閉じる

ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまでベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

[お客様にお願い]
・会場の温度は、作品保護のため低く設定しておりますので、体調管理のしやすい服装でのご来館をおすすめします。
・展示品には触れないでください。
・館内での写真撮影はご遠慮ください。

TWITTER
Bunkamura公式ツイッター

VISUAL TOUR
関内ビジュアルツアーを公開しました!

アクセスマップ

TOPICS
最新トピックス

一覧を見る

ここがポイント
みどころその① 中世から現代まで、ベルギー美術の500年をたどる!
ベルギー美術500年の旅へ。15・16世紀のフランドル絵画から、19世紀の象徴派、そしてコンテンポラリー・
アートまで、奇想をテーマに約120点の作品をご紹介します。
みどころその② 古今のスター作家が勢揃い!
ボス派やブリューゲル、ルーベンス、クノップフやアンソール、そしてマグリット、デルヴォー、ヤン・ファーブルまで、ベルギーとその周辺地域を代表する総勢30名の作家の作品がずらりと一堂に揃います。
みどころその③ 様々な表現でベルギー美術の魅力を堪能あれ!
絵画や版画のみならず彫刻、音、インスタレーションなど様々な表現で、幻想と耽美、皮肉とユーモアなどベルギー美術の魅力である自由で独創性あふれる世界をお楽しみいただけます。 ここがポイント
みどころその① 中世から現代まで、ベルギー美術の500年をたどる!
ベルギー美術500年の旅へ。15・16世紀のフランドル絵画から、19世紀の象徴派、そしてコンテンポラリー・
アートまで、奇想をテーマに約120点の作品をご紹介します。
みどころその② 古今のスター作家が勢揃い!
ボス派やブリューゲル、ルーベンス、クノップフやアンソール、そしてマグリット、デルヴォー、ヤン・ファーブルまで、ベルギーとその周辺地域を代表する総勢30名の作家の作品がずらりと一堂に揃います。
みどころその③ 様々な表現でベルギー美術の魅力を堪能あれ!
絵画や版画のみならず彫刻、音、インスタレーションなど様々な表現で、幻想と耽美、皮肉とユーモアなどベルギー美術の魅力である自由で独創性あふれる世界をお楽しみいただけます。

500年の美術の旅――古今のスター作家が勢揃い

現在のベルギーとその周辺地域では、中世末期からの写実主義の伝統の上に、空想でしかありえない事物を視覚化した絵画が発展しました。しかし18世紀、自然科学の発達と啓蒙思想がヨーロッパを席巻するなか、不可解なものは解明されてゆき、心の闇に光が当てられるようになります。かつての幻想美術の伝統が引き継がれるのは、産業革命後の19世紀、人間疎外、逃避願望を背景とした象徴主義においてでした。画家たちは夢や無意識の世界にも価値を見出し、今日もこの地域の芸術に強い個性と独自性を与えつづけています。本展では、この地域において幻想的な世界を作り出した一連の流れを、ボス派やブリューゲルなどの15・16世紀のフランドル絵画に始まり、象徴派のクノップフ、アンソール、シュルレアリストのマグリット、デルヴォー、そして現代のヤン・ファーブルまで、総勢30名の作家によるおよそ500年にわたる「奇想」ともいえる系譜を、約120点の国内外の優れたコレクションでたどります。

GUIDE
音声ガイド

音声ガイドナレーター:速水奨はやみしょう

実は、ずっと願っていたんです。
美術館や博物館に行くたびに、音声ガイドがしてみたいと。
今回「ベルギー奇想の系譜」展で叶いました。
心を込めて語ります。どうぞ聞いて下さいね。

速水奨さんのコメントを聴く

「超時空要塞マクロス」マックスをはじめ、「BLEACH」藍染惣右介などアニメーション、洋画を始め数多くの作品に出演し、 現在の声優ブームの立役者の一人として最前線で切り拓いてきた声優の速水奨さんが、本展の音声ガイドのナレーションを担当。皆さまを深淵なる奇想の作品世界に誘います。

料金:520円(税込) / 収録時間:約30分

プロフィール

劇団青年座養成所 劇団四季を経て、1980年ニッポン放送主催「アマチュア声優コンテスト」を受けグランプリ受賞。劇場版アニメーション「1000年女王」で声優デビュー。
アニメーション、洋画、CM、企業ナレーションなど数多くの作品に出演。
ヴォーカルアルバム、朗読のCDをリリースする他、自らが原作・脚本を手がける「S.S.D.S(スーパー・スタイリッシュ・ドクターズストーリー)」でも多数のCD&DVDをリリース、イベントを行う。CDドラマシリーズのプロデュース、シナリオ提供。
朗読のライブやディナーショーなど、アーティストとしても幅広い表現で活動している。

速水奨HP

スライドショーの作品:ピーテル・ブリューゲル(父)[原画]、ピーテル・ファン・デル・ヘイデン[彫版] 《大食》 1558年 エングレーヴィング・紙 神奈川県立近代美術館/ぺーテル・パウル・ルーベンス[原画]、リュカス・フォルステルマン(父)[彫版] 《反逆天使と戦う大天使聖ミカエル》 1621年 エングレーヴィング・紙 ベルギー王立図書館/ジャン・デルヴィル 《レテ河の水を飲むダンテ》 1919年 油彩・キャンヴァス 姫路市立美術館/ジェームズ・アンソール 《オルガンに向かうアンソール》 1933年 油彩・キャンヴァス メナード美術館/フェリシアン・ロップス[原画]、アルベール・ベルトラン[彫版] 《娼婦政治家》 1896年 多色刷銅版画・紙 フェリシアン・ロップス美術館/ルネ・マグリット《大家族》 1963年、油彩・キャンヴァス 宇都宮美術館 ©ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2553/ヤン・ファーブル 《フランダースの戦士(絶望の戦士)》 1996年 昆虫、甲冑、金網、木材 国立国際美術館 ©Jan Fabre-SABAM, Bruxelles & JASPAR, Tokyo, 2017 E2607 撮影:福永一夫/トマス・ルルイ 《生き残るには脳が足らない》 2009年 ブロンズ ロドルフ・ヤンセン画廊 © Studio Thomas Lerooy, Brussels courtesy rodolphe janssen, Brussels /Photo: Philippe D. Hoeilaart