Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > Bunkamuraドゥマゴ文学賞

Bunkamuraドゥマゴ文学賞

Bunkamuraドゥマゴ文学賞とは

パリの「ドゥマゴ文学賞」(1933年創設)のもつ先進性と独創性を受け継ぎ、既成の概念にとらわれることなく、常に新しい才能を認め、発掘に寄与したいと1990年に創設されました。

対象作品

前年7月1日から当年7月31日までの13ヶ月間に出版された単行本または雑誌等に発表された日本語の文学作品(小説、評論、戯曲、詩)。

選考方法

受賞作は、毎年「ひとりの選考委員」によって選ばれ、選考委員の任期は1年間です。

第28回〔2018年度〕選考委員
大竹昭子(おおたけあきこ)

選考対象期間:2017年7月1日から2018年7月31日まで

小説、エッセイ、ノンフィクション、写真評論、書評、映画評など、ジャンルを横断して執筆。トークと朗読の会<カタリココ>主催。また東日本大震災以後、<ことばのポトラック>も毎年開催。散歩マニアにして無類の間取り好きである。写真も撮り、座談の名手としても知られる。
小説作品に『随時見学可』、『図鑑少年』、『ソキョートーキョー』があり、他に『彼らが写真を手にした切実さを《日本写真》の50年』、『日和下駄とスニーカー』、写真集『ニューヨーク1980』など多数。近著は、自ら間取り図を描いて物語を創作した短編集『間取りと妄想』(亜紀書房)。

正賞:賞状+スイス・ゼニス社製時計
副賞:100万円(出席ご希望の方はパリ・ドゥマゴ文学賞授賞式にご招待)

Bunkamura ドゥマゴ文学賞へのお問合せ、企画のご提案などは、下記までお願いします。

Bunkamura ドゥマゴ文学賞事務局
住所:〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1