ミロ展―日本を夢みて

ミロ展―日本を夢みて

TOPICS最新トピックス

国内では20年ぶり、待望の大規模ミロ回顧展

ジュアン・ミロ
《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子》
1945年 油彩、キャンバス 福岡市美術館
© Successió Miró / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 E4304
ジュアン・ミロ
《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子》
1945年 油彩、キャンバス 福岡市美術館
© Successió Miró / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 E4304

スペインのバルセロナで生まれた大芸術家、ジュアン・ミロ(1893-1983)。ピカソと並ぶ現代スペインの巨匠として日本でも広くその名は知られていますが、ミロの創作活動の裏側には日本文化への深い造詣があったことは意外なほど知られていません。一方日本では1930年代からミロの作品が紹介され、世界に先駆けて1940年にモノグラフ(単行書)が出版されるなど、日本は早くからその活動に注目をしてきました。そして現在も日本各地の美術館が数々のミロの名品を収蔵しており、今なおミロの人気は衰えません。

本展では、若き日の日本への憧れを象徴する初期作品から代表作、そして日本で初めて展示されたミロ作品を通し、相思相愛であったこの画家と日本の関係に迫ります。さらに本人のアトリエにあった日本の民芸品や批評家の瀧口修造との交流を示す多彩な資料を通してミロと日本の深いつながりを紐解き、ミロというよく知られた画家を約130点の作品と資料で新たな角度からご紹介します。

ミロの見方が変わる!

ミロと日本の深いつながりを紐解く世界初の大規模展!

ここをミロ!
  • その1

    スペイン、ニューヨーク、そして日本各地よりミロ作品が渋谷に集結!

  • その2

    マドリードの傑作《絵画(カタツムリ、女、花、星)》56年ぶりに来日

  • その3

    ミロ自身が愛し所蔵した日本の民芸品等が没後初、まとめて日本に「里帰り」!

日本で最初に展示された
記念すべきミロ作品が再来日

ジュアン・ミロ
《焼けた森の中の人物たちによる構成》
1931年
油彩、キャンバス
ジュアン・ミロ財団、バルセロナ
© Fundació Joan Miró, Barcelona
© Successió Miró / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 E4304
ジュアン・ミロ
《焼けた森の中の人物たちによる構成》
1931年
油彩、キャンバス
ジュアン・ミロ財団、バルセロナ
© Fundació Joan Miró, Barcelona
© Successió Miró / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 E4304

「長い間、日本を夢みていた」
―Joan Miró

王立芸術家協会「日本民芸展」でエウダル・セラ所蔵の大津絵とともに(1950年)
© Hereus de Joaquim Gomis. Fundació Joan Miró, Barcelona 2022

Joan Miróジュアン・ミロ(1893-1983)

1893年、スペインのカタルーニャ地方の都市バルセロナ生まれ。美術学校で学んだミロは、同じカタルーニャの小さな村モンロッチとバルセロナを行き来しながら画家としての人生を歩み始め、幼い頃から中世のフレスコ画やガウディの建築に触れてその大胆な形と色に魅了された。故郷の風土に根ざした生命力溢れる作品を制作する一方で、1920年からはパリに出て詩人アンドレ・ブルトンと親交を結び、シュルレアリスムの運動に参加。大戦中は戦禍を避けて各地を転々としながら制作を続け、画材の入手もままならない状況に置かれたが、1944年に陶芸と彫刻の制作をはじめ、素朴な自然の素材に触れることで活力を得ていく。1956年、マジョルカ島パルマにアトリエを構え、彫刻、陶芸、壁画、版画、詩と多彩な芸術活動を行ったミロは1983年に90歳で没する。

※近年は名を従来のジョアンではなく、現地読みでジュアン・ミロとするようになりました。

協賛:

ネスレ日本
レストランのご案内