Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 15th Anniversary The Latest Kaleidoscope Exhibition 万華鏡展2017

展覧会情報 | ギャラリー

15th Anniversary The Latest Kaleidoscope Exhibition
万華鏡展2017

ページを印刷する

2017/9/16(土)~9/24(日)

覗きのエンターテイメント、浮遊する光の幻想空間

掲載作品
マークティックル

都内最大級の万華鏡の祭典、Bunkamura Gallery万華鏡展も今年で15回目を迎えます。節目の今展では会場スペースを拡張し、内容もスケールアップで開催!今年のテーマである「clear blue」「snowflakes」の涼感溢れる最先端万華鏡を中心に、光を体感する暗闇幻想空間を初公開。万華鏡の新たな魅力を発見する場を存分にお楽しみください。

今年5月に京都で開催された万華鏡世界大会では、本展常連作家3名が最優秀作品賞<ピープルズ・チョイス・アワード>を受賞。外観、内部共に高いクオリティーを誇る中里保子、イギリス万華鏡界を代表するマーク・ティックル、当ワークショップでも絶大な人気を誇る佐藤元洋らの受賞作品を特別展示販売いたします。

毎年好評のワークショップでは、新しい講師をお迎えしパワーアップいたします!

人気講師陣の鈴木明子、山見浩司、佐藤元洋に加え、今回より実力派・石田千香子が初参戦。万華鏡作り初体験の方から、何度もご参加されている方々まで楽しめる、充実のラインナップです。受付開始は8/26(土)11:00から。詳細は下部のワークショップ特設ページでご確認下さい!

更に、今回のみどころの一つである新設のライトダウンした暗闇幻想空間では、柏原エリナによる光と鏡のドレス、若林寛の投影万華鏡、ブルーのライトアップで魅せる桐林恭子・亨の大型万華鏡など、万華鏡の新たな可能性をご覧いただけます。

また1Fロビーラウンジでは、万華鏡の内部映像をイメージしたレーザーアートの天井投影イベントを開催。向かいのWall Galleryでも万華鏡関連映像を放映いたします。

個性的な万華鏡も大充実で、男性支持の高い木製万華鏡の高林千稔をはじめ、日本の万華鏡第一人者である山見浩司ほか、羽石茂・泉、傍嶋飛龍、堀越順子、鈴木明子、林和子ら人気作家の最新万華鏡が渋谷に大集結!アクセサリー万華鏡の関一(せきはじめ)のコーナーではオリジナル万華鏡作りも開催予定です。また、初登場作家の野田麻里、かたおかきくよ等にも要注目です!

今までに見たことのない、体験したことのない煌めきのリラクゼーション。

運命の万華鏡を偶然手に取った方から、毎年9月に熱い期待を持って来場される方まで、新鮮な出会いをお届けすべくバラエティに富んだ内容でお待ちしております!

◆ワークショップ詳細はこちら

作品紹介/スライドショー
  • 佐藤 元洋「種」

  • 羽石茂&泉「orion」

  • 三輪 くるみ「参考作品」

  • 傍嶋 飛龍「休息のとき」

  • 中里 保子「紅花流水紋」

  • 関 一「エレガントスコープ」

概要

開催期間

2017/9/16(土)~9/24(日)

開館時間

10:00~19:30

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ