Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ル・シネマ > 君の名前で僕を呼んで

上映作品情報 | ル・シネマ

君の名前で僕を呼んで

Call Me by Your Name

ページを印刷する

PG12

4/27(金)よりロードショー
★7/1(日)までの上映

©Frenesy, La Cinefacture

胸が張り裂ける感動!(タイムアウト誌) 今年のベストの一本!(ローリングストーン誌)
1983年夏、北イタリアの避暑地を舞台に描く、『日の名残り』の名匠アイヴォリー×俊英グァダニーノ監督の傑作。

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりが近づいたとき……。

監督は、イタリアの俊英ルカ・グァダニーノ。脚色は、映画史に残る名作『日の名残り』のジェームズ・アイヴォリー。終盤でエリオの父が息子に語り掛ける台詞は、89歳の名匠からの珠玉のメッセージ。誰もが涙する本作のハイライトのひとつとなった。

誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い返す。何ひとつ忘れたくないという想いに全米が恋した。

17歳と24歳の青年の、生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた本作。男女を問わず、世代を問わず、たとえ今は忘れてしまっていても、誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出すような傑作だ。昨年11月に全米公開されると大ヒットを記録。オスカー前哨戦の賞レースを席巻し、アカデミー賞 作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門ノミネート。いま世界中の映画ファンの注目を集めている話題作である。

アカデミー賞主演男優賞史上最年少受賞の呼び声高い、ディカプリオ以来の才能、ティモシー・シャラメ。

主人公エリオには本作が初主演のティモシー・シャラメ。相手役オリヴァーには『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。ティモシー・シャラメは弱冠22歳でアカデミー賞主演男優賞にノミネート、受賞すれば史上最年少受賞となり、今やレオナルド・ディカプリオ以来の実力と人気を兼ね備えた才能とセンセーションを巻き起こしている。その表情だけを映し続ける、かつてない3分30秒にも及ぶ超長回しラストショットを見終えたとき、心を揺り動かされないひとはきっといない。

 

  • 番組編成担当が語る作品の見どころ

    本作との出会いは昨年2月のベルリン国際映画祭。ル・シネマで2011年に封切上映した『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ監督の新作であること、名匠ジェームズ・アイヴォリーが脚色を担当していること、どちらもヨーロッパの美しさをこの上なく捉えることに長けていること、主演のふたりがギリシャ神話から抜け出たように美しいこと・・・かねて注目していましたが、完成版は期待を遥かに上回り、琴線がふるえすぎたのか、場内が明るくなっても暫し放心してしまうほど・・・。瑞々しい、という言葉が真っ先に浮かぶ傑作です。

    その後、昨秋のトロント国際映画祭でも監督や主演ふたりが登壇する一般上映に参加し、観客の熱狂ぶりを目の当たりにして本作の普遍性を確信しました。誰もが持っている初恋の思い出や自分の中にあった熱い思いを追体験することができるはずです。

    また、今回主人公を演じた新星ティモシー・シャラメは、ディカプリオ以来の才能ともいわれていますが、この時期の彼をキャスティングできたというのも本作の最大の魅力です。満を持してこれだけの逸材が出てきたその瞬間を目撃してください。

    イタリアの太陽や風の香りがリアルに感じられる官能的な映像と素晴らしい音楽は、ぜひスクリーンで味わっていただきたく、劇場でお待ちしております。
監督
ルカ・グァダニーノ
脚色
ジェームズ・アイヴォリー
挿入曲
「ミステリー・オブ・ラヴ」スフィアン・スティーヴンスほか
キャスト
ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
作品情報
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/132分
受賞
ノミネート
第43回ロサンゼルス映画批評家協会賞 作品賞・監督賞・主演男優賞3部門受賞
第90回アカデミー賞 作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞4部門ノミネート/脚色賞受賞
提供
カルチュア・パブリッシャーズ、ファントム・フィルム
配給
ファントム・フィルム

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

公式サイトはこちら

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2018年6月29日 現在)

平日(毎月1日・毎週火曜は除く)

13:20

16:00

19:00

土日祝

13:20

16:00

19:00

サービスデー(毎月1日・毎週火曜)

13:20

16:00

19:00

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

<字幕版>『君の名前で僕を呼んで』
★7/1(日)までの上映
[6/25(月)~7/1(日)]
連日... 13:20 / 16:00 / 19:00~(終)21:25

概要

一般・\1,800 学生・\1,500 (平日は学生・\1,100) シニア・\1,100(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は\1,100(税込)均一】

※当劇場ではムビチケでのオンライン座席指定は承っておりません。ムビチケご利用のお客様は劇場窓口にて座席指定券とお引換ください。

Bunkamura ル・シネマ

20180427, 20180428, 20180429, 20180430, 20180501, 20180502, 20180503, 20180504, 20180505, 20180506, 20180507, 20180508, 20180509, 20180510, 20180511, 20180512, 20180513, 20180514, 20180515, 20180516, 20180517, 20180518, 20180519, 20180520, 20180521, 20180522, 20180523, 20180524, 20180525, 20180526, 20180527, 20180528, 20180529, 20180530, 20180531, 20180601, 20180602, 20180603, 20180604, 20180605, 20180606, 20180607, 20180608, 20180609, 20180610, 20180611, 20180612, 20180613, 20180614, 20180615, 20180616, 20180617, 20180618, 20180619, 20180620, 20180621, 20180622, 20180623, 20180624, 20180625, 20180626, 20180627, 20180628, 20180629, 20180630, 20180701
20180427
20180701

ピックアップ