMAGOモデル、iPhoneカバー、EMI Music Japan レーベルロゴデザインに携わる。

 

作品紹介/スライドショー

「Cool beauty」2010年 墨、和紙

「Lace Woman」2008年 墨、和紙

「corona」2012年 和紙、墨、彩墨、金粉

「Rui-涙-」2012年 和紙、墨

  • 概要

開催期間

2012/7/10(火)~7/18(水)

開館時間

10:00~19:30

会場

Bunkamura Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ