Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 安元亮祐展‐オマージュ池田満寿夫

展覧会情報 | ギャラリー

安元亮祐展‐オマージュ池田満寿夫

ページを印刷する

2017/2/3(金)~2/15(水)

池田満寿夫に捧げる、静寂に佇む原風景

上:安元 亮祐 「灰色の風の中で」1991年 キャンバス、アクリルコラージュ
下:池田 満寿夫 「化粧する女」 1964年 銅版画

 グレーの階調を自在に行き来し、奔放に時に物憂げな線描が心を打つ安元亮祐の作品群。風景も人物も動物も、思考が揺らぐ遠近感の中、その形をどこかに忘れてきたかの様な佇まいで、静かに私たちの前に現れます。聴覚を失った彼が描き出すそれらは、静寂の中に懐かしい言葉のかけらを探し求めるかの様に、その豊かな情緒溢れる表現力で観る者を魅了し続けています。
 
 芸術という枠にとらわれず、様々な分野で自らの表現を追求し続けた池田満寿夫。同時に新しい才能を見出し作品をコレクションすることで、若いアーティストたちの支援を続けた事でも知られています。安元もそのひとりであり、個展の案内状に寄せた推薦文の中で、こう語っています。「…マチエールに塗り込められた澄んだナイーブなこの感性は、画家が音のない世界で現実の中に心象を求めながら制作しているからだと分かった。松本竣介と共通する海辺や町並を濡らす驟雨のようにデリケートでしっとりとした画肌は私たちを限りなくなつかしい詩人の風景へ誘ってくれる… 池田満寿夫」 
 
 Bunkamura Galleryにて10年振りとなる今展では、安元が最も尊敬し影響を受けた作家池田満寿夫へのオマージュ作品を発表します。池田作品との出会いについて「どれもこれもラクガキみたい、でも全てが生きている」と語る安元。感謝と挑戦の想いを込めて制作した新作のペインティング、銅版画、初期の風景作品の他、特別展示と致しまして、没後20年を迎える池田満寿夫の、ヴェネツィアビエンナーレ大賞を受賞した版画作品をはじめとする代表作約15点も展覧販売致します。両者のほとばしる才能をご堪能下さい。

プロフィール
  • 安元 亮祐 Ryosuke YASUMOTO
    1954年 兵庫県姫路市生まれ
    筑波大学附属聾学校美術専攻科中退

    【受賞歴】
    安田火災美術財団奨励賞展《新秀作賞》
    第27回昭和会展《昭和会賞》

    【作品出品】
    受賞安井賞展出品、NiCAF、アートフェア東京、高島屋主催「美の予感展」

    【個展】
    Bunkamura Gallery(1997、2000、2007、2017)、不忍画廊(東京)、アサヒギャラリー(甲府)、ワイアートギャラリー(大阪)、山口画廊(千葉)、画廊香月(福岡~東京) 他多数

  • 池田 満寿夫 Masuo IKEDA
    1934年 旧満洲国奉天(現・中国遼寧省瀋陽)生まれ
    終戦後長野市に帰る
    1997年 急性心不全により死去

    【受賞歴】
    第2回東京国際版画ビエンナーレ展《文部大臣賞》(1960年)
    第2回パリ青年ビエンナーレ展 版画部門《優秀賞》
    第33回ヴェネツィア・ビエンナーレ展版画部門《国際大賞》(1966年)
    芸術選奨文部大臣賞(1967年)
    『エーゲ海に捧ぐ』《芥川賞》(1977年)

    【個展】
    不忍画廊(東京)、ニューヨーク近代美術館、高島屋日本橋店 他多数
作品紹介/スライドショー
  • 安元 亮祐「水の中の街」
    2013年
    キャンバス、アクリル、布 他

  • 安元 亮祐「音楽家の猫」
    2014年
    アクリル、コラージュ 他

  • 池田 満寿夫「サイズはサイズ」
    1963年
    銅版画

  • 池田 満寿夫「バラはバラ」
    1963年
    銅版画

概要

開催期間

2017/2/3(金)~2/15(水)

開館時間

10:00~19:30

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ