Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録

世界最高峰の劇場、史上初のライブビューイング! パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング2013~2013

パリ・オペラ座が世界へむけて、新たな扉を開く-。 2013 THE CURTAIN REISES  Bunkamuraル・シネマ

2012~13年にかけてパリ・オペラ座で上演される8演目を、そのままの興奮と感動でお届けする、史上初のライブビューイング! 芸術の都・パリから届いた世界最高峰の舞台に触れる至福の時間をあなたへ―

<オペラ5作品、バレエ3作品一挙上映> カルメン ホフマン物語 ファルスタッフ ヘンゼルとグレーテル ジョコンダ ドン・キホーテ マーラー交響曲第3番 ラ・シルフィード

入場料金:3,500円(税込)

(火曜・映画サービスデー、日曜最終回、シニア・TOPカード割引等の各種割引は適用外となります。)

ライブビューイングとは、舞台やコンサートなどの模様を収録したものを映画館のスクリーンで上映する、映画とも観劇とも異なる新しい形のエンターテインメントです。
本作はパリのオペラ座で上演されたばかりのオペラ・バレエの8演目を、ル・シネマで迫力の音響と高画質でご鑑賞いただけます!
まさに映画を観に行くような感覚で、世界最高峰の舞台をお気軽にお楽しみ下さい。

  • ●パリ・オペラ座で上演される最新オペラおよびバレエ公演をスクリーンで上映します。
  • ●フランスの著名なクラシック音楽評論家、"ムッシュ・クラシック"のニックネームで親しまれているアラン・デュオ氏と、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督ブリジット・ルフェーブル氏による解説や、バックステージの取材、歌手のインタビューなども収録。
  • ●5.1chの迫力ある音響とHD高画質の映像でお届けいたします。
  • ●日本語字幕付き。

パリ・オペラ座

シャガールの描いた天井画。ミュージカル『オペラ座の怪人』の冒頭で落下するシャンデリアのインスピレーションの素になった豪華なシャンデリア。正面玄関からホワイエと続くゆるやかにカーブした大階段でも時おりパフォーマンスが行われ、バレエやオペラだけでなく、市川海老蔵の歌舞伎まで上演してしまう――自ら舞台に立ったという太陽王ルイ14世が設立させた王立音楽アカデミーと舞踊学校が前身というパリ・オペラ座バレエ。その長い歴史と伝統にふさわしく、建築家ガルニエが設計したガルニエ宮は、それ自体が芸術と言ってもいい威容を誇っている。古くは劇場下に備えられた人工池の水力を用いて舞台装置を動かすなど、ワクワクするような秘密に満ちて。1989年に落成した新劇場オペラ・バスティーユと共に、常に世界の芸術界をリードする存在。それがパリ・オペラ座だ。

パリ・オペラ座は、より広い観客に作品を観る機会を持って頂けるように、この度パリ・オペラ座の2012-2013シーズンの中から、オペラ5作品、バレエ3作品を映画館を通してライブ上映することにしました。まずはパリ・オペラ座の中心的なレパートリーの二本柱となるビゼーの『カルメン』とオッフェンバックの『ホフマン物語』、そしてヴェルディの祝年にお届けする『ファルスタッフ』、より広くの年代に観て頂くために、おとぎ話のミュージカルオペラ、フンパーディンクの『ヘンゼルとグレーテル』と、グランド・メロドラマオペラの傑作ポンキエッリの『ジョコンダ』です。そしてバレエは、輝かしいヌレエフ版『ドン・キホーテ』、ジョン・ノイマイヤー振付けの『マーラー交響曲第3番』、そしてパリ・オペラ座の最も象徴的なバレエのひとつであるピエール・ラコット版『ラ・シルフィード』です。
どうぞご期待ください。

ニコラ・ジョエル (パリ・オペラ座 総監督)

  • エトワール ドロテ・ジルベール 「ドン・キホーテ」
  • エトワール カール・パケット 「ドン・キホーテ」
  • エトワール オーレリ・デュポン 「ラ・シルフィード」
  • エトワール マチュー・ガニオ 「ラ・シルフィード」
  • ソプラノ アンナ・カテリーナ・アントナッチ 「カルメン」
  • 指揮 フィリップ・ジョルダン 「カルメン」
  • テノール マルセロ・アルヴァレス 「ジョコンダ」
  • ソプラノ ヴィオレッタ・ウルマーナ 「ジョコンダ」