Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ル・シネマ > Bunkamura30周年記念 ふたりの女王 メアリーとエリザベス

上映作品情報 | ル・シネマ

Bunkamura30周年記念
ふたりの女王 メアリーとエリザベス

ページを印刷する

3/15(金)よりロードショー

©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

シアーシャ・ローナン×マーゴット・ロビー
メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世
女王という運命がふたりを翻弄する──アカデミー賞ノミネート女優ふたりが演じる、激動の16世紀英国を生きたふたりの女王

生後6日でスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアート。未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し、エリザベスⅠ世が統治している隣国イングランドの王位継承権を主張する。恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。誰よりも理解し合えたはずの孤独な女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀論渦巻く宮廷の中で運命に翻弄されていくのだった……。メアリーを鮮烈に演じるのはシアーシャ・ローナン。エリザベスを繊細に体現するのはマーゴット・ロビー。ふたりの旬な女優の演技合戦により、これまでのメアリー・スチュアートとエリザベスⅠ世の常識を覆す、新たな物語が生まれた。

また、『ダンケルク』(17)で注目を集めたジャック・ロウデンがメアリーの夫ダーンリー卿を、『女王陛下のお気に入り』(19)ほか出演作が立て続けに公開される新生ジョー・アルウィンがエリザベスの寵臣ロバート・ダドリーに扮し、ふたりの女王を魅了する。そして、ガイ・ピアースがウィリアム・セシルを演じ、エリザベスをしっかりと補佐している。

『エリザベス』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』チーム再び集結!アカデミー賞受賞スタッフが作り上げる激しくも華麗な物語

スタッフも最高のメンバーが集結した。メガホンをとったのはイギリス演劇界のトップ女性演出家ジョージー・ルーク。現代的な解釈と演出を大胆に加え、本作で長編映画監督デビューを果たした。脚本はゴールデングローブ賞ほか数々の賞を獲得したTVドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を手掛けたボー・ウィリモン。ヘアメイクはケイト・ブランシェット主演『エリザベス』(99)でアカデミー賞を獲得したジェニー・シャーコア。そして、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(08)でやはりアカデミー賞を受賞したアレクサンドラ・バーンが衣装を担当。『女神の見えざる手』(17)などで知られるマックス・リヒターが音楽を担当し、映画世界を荘厳に彩る。この完璧なスタッフが、16世紀を生きたふたりの女王の激しくも華麗な物語を構築している。

監督
ジョージー・ルーク
キャスト
シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、ジェンマ・チャン、マーティン・コムストン、イスマエル・クルス・コルドバ、ブレンダン・コイル、イアン・ハート、エイドリアン・レスター、ジェームズ・マッカードル、デヴィッド・テナント、ガイ・ピアース
作品情報
2018年/イギリス/124分
配給
ビターズ・エンド、パルコ

公式サイトはこちら

概要

前売り券情報

特別鑑賞券1,500円(税込)[一般料金1,800円(税込)のところ]
劇場窓口にて特別鑑賞券をお買い求めの方に、特製ポストカードをプレゼント!(限定数)
※特別鑑賞券をお持ちの方も窓口にて座席指定券と引換が必要です
※当劇場ではムビチケでのオンライン座席指定は承っておりません。ムビチケご利用のお客様はル・シネマ劇場窓口にて座席指定券とお引換ください。

一般・\1,800 学生・\1,500 (平日は学生・\1,100) シニア・\1,100 小・中・高校生\1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は\1,100(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20190315, 20190316, 20190317, 20190318, 20190319, 20190320, 20190321, 20190322, 20190323, 20190324, 20190325, 20190326, 20190327, 20190328, 20190329, 20190330, 20190331, 20190401, 20190402, 20190403, 20190404, 20190405, 20190406, 20190407, 20190408, 20190409, 20190410, 20190411
20190315
20200118

ピックアップ