Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > シアターコクーン > ラインナップ > シアターコクーン・オンレパートリー2017 妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」

ラインナップ | シアターコクーン

シアターコクーン・オンレパートリー2017
妄想歌謡劇「上を下へのジレッタ」

ページを印刷する

2017/5/7(日)~6/4(日)

手塚治虫の“幻の”傑作漫画が、倉持裕の脚本・演出により初舞台化!

「テレビなんざぁ今にラジオと同じ空気みたいな存在になる。
大衆はもっともっとあくどい刺激を求めるようになるんだ。
じゃあそいつは何か? その世界へ自分ごと飛び込めるような刺激……『ジレッタ』さ!」

マスコミ社会を舞台に、様々な角度から湧き出る人間の欲望を風刺し、今では現実となったヴァーチャル・リアリティの世界を“ジレッタ”と称して独特の表現で創り出された漫画「上を下へのジレッタ」。
書かれた当時は夢物語でしかなかった「妄想の共感」が、決して絵空事とは言い切れなくなった今、観客の目に映るものは現実か、妄想か…。

演出は、演劇界の次世代を担う気鋭の脚本家・演出家の倉持裕。幼いころに原作を読んで衝撃を受け、主人公のキャラクターが自身の作品世界に多大な影響をもたらしているという本作を、自らの手で戯曲化。更に演出も手掛け、新ジャンルともいえる“妄想歌謡劇”として創り上げます。

主演は、歌手だけでなく、俳優としても映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍する<横山裕>。常に野心満々で、己の欲望に飲み込まれて破滅するエゴイスト、という強烈なダークヒーロー・門前市郎に挑みます。

共演は、不器量な容姿のため覆面歌手として活動していたが、空腹になると絶世の美女に変身するという歌手・小百合チエに<中川翔子>、チエの恋人で、妄想の世界である“ジレッタ”を生み出す作品のキーパーソン、山辺音彦に人気バンド「在日ファンク」のリーダーで近年俳優としての活動も目覚ましい<浜野謙太>、門前のブレーンであり、元恋人で、別れた後もなにかと世話を焼いてしまう間リエに<本仮屋ユイカ>。そして、門前が再起をかけて来日させたアメリカの大物ミュージカルスター、ジミー・アンドリュウスに<馬場徹>、門前の宿敵のライバル、大手芸能プロダクション社長に<銀粉蝶>、門前の依頼でジレッタのスポンサーとなる有木足に<竹中直人>など、豪華なキャストが決定しました!


◆『上を下へのジレッタ』とは?

『上を下へのジレッタ』は、1968年に「漫画サンデー」に連載された、手塚治虫漫画の中では珍しい、知る人ぞ知る異色中の異色作で、そのため“非話題作”とも称される“幻の傑作”です。マスコミ社会を舞台に人間の欲望を風刺し、今では現実となったヴァーチャル・リアリティの世界を独特の表現で創り出すなど、作品には手塚らしい文明批判がしっかりと込められており、更に抜群の先見性も外さず見事に描かれています。

手塚の描いた“ジレッタ”が、時代を超えてどのように三次元の世界で表現されるのか、ご期待ください!

概要

スタッフ

原作:手塚治虫 脚本・演出:倉持 裕 音楽:宮川彬良
照明:沢田祐二 美術:中根聡子 音響:高塩顕 衣裳:太田雅公 ヘアメイク:宮内宏明
振付:振付稼業air:man 映像:石田肇・横山翼 歌唱指導:福井小百合 稽古ピアノ:中野裕子
演出助手:長町多寿子 舞台監督:足立充章

出演

横山 裕、中川翔子、浜野謙太、本仮屋ユイカ、小林タカ鹿、玉置孝匡、馬場 徹、銀粉蝶、竹中直人

浅川文也、仙名 立宗、高木英和、高瀬育海、江見ひかる、木内 栞、香月彩里、佐久間夕貴、鈴木さあや、田口恵那、花瑛ちほ、麻尋えりか

公演日程

2017/5/7(日)~6/4(日)

5/7(日)18:30
5/8(月)18:30
5/9(火)休演
5/10(水)13:30/18:30
5/11(木)休演
5/12(金)13:30
5/13(土)18:30
5/14(日)13:30/18:30
5/15(月)18:30
5/16(火)18:30
5/17(水)13:30/18:30
5/18(木)休演
5/19(金)13:30
5/20(土)13:30/18:30
5/21(日)13:30
5/22(月)18:30
5/23(火)休演
5/24(水)休演
5/25(木)18:30
5/26(金)13:30
5/27(土)13:30/18:30
5/28(日)13:30
5/29(月)18:30
5/30(火)18:30
5/31(水)13:30/18:30
6/1(木)休演
6/2(金)13:30
6/3(土)13:30/18:30
6/4(日)13:30

2017年
5月
7
(日)
8
(月)
9
(火)
10
(水)
11
(木)
12
(金)
13
(土)
14
(日)
15
(月)
16
(火)
17
(水)
18
(木)
19
(金)
20
(土)
21
(日)
22
(月)
23
(火)
24
(水)
25
(木)
26
(金)
27
(土)
28
(日)
29
(月)
30
(火)
31
(水)
13:30




18:30
2017年
6月
1
(木)
2
(金)
3
(土)
4
(日)
13:30
18:30

Bunkamuraシアターコクーン

[主催/企画・製作]
Bunkamura

[大阪公演]
2017年6月10日(土)~19日(月)森ノ宮ピロティホール
主催:サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp/

チケット情報

料金

S席¥11,500 A席¥9,000 コクーンシート¥6,000(税込・全席指定)

※コクーンシートは、特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上ご購入ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※車椅子スペースには限りがございます。車椅子でご観劇のお客様は座席指定券をご購入のうえ、お早目にBunkamuraへご連絡ください。
 また、お座席でご観劇の場合も当日スムーズにご案内をさせていただくため、公演日前日までにご購入席番をBunkamuraへご連絡下さい。
※営利目的でのチケットのご購入ならびに転売は固くお断りいたします。

★立見券詳細はこちら
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_jiretta/topics/_4161000.html

MY Bunkamura先行販売

取り扱いなし

一般発売

2017/03/12(日)

枚数制限

発売日初日のみ1回の受付につき4枚まで。

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター(オペレーター対応/10:00~17:30)
03-3477-9912<3/12(日)発売日初日特別電話>
03-3477-9999<3/13(月)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>

カウンターでのお申込み

<3/13(月)以降、残席がある場合のみ取扱いあり>
Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura1F 10:00~19:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ2F 11:00~19:00>

※本公演のBunkamuraでの一般発売日<3/12(日)>は、Bunkamuraチケットセンター特別電話のみの受付。オンラインチケットMY Bunkamuraでのお取扱いはございません。Bunkamura及び東急シアターオーブチケットカウンター(店頭)での販売はございません。

<その他プレイガイドでのお申込み>

※各社オンラインでのお取扱いはございません。
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話、PHS全機種、CATV接続電話、IP電話からはご利用できません。
※音声自動応答での受付番号は、ダイヤル回線からのご利用はできません。

お電話でのお申込み

チケットぴあ
0570-02-9960<Pコード不要 10:00~23:59>※3/12(日)発売日初日特電
0570-02-9999<Pコード:456-147 音声自動応答>※3/13(月)以降、残券がある場合のみ取扱いあり

ローソンチケット
0570-084-636<Lコード不要 10:00~23:59>※3/12(日)発売日初日特電
0570-084-003<Lコード:33522>※3/13(月)以降、残席がある場合のみ取扱いあり
0570-000-407<オペレーター対応 10:00~20:00>※3/13(月)以降、残席がある場合のみ取扱いあり

店頭でのお申込み

<3/13(月)以降、残券がある場合のみ取扱いあり>

チケットぴあ
チケットぴあ店舗<店舗により営業時間が異なります>
※詳しくはHPにてご確認ください。http://pia.jp/shoplist/
セブン-イレブン<24時間 毎週火曜日・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
サークルK・サンクス<朝5:30~深夜2:00>

ローソンチケット
ローソン・ミニストップ各店舗(店内Loppi)

お問合せ

Bunkamura 03-3477-3244<10:00~19:00>

20170507
20170604

ピックアップ