Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 吉田照美 絵画展

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

吉田照美 絵画展
不思議な夢

2012/12/1(土)~12/11(火)

無限に広がる創造世界

 ラジオパーソナリティーとして活躍する傍ら、2005年より本格的に油彩画に取り組み、その才能を発揮している吉田照美。2006年、三軌展に初出品し初入選を果たし、2008年には欧州美術クラブ主催のスペイン美術賞展で入選し、海外での評価も受けています。

 ピカソ、ダリ、マグリットなどの絵画からインスピレーションを受けたイメージは、吉田のフィルターを通して摩訶不思議な夢の世界へと姿を変えます。真っ青な空の中には、卓越した描写力で描かれた動物、人、花たちが、歪んだ遠近感で共存し、強烈なユーモアとシニカルで、観る者を惹きつけています。そんなシュールな世界観があると思えば、夕景をテーマにした懐かしさ漂う色鮮やかな作品は、幼い時の淡い思い出や郷愁を感じさせ、かつての憧れや遠い記憶を呼び起された様な感覚を抱かせます。また、存在感のある自画像シリーズや、吉田にとって幸運をもたらす鳥として、ハチドリが多く描かれているなど、その表現の域は計り知れません。描きたいという素直な欲求のままに、自由奔放にかつ大胆に走らせた筆は、留まる事を知らず、進化し続けているのです。

 今春、スペインとイタリアを訪れその熱気と文化芸術を肌で感じた吉田。そこから受けた刺激と感性をダイレクトに表現した新作をはじめ、人気の夕景シリーズなど一堂に展覧販売致します。また、自身初となるソロアルバムが今秋発売され、そのブックレットに使用された作品の原画も展開します。言葉を絵筆に変えた、吉田照美の不思議な創造の世界をお楽しみください。

掲載作品
「今叫ばないで、いつ叫ぶ!」
油彩・キャンバス 65.1×53.0㎝


ギャラリートーク開催

吉田照美×小山薫堂(放送作家・脚本家)
12/1(土) 13:00~
*当日10時より先着50名様に整理券を配布いたします。

小山薫堂
放送作家、脚本家、ラジオパーソナリティ。
数々のヒット番組を生み出す一方、米アカデミー賞受賞作「おくりびと」では脚本を手掛ける等、多方面で活躍中。

作品紹介/スライドショー

「ん?これは、ニュートンのリンゴではない!?」
油彩、キャンバス  
31.8×41.0㎝

「猫花繚乱」
油彩、キャンバス  
65.1×53.0㎝

「バニ―ボーイの憂鬱と快楽」
油彩、キャンバス
72.7×60.6㎝

「あの日の約束」
油彩、キャンバス
53.0×45.5㎝

  • 概要

開催期間

2012/12/1(土)~12/11(火)

開館時間

10:00~19:30

会場

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

協賛・協力等

[協力]
文化放送・BS11・アラヤ

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ