Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국

レオナール・フジタ展 ― ポーラ美術館コレクションを中心に

2013/8/10(土)-10/14(月・祝)

Bunkamuraザ・ミュージアム

レオナール・フジタの略歴

1886年  
11月27日 東京に生まれる。
1905年  19歳
東京美術学校西洋画科に入学。西洋画科主任は黒田清輝。
1910年  24歳
東京美術学校西洋画科卒業。
1912年  26歳
鴇田(ときた)登美子と結婚。
1913年  27歳
父と3年の約束で単身フランス留学。
1914年  28歳
第一次大戦勃発後、日本からの送金が途絶え困窮。
1916年  30歳
留学継続を決意。妻・登美子と離婚する。
1917年  31歳
フェルナンド・バレーと結婚。
1924年  38歳
フェルナンドと別居。リュシー・バトゥー(愛称ユキ)と暮らす。
1925年  39歳
フランス政府からレジオン・ドヌール(シュヴァリエ)勲章受章。
1931年  45歳
ユキと別居。
1933年  47歳
マドレーヌ・ルクーと共に帰国。
1936年  50歳
マドレーヌ急死。12月に堀内君代と結婚。
1937年  51歳
麹町にアトリエを新築。
1939年  53歳
妻・君代とともに三度目の渡仏。
1940年  54歳
陥落寸前のパリを離れ帰国。戦争記録画を描く。
1941年  55歳
帝国芸術院会員となる。
1946年  60歳
美術界の戦争責任論議が始まり、戦犯としてその罪を問われる。渡仏を準備。
1947年  61歳
正式に戦犯容疑が晴れる。
1949年  63歳
ブルックリン美術館付属美術学校教授として招かれ、渡米。
1950年  64歳
フランス入国許可がおりてパリへ向かう。
1955年  69歳
フランス国籍取得。日本国籍を抹消。
1957年  71歳
レジオン・ドヌール勲章(オフィシエ)受章。
1959年  73歳
ランスの大聖堂で妻・君代とともにカトリックの洗礼を受ける。洗礼名「レオナール」。
1961年  75歳
パリ郊外エソンヌ県ヴェリエ=ル=バクルにアトリエ兼住居を構える。
1966年  80歳
ランスのノートル=ダム・ド・ラ・ペ(平和の聖母)礼拝堂(通称シャペル・フジタ)のフレスコ画制作にとりかかり8月完成。
1968年  81歳
スイスのチューリヒ州立病院で1月29日逝去。