Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > カロリーナ・ラケル・アンティッチ作品展 2007-2017

展覧会情報 | ギャラリー

カロリーナ・ラケル・アンティッチ作品展
2007-2017

ページを印刷する

2017/6/28(水)~7/5(水)

「戦争ごっこ」
2007年 アクリル・麻キャンバス 115x115cm

 ヴェニス在住の画家カロリーナ・ラケル・アンティッチの絵画作品は、主なテーマとして思春期を迎える前後の少年少女たちの姿が描かれています。例えば戦争ごっこに興じる半ズボン姿の細身の少年達や、自我の目覚めを感じさせる表情をたたえた少女のポートレートなど。アンティッチ作品には、子供の持つ純真さや初々しさだけでなく、意固地さや残酷性といった多面的で移ろいやすい感情の揺らめきが、大きく余白を残した空間の中に繊細なタッチで捉えられています。
 アンティッチは近年、イタリアでも人気の高い吉本ばなな作品のイタリア語翻訳版の表紙デザイン原画を手掛けており、作家が描く少年少女らはティーンエイジャーの登場人物たちの感情の揺らめきを繊細に描く吉本の小説世界に通じる瑞々しい感受性が感じられます。
 日本で初めてアンティッチの仕事を包括的に紹介する機会となる本展では、2007年から現在に至る過去10年間に制作されたキャンバス作品を中心に、水彩や鉛筆デッサン、磁器彫刻、コマ撮り手法で制作されたアニーメーションなどを加え約30作品にて構成します。

プロフィール
  • カロリーナ・ラケル・アンティッチ
    Carolina Raquel Antich

    1970年 アルゼンチン・ロザリオ生まれ。
    1990年代後半よりイタリア・ヴェニスを拠点に制作活動を行なう。
    2005年にイタリア若手芸術家賞を受賞、第51回ヴェニスビエンナーレ出展。

    以降国際的な注目を集め、ニューヨーク、ミラノ、ロンドン、東京等で個展開催。初々しい少年少女たちの姿を繊細なタッチで描いた作品が特徴的で、近年は絵画の他に磁器による彫刻作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
作品紹介/スライドショー
  • 「みずうみ」
    2017年 麻キャンバスにアクリル 80x66cm
    吉本ばなな「みずうみ」イタリア語版表紙に採用された作品

  • 「抱擁」
    2011年 麻キャンバスにアクリル 34x46cm
    吉本ばなな「哀しい予感」イタリア語版表紙に採用された作品

  • 「流れに逆らって」
    2013年 麻キャンバスにアクリル 52.8x43cm

  • 「4匹のリス」
    2012年 麻キャンバスにアクリル 28.4x27.5cm

  • 「キッチン」のためのデッサン
    2015年 紙に水彩 22x29.5cm
    吉本ばなな「キッチン」イタリア語版表紙のために制作された作品

概要

開催期間

2017/6/28(水)~7/5(水)

開館時間

10:00~19:30

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ