かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと

かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと

かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと

【ご来館のお客様へ】

  • 会場の温度は、作品保護のため低く設定しておりますので、体調管理のしやすい服装でのご来館をおすすめします。
  • 展示品には触れないでください。

最新トピックス

    一覧を見る

    日本を代表する絵本作家
    600冊を超える作品にこめた
    子どもたちへのメッセージ

    「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』をはじめ、『どろぼうがっこう』、『おたまじゃくしの101ちゃん』など、楽しさの中に学びや創造、斬新さが秘められ、大人をも夢中にさせる絵本を数多く世に生み出してきた、絵本作家かこさとし(加古里子)は、2018年に92歳でこの世を去るまで600冊を超える作品を残し、その名作の数々は今なお世代を超え読み継がれています。

    本展では、かこが若き日に描いた油彩画や、創作の原点にもなった戦後のボランティア運動の一種である「セツルメント活動」時代の紙芝居、これまで世に出ることがなかった絵本の原画などとともに、初期から晩年までの代表作をはじめ、貴重な作品や資料が一堂に集結。絵本作家としてだけでなく、「かこさとし」という一人の人間が絵本を通して未来に残し、伝えたかった想いを、その生涯と作品世界から紐解きます。

    『だるまちゃんとかみなりちゃん』 1968年
©1968 Kako Research Institute Ltd. 『だるまちゃんとかみなりちゃん』(福音館書店)
    『だるまちゃんとかみなりちゃん』 1968年
    ©1968 Kako Research Institute Ltd. 『だるまちゃんとかみなりちゃん』(福音館書店)

    ここが見どころ

    その1初公開!かこさとしの科学絵本の集大成

    その2大人気シリーズの誕生秘話

    その3創作の原点となった未公開紙芝居作品も多数ご紹介!

    “子どもたちは、ちゃんと自分の目で見て、
    自分の頭で考え、自分の力で判断し行動する賢さを持つようになってほしい。
    その手伝いをするのなら、死にはぐれた意味もあるかも知れない。”

    かこさとし 『未来のだるまちゃんへ』より

    プロフィール

    富士山を望む自宅の庭にて。2016年10月撮影
    富士山を望む自宅の庭にて。2016年10月撮影

    かこさとし(加古里子)1926-2018

    1926年現在の福井県越前市に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。児童文化の研究者でもある。出版を中心に幅広く活躍。作品は『からすのパンやさん』を代表する「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、『うつくしい絵』、「だるまちゃん」シリーズ、『とこちゃんはどこ』、「かこさとしからだの本」シリーズ、『伝承遊び考』など600点余。2008 年菊池寛賞受賞、2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。2018年5月、92歳で逝去。

    かこさとし 略歴

    ザ・ミュージアム公式Instagram
    レストランのご案内