Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > ルーツof Kawaii『内藤ルネ展』 ―時代と少女たち― 同時開催:1960~1970年代 日本のアヴァンギャルド

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

ルーツof Kawaii『内藤ルネ展』 ―時代と少女たち―
同時開催:1960~1970年代 日本のアヴァンギャルド

2014/7/30(水)~8/6(水)

■ルーツof Kawaii 『内藤ルネ展』―時代と少女たち―

“14~15才の少女から70を越した少女まで、いつまでも心にみずみずしさを残した女性のために”(1978年「薔薇の小部屋」夏号より:内藤ルネ)

 昨年デビュー60周年を迎えた内藤ルネは、1960~1970年代、それまでの少女画とはまったく異なる美少女を描きました。その活気に溢れた明るい表情と、現代でも充分に通じる多彩なヘアスタイルやファッションの数々は、当時の少女たちに大きな衝撃を与え、見る者を虜にしました。

 日本の少女文化をリードするマルチ・クリエーターであった彼は、当時「幼い」や「ちっぽけな」というややネガティブな意味として使われていた「かわいい」という言葉を、初めて可憐でキュートなイメージに変えて使い始めたことからも「カワイイ文化の祖」とも言われています。

 ヴィヴィッドに彩られたキッチュな少女画をはじめ、大ブームを巻き起こしたパンダ等の動物から、野菜やフルーツ、捨てられていた家具まで、それまで誰もが見過ごしていた“カワイイの芽”をあらゆるものの中に吹き込み、2007年に惜しまれつつも亡くなりました。今や「かわいい」は「Kawaii」となり、世界中の少女達の共通語となりました。時代も性別も超えて乙女心を魅了する内藤ルネの持つ世界観は、見る者にノスタルジーや感動を与えます。
 
 本展は、内藤ルネの初期から晩年までの原画に加え、版画・当時の雑誌・付録などを展示する他、グッズを多数販売します。

掲載作品
内藤ルネ
「ジュニアそれいゆ」 
1960年 第33号表紙 
©R.S.H/RUNE

■同時開催:1960~1970年代 日本のアヴァンギャルド

 内藤ルネと同時代に活躍し、現代まで多大な影響を与え続ける横尾忠則・宇野亜喜良・金子國義・四谷シモンなど、当時ムーブメントを巻き起こした作家たちの希少な油彩や版画・ポスターなどを展示販売します。合わせてご覧下さい。

作品紹介/スライドショー

内藤ルネ
「8人の魔女の肖像」
肉筆画
©R.S.H/RUNE

内藤ルネ
「おしゃれバッグ」
集英社『りぼん』
1959年4月号付録
©R.S.H/RUNE

内藤ルネ
「内藤ルネ自伝 すべてを失くして」
表紙
小学館クリエイティブ
2005年

内藤ルネ
立体作品
©R.S.H/RUNE

横尾忠則
「腰巻きお仙 忘却編」
シルクスクリーン
1966年

  • 概要

開催期間

2014/7/30(水)~8/6(水)

開館時間

10:00~19:30 ※最終日のみ18:00 Close

会場

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

協賛・協力等

[企画]
㈱ルネ
[協力]
スパンアートギャラリー

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ