Bunka祭2019

Topics最新トピックス

    一覧を見る

    Line UpBunkamura秋のおすすめ

    オーチャードホール

    N響オーチャード定期
    2019/2020シリーズ
    第106回

    10/13(日)

    ヨーロッパでは、クラシック音楽のシーズンは秋からスタートするのが一般的。夏のバカンスを終えて、秋からまた新しいシリーズが開幕する。1998年から続くNHK交響楽団のオーチャードホール定期演奏会もこの秋で106回を迎える。新たなシーズンの幕開けを飾るのは、古楽の巨匠、コープマンによるオール・モーツァルト・プログラム。激しく情熱的な指揮を見せる鬼才コープマンが、モーツァルト最後の三大交響曲の一つである第40番をどう聴かせてくれるのか。また、彼が厚い信頼を寄せるソプラノ、イツァベル・アリアス・フェルナンデスがモテットやアリアを歌い、開幕を華やかに彩る。

    シアターコクーン

    シアターコクーン・オンレパートリー2019
    DISCOVER WORLD THEATRE vol.7
    オイディプス

    10/7(月)~10/27(日)

    DISCOVER WORLD THEATREシリーズ第7弾の今回は、ギリシャ悲劇の最高傑作「オイディプス王」を翻案し『オイディプス』として上演する。
    翻案と演出を手掛けるのは、今回が日本での初演出作品となる英国演劇界の実力派、マシュー・ダンスター。
    主役のオイディプスには、2020年に13代目市川團十郎白猿の襲名を控え、歌舞伎界で革新的な活躍をみせる市川海老蔵。オイディプスの妻であり母であるという悲劇的な運命を背負う王妃イオカステには元宝塚歌劇団娘役トップスターで、今もなおその確かな実力を多方面で発揮している黒木瞳。オイディプスに嘆願するコロスたちの中心人物である神官を、“俳優”だけでなく“ダンサー”としても高い評価を受け、世界各国でジャンルレスに躍進している森山未來が演じる。
    英国トップクラスの演出家と彼が信頼する精鋭クリエイターたち、<歌舞伎><現代劇><ダンス>ジャンルを超えた贅沢な顔合わせで、前代未聞のクリエーションに挑むまったく新しい『オイディプス』の登場にご注目を。

    ザ・ミュージアム

    建国300年
    ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン
    侯爵家の至宝展

    10/12(土)~12/23(月)

    *10/15(火)、11/12(火)、12/3(火)休館

    世界で唯一、侯爵家の家名が国名となっているリヒテンシュタインは、スイスとオーストリアにはさまれた小国ながら、世界でも屈指の規模を誇る個人コレクションを有している。本展は、侯爵家秘蔵のルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)、クラーナハ(父)を含む北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、ヨーロッパでも有数の貴族の趣向が色濃く反映された、ウィーン窯を中心とする優美な陶磁器、合わせて約130点で、優雅さとくつろぎが調和する貴族の宮廷空間へと誘う。

    ル・シネマ

    レディ・マエストロ

    9/20(金)よりロードショー

    アメリカ、オランダ、ドイツを舞台に、女性指揮者のパイオニアであるアントニア・ブリコの半生を、数々のクラシックの名曲と共にドラマチックに綴る『レディ・マエストロ』。女性が指揮者になるなどあり得ないとされていた時代に、情熱と才能を胸に、自らの道を切り開いていくヒロインの姿が感動を呼ぶ。
    1926年のニューヨーク。音楽指揮者を目指す、オランダ移民の若き女性がいた。「指揮者になりたい」という夢を抱いていた彼女は、ナイトクラブでのピアノ弾きの仕事で稼ぎを得て、音楽学校への入学を果たすも、あるとき母親と衝突し、実の親子ではないことを知る。さらに理不尽な理由から学校を退学に。夢へ向かってもがくアントニアの日々が、御曹司のフランクとの情熱的な恋と別れや、常に彼女を支え続ける、ナイトクラブのロビンとのエピソードとともに映し出される。時代や環境に屈することなく、進み続けるアントニアの姿は、観客への応援歌としても響く。

    Bunkamura B1F&1F

    ドゥ マゴ収穫祭2019

    9/21(土)~9/29(日)

    秋と言えば、栗、かぼちゃ、サンマ、キノコ…美味しいものが目白押しの季節。ドゥ マゴ パリとロビーラウンジでは、この時季だからこそ味わえる旬の食材を使った特別メニューとそれに合ったワインをご用意。また、ドゥ マゴ パリのテラスや館内では、食やキッチン雑貨のワゴンが立ち並び、収穫の秋を賑やかに盛り上げる。期間中、テラスでのミニコンサートも予定しているので、音楽とともに楽しんでみては?

    Eventイベント情報

    ドゥマゴサロン 第19回文学カフェ
    「美味なる文学」

    日程:10/8(火)19:00開始
    会場:Bunkamura内 特設会場(B1F)
    登壇者:島田雅彦氏(作家)、金原ひとみ氏(作家)
    料金:2,500円(税込・全席自由) ※未就学児入場不可

    19回目となる今回は、今年8月に自伝的青春「私」小説『君が異端だった頃』を発表し話題を集める島田雅彦氏と、パリから帰国後の第一作長編小説『アタラクシア』でままならない結婚生活に救いを求めてもがく男女を描いた金原ひとみ氏のお二人が登場。これまでに味わってきた食べ物や、触れてきた文学作品の話から、食がどのようにご自身の創作活動に影響を与えてきたか、また食と文学の関係などお二人に広く語り合っていただきます。

    Bunka祭オープニング
    東京フィルのメンバーによるフルートアンサンブル

    日程:9/21(土)14:00/16:00(各回約20分を予定)
    会場:ドゥ マゴ パリ テラス(B1F)
    出演:斉藤和志、名雪裕伸、下払桐子(東京フィルハーモニー交響楽団 フルートアンサンブル)
    観覧無料 ※ドゥ マゴ パリのテラス席をご利用の際はオーダーをいただいております。

    Bunkamuraのフランチャイズ・オーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団の精鋭メンバーによるミニコンサートを開催。Bunka祭のオープニングを華やかに彩ります。

    ブックショップ ナディッフモダン
    ミロコマチコ ライブペインティング

    日程:10/1(火)14:00/18:00
    会場:ナディッフモダン店頭 ウィンドウ
    観覧無料
    ※イベント終了後、サイン会あり。事前にナディッフモダンにてミロコマチコの著作をご購入いただいた方が対象です。

    ミロコマチコが2年ぶりに発表した新作絵本『ドクルジン』の刊行を記念して、ナディッフモダン店頭でライブペインティングを実施します。
    ナディッフモダン店舗内では、本作の原画展<9/10(火)~10/14(月・祝)>も開催。生き物たちが、山が、海が、動き出す。ミロコマチコが創造する、プリミティブでサイケデリックな神話的新境地、生命力あふれる生命力あふれる原画を、ぜひこの機会にご堪能ください。

    フラワーショップ エルベ・シャトラン
    ナイトフラワーレッスン <カラーウォーターを楽しむ秋のビジュー>

    日程:10/4(金)18:45~20:45 (レッスンスタート 19:30)
    場所:ロビーラウンジ(お食事&レッスン)
    講師:エルベ・シャトランスタッフ
    参加費:9,900円(レッスン費・花材花器代・軽食付/税込)
    定員:7名
    お申込み方法:エルベ・シャトランへお電話または店頭にてお申込みください。

    デザインプロダクトショップ KONCENT
    KISSO 期間限定フェア

    期間:10/12(土)~10/27(日)
    場所:Bunkamura1F エレベーターホール

    「セルロースアセテート」という、コットンを主原料とした天然素材由来の材料「バイオマスプラスチック」を使用したアクセサリーを手掛けるブランドKISSOの期間限定フェアを開催。

    Pick Up奥渋谷 秋のオススメ

    奥渋谷(おくしぶ)とは?

    Bunkamuraの北側のエリア。落ち着いた雰囲気の飲食店や雑貨店などが並び、いま注目を集めています。

    ©Albert Abut Photo: Nacása & Partners Inc.

    ハクジュホール(Hakuju Hall)

    このホールがあるのは、奥渋谷の北側、井の頭通り沿道にある株式会社白寿生科学研究所本社ビルの7階。
    クラシック音楽を主目的とした座席数300の演奏空間は、親密でスタイリッシュな内装や優れた音響効果が、内外の一流音楽家や、多くの音楽ファンに愛されている。
    ビギナーの方には、このホール独自のリクライニングシートを活かしたシリーズ「リクライニング・コンサート」がおすすめ。リラックスできる座席、2,000円の低料金、1時間という短めな公演時間で、一流の演奏を気軽楽しめる。

    北村聡:©植村元喜 徳永真一郎:©Tohru Yuasa

    第149回 リクライニング・コンサート

    10/2(水)15:00/19:30開演
    バンドネオンの北村聡とギターの徳永真一郎、異色の組み合わせの「デュオ・リサイタル」。ピアソラをはじめとするラテン系音楽をお届け。

    ※ハクジュホールホームページへリンクします。Bunkamuraでのチケットのお取扱いはございません。

    メディアパートナー:

    Bunka祭イメージイラスト:伊藤康子